のはなしし

  • 397人登録
  • 3.88評価
    • (30)
    • (50)
    • (32)
    • (3)
    • (2)
  • 45レビュー
著者 : 伊集院光
  • 宝島社 (2014年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796682640

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
宮部 みゆき
伊集院 光
佐々木 圭一
朝井 リョウ
いとう せいこう
伊集院 光
有効な右矢印 無効な右矢印

のはなししの感想・レビュー・書評

  • 「る」に苦悩がみえる。

  •  日々『らじおと』や『深夜の馬鹿力』や、録音して少しずつ聞いている『ツタヤに行ってこれ借りよう』に親しんでいるので、生活や人生を伊集院光さんに支えられて過ごしているうだ。特に『らじおと』が始まってからは依存度が上がっているのに、更に読書まで伊集院さん。少しずつ20日くらいかけて読んだのだが、とても楽しい毎日だった。

     最後の奥さんの弟さんの話で泣いてしまった。この楽しいエッセイでまさか泣くとは思っていなかったので驚いた。

  • 図書館で借りて読み。
    伊集院光のラジオが好きなので。
    「のはなし」のいちだったかにだったかに書かれてた、「自由に書いていい紙を部屋に置いとく」「書籍代は基本なんでもだす」みたいな話はなんとなく覚えてて、うちでもなるべくそうしてる。

    で、本作も面白かった。文章の面白さはもちろん、ラジオのパーソナリティーをやってる時と同じようにすごく奥ゆかしい人柄に引き付けられる。
    ・最後のふっかつのじゅもんの話、私だったらきっと、ソフトを買ってきてじゅもんを入力してしまうだろうな。奥さんのプライバシーにすごく考慮してるところもとてもいい。奥さんも素敵な人なんだろうなあ
    ・まんが日本昔話の話を読んで、今やってる「ふるさと再生 日本の昔ばなし」を録画し始めた。
    ・種田山頭火の話はラジオでも時々出てくるなー

  • エッセイ。シリーズ。50音順でまとめられた伊集院光さんのエッセイ。

  • 物事の切り口が素晴らしい。くだらない話、ハッとさせられる話、はたまた感動的な話。どれも日常の些細なことなんやけど、切り口によって見方や考え方が変わるような感じです。ほかの「のはなし」も読んでみたいな。

  • 愛してやまない伊集院光氏のエッセイ集。ラジオも録音で欠かさず聞くくらい、大好き。書物をよんで、改めて感じるのは、話芸のすばらしさ。活字になあると迫力がなくなると同時に、後世まで残るからという恐怖か、かなりお上品な内容になる。

  • TU-KAで配信されたメールマガジンの中から、「ああああ」の話から「んかきそこねもの巻」の話まで全91話を50音順に収録。笑える話、ちょっと泣ける話、「あーわかる!」って話など、バラエティ豊かなエッセイを満載。

    書き下ろしも多数。

    奥さんの弟さんの話は少しほろっと来る。

  • なんだか昭和を感じる
    ほんわか切ない風と言うか
    楽しいんだけどね、しょんぼりする

  • この前が自分にとって読みにくい文章を読んでいたので、サラサラと読めた。
    以前はゲームや野球の話が多すぎた印象だったが、今回は楽しく読めた。

  • 伊集院の筆と一緒に自分の記憶の蓋もパカパカ開く。良い具合のペースで刊行されるので、ネガティブに自分を振り返る頻度としては悪くない。
    「ん」のエピソードなんか、小賢しい作家なら小躍りしながら一本の感動大作をやっつけるほどの素材。
    新進気鋭のミュージシャンが誰なのかは普通に気になる。

  •  どっかの書評で、「今一番面白いエッセイ」とか書かれたので、買ってみた一冊。
     確かに面白いです。でも、それで終わっちゃうかなっていうのはちょっと辛口すぎるかな。

  • 「孤独」の話と、「死ぬ」の話と、「戦争 」の話と、「種田山頭火」の話と、「ぷぷぷ」の話と、「んかきそこねもの巻」の話が好きだ。

  • ”のはなし”シリーズは全て読んでいます。
    黒の伊集院光氏といえるラジオ番組も初回から聞いています。
    昔から共感する部分があり、生や死に対する記載もとても共感できました。
    最後の奥様の弟さんに関するものは初めて聞きました。(たぶんラジオでも詳細は語っていなかったと思います)
    死んだ人に対する、何とも言えない虚無感は言葉に表しにくいものです。

  • 面白かった~
    相変わらずさくっと読めます。

    なんか、懐かしい話しが多かった

    読んでて笑えることがあり
    いつも最後になるといい話が
    「んかきそこねもの巻」の話
    は良かった~

  • ラジオで聴く方が好きだな~

  •  安定の作品。軽い読み物として重宝する。 伊集院のすきなものって、結構自分とダブル。年も同じだし。ただ、ネガティブさは伊集院のほうが上か? あと、こういった本って読み終わった後、何も残らない。それもいい。

  • のはなしももう4作目。
    しんみりする話や,思わず絶句してしまう話など,今回は気が落ちる話が多いですね
    相変わらず伊集院さんの着眼点や表現センスは素晴らしく,読んでいてぐいぐいと引き込まれていきます。過去の作品もまた読み返していきたいですね。

  • 少しずつ読んだ。そうした方がよい本。

  • いち、に、さんがかなりおもしろかったし、それらに比べても伊集院がかなり一生懸命宣伝してたし、評価も高かった?みたいだし、期待も大きかったが、ハードルを上げ過ぎだったかも。いち、に、さんを読んだのがだいぶ前だが、前の方がもっと笑った気がする。
    決して悪いわけじゃない、十分おもしろい。

  • おじさんは「いいことがあったらエビフライ、嫌なことがあってもエビフライ食ってりゃあなんとかなる」とも言っていた。
    けれど、なんとか乗り越えた。

  • 物凄く面白かった。最後の最後辺りで心臓がとても痛くなった。

全45件中 1 - 25件を表示

のはなししを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

のはなししを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

のはなししの作品紹介

「ああああ」の話から「んかきそこねもの巻」の話まで全91話。笑える話はもちろん、ちょっと泣ける話、あーわかる、わかる!って話など、どこから読んでも全然飽きない、バラエティ豊かなエッセイ集。

ツイートする