ヤクザ1000人に会いました!

  • 115人登録
  • 3.13評価
    • (5)
    • (6)
    • (17)
    • (9)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 鈴木智彦
  • 宝島社 (2011年4月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796682671

ヤクザ1000人に会いました!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 統計や調査をやる身として凄く楽しめた。
    あとは生体について、淡々と物騒な話題が出てくるのが新鮮。

  • ヤクザアンケート!

  • 大勢と会うことによる、情報のリアルさってのはあるんだろうけど、統計的にまとめたところもそう多いわけじゃなく、更に言えば、アンケートの有効回答数の少なさが、タイトルの数字の水増し感を醸し出していますね。(^^;
    内容は、ヤクザの内情もの。
    作者は、他の媒体の文章より自分の方が事実に近いと言っているけど、こればっかりは言ったものがちなところがあるのでなんともはや。
    ま、質問内容に興味が持てれば楽しかろうと思います。

  • 北九州のヤクザ vs 警察の攻防が昨年話題になったが、ヤクザの実態とは? について、600人強のヤクザに対して無記名アンケートを実施した結果を書籍化。なかなか面白い!

  • ヤクザに興味がなければつまらない本かもしれないが、前半はなかなか楽しめた。後半はだれ、ネタ不足なのか前半の勢いが無い。
    ・自殺に見せ掛けようとして、遺書なんて書くから足がつく、絞殺か溺れさせ、首をつらせるか、水の中に入れる。
    ・看守の携帯を使い、1000万恐喝。最初は人情に訴え小さな頼みごとをして、お礼を渡す。その後それをネタに恐喝。
    ・刑務所がヤクザの大学と呼ばれるのは、ヤクザが塀の中でいろいろ勉強するからだ。官本が漫画ばかりなら、馬鹿のままなのに。

  • 「おとなしくしねぇと、ドラえもん彫るぞ!」と若い衆を脅して、自らの趣味である刺青の実験台にする組長の実話には笑い転げた。この若い衆は辛抱強く堪えたため、ドラえもんを彫られることはなかったが、後日に別の若い衆が毒牙にかかり、ケムンパスとあくびちゃんを彫られてしまい、男泣きに泣いたそうである。わはははははははは!。表題の如く1000人に会ってみないと、こういう話は書けないでしょうな。というわけで、ヤクザもん好きな向きには1143円+税は高くはないかもしれません(笑)。

  • 市井のヤクザな人々の生活白書。血液型から出身大学、ヤクザになったきっかけ、内縁の妻の数、など、イキイキと語られている。

  • 自分の知らない世界というのは、自分が体験や経験できないならば、そういう本を読むしかわからない。この本の情報量は素直にすごいと思った。ヤクザの論理とか行動ってどういうところから来るのかよくわかった。
    ちなみに第2章から第6章に向けてヤクザの私生活になってるので、最初第6章から第2章へ読んでいくと、内側から理解できる。

  • 正確には621人分のアンケートと、個別インタビューを含んで書かれた本。

    ブログはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4084753.html

    いろいろな世界があるんだということを改めて知ることができる読み物でした。

  • ヤクザの生活、ビジネス、しきたりなど、なんでも分かる情報量が凄い。時間潰しか、将来ヤクザを目指してる人が読めば良いかも。

全16件中 1 - 10件を表示

鈴木智彦の作品

ヤクザ1000人に会いました!はこんな本です

ヤクザ1000人に会いました!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヤクザ1000人に会いました!を本棚に「積読」で登録しているひと

ヤクザ1000人に会いました!の文庫

ツイートする