蜜蜂のデザート (宝島社文庫)

  • 250人登録
  • 3.33評価
    • (7)
    • (29)
    • (38)
    • (9)
    • (3)
  • 33レビュー
著者 : 拓未司
  • 宝島社 (2011年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796684811

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

蜜蜂のデザート (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「このミステリーがすごい!」大賞受賞作家の2作目。
    神戸でフレンチの店「ビストロ・コウタ」を経営するオーナーシェフ柴山幸太が主人公。

    助手はいるものの、料理は全部一人で作っているのですが、デザートがやや弱いのではと悩んでいる。
    お客さんがデザートをほめてくれたことがないのだ。
    研究のためにパティシエの意見を聞こうとあたりをつけ、妻の綾香と一緒に評判の高い店に食べに行ったり。

    ところが自分の店の客に食中毒が出て、ビストロ・コウタは閉鎖されてしまう。
    一体何が悪かったというのか?
    ほかにも食中毒が出た店があったと知り、中には閉店したところも。
    何か共通項があるのではと、いきさつを探り始める幸太。
    店を転々としたパティシエがいたのだが‥、まさか?!

    2歳のわが子・陽太にアレルギーが出てしまい、お菓子に使う基本的なものがもう食べさせられないという事態に。
    そこで、工夫したスイーツには愛情がこもっていて、おいしそう~!

    スイーツのコンテストをめぐっても話が展開。
    次々に出てくるスイーツがとてもおいしそうで、実感がこもり、それにつられて読み進む感じ。
    そのせいで、日常の謎的な雰囲気だけど、実は事件もしっかりあり、謎解きを楽しめます。
    作者も調理師免許を持ち、飲食店勤務の経験があるそうで、いかにもそれが生きています。

  • 殺人がいっこしかおきてないのに、あの解決はない。オチも、犯人はまぁいいとしても動機が適当すぎる。禁断のパンダが意外に面白かったから期待もあったんだけど…残念。

  • 490

    2017年では124冊目

  • 食べ物が物語の重要なアイテムとして登場する物語が好きだ。
    読んでいると同じものが食べたくなる。
    どんな味なんだろうと想像しながら読むのも楽しい。
    臆病なくせに自意識過剰で傲慢な男。
    そのくせパティシエとしての腕だけは一流の男。
    それが食中毒騒動が起きる前までの坂本だ。
    でも、人は変わることが出来る。
    すべてを失った坂本はどん底で大切なことに気づき、自らを変えることが出来た。
    食に携わる人間にとって決してしてはならないこと。
    その禁忌ともいえる行動をしてしまった犯人には怒りしか感じない。
    どんなに強い想いがあったとしても、自分の行為がその想いすら貶めていることに気づかないなんて…。
    理由がなんであれ、招いた結果は取り返しがつかない。
    一人の女性の幸せを壊し、たとえそれが欲にまみれたものだったとしても…命まで失う原因を作ったのは紛れもなく犯人なのだから。
    絶対に見て見ぬふりをしてはいけなかったのだ、と思う。
    明るい未来がみえる結末で本当によかった。
    甘さの中にいろいろと複雑な味、酸味や苦味や塩辛さが絶妙に込められている極上のスイーツ物語だった。

  • ミステリーではあるが、食に対する幸太の意識がプロである。食中毒は誰が何の為に起こしたのか?その動機には疑問も感じるが話としては面白い。

  • 前作『禁断のパンダ』より、こっちの方が面白かった!グロさは『禁断のパンダ』やけど。
    今回の犯人…予想外れた…悔しい!!

  • 前作と同じくグロいと思ってしまった。。。
    うげぇってなりつつも、ちょー美味しそう!!も入っててなんか胃がぐちゃぐちゃ(苦笑)。
    でも続きも見たいなぁ。
    書かないかなぁ??

  • 蜜蜂は 甘いけど、刺す時には毒がある。
    そんなメタファーで、
    ミステリーを展開する。

    デザートミステリーというふれこみ
    ふさわしい構成力。
    たしかに 美味しそうな表現力が 可能だ。
    そして、タマゴアレルギーとケーキ
    という テーマも うまい具合に処理している。

    パティシエ 坂本は才能あふれるが対人関係がうまくない。
    タケちゃんも 同様である。というか、坂本より
    コミュニケーションが うまくいかない。
    それで、間違った方向に 向かう。
    でも、千夏が やはり、かわいそうだね。

    コウタが、料理に対して賢明に努力する姿が
    うまく救い上げている。
    食は 信頼関係がなければ成り立たない。
    悪意が 存在すれば、簡単に 変質する。
    涼子ちゃんが 微笑ましい。
    善人なのだが 悪意 もなく 悪をなす。
    ニンゲンは 複雑な存在で その複雑さが よく見える。

    黄色ブドウ球菌。
    これを 題材にして 仕組んでいるが、
    それまで なんだよね。

  • パンダから続けて読了。
    雪乃さんが辞めて、ホールスタッフは涼子さんに!
    雪乃さんも良かったけど、こちらも良いキャラ。
    はーあー。それにしても美味しそうなデザートの数々。
    合間に食物アレルギーや食中毒事件や殺人事件など、シビアなことも挟みつつ、それでも輝くデザートの描写ったらなかったです。
    幸太さんも料理人としても親としても、成長してるなぁと。

    続きはないのかな~とぐぐってみたら、この後は今のところ出てないのですね。残念。
    久々に途中で読み止めた時に続き続き!と気になる作品でした。

  • 久しぶりにいっきに読めた本でした。
    前作もそうでしたが、フランス料理食べてみたくなりますね。今回はデザートだったけど美味しそうでした。
    展開も二転三転して面白かったです。

全33件中 1 - 10件を表示

蜜蜂のデザート (宝島社文庫)に関連する談話室の質問

蜜蜂のデザート (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蜜蜂のデザート (宝島社文庫)の単行本

ツイートする