おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)

  • 3212人登録
  • 3.64評価
    • (196)
    • (460)
    • (447)
    • (74)
    • (9)
  • 383レビュー
著者 : 中山七里
  • 宝島社 (2011年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796685825

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
三浦 しをん
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • さらさらと読めた。凄く可もなく、不可もなくと言ったところか。
    これがシリーズものとは知らなかったので岬先生が一瞬怪しく感じたこともあったけど(笑)
    好みの問題と思われるが作中の音楽の表現が少し長すぎると感じることがあった。

  •  前回のドビュッシーはピアノ独奏だったけど、今回はオーケストラ。音楽って苦しい。そして、孤独だ。けれど、この上なく美しくて、一つになる快感を与えてくれるものだ。

     登場人物がありえないほど理路整然と会話をするところとか、岬先生がほんのちょっとのヒントで事件の真相にたどり着いちゃうところとか、相変わらずありえんだろー!!と突っ込みを入れてしまうところは置いといて・・・
     
     演奏会での曲目「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番」 私、この曲を実際に聴きながら演奏のシーンを読んでみた。まさに実際にオケを聴いているようで、鳥肌がぶわって、立った。

  • 読み終わってから知った。単行本で一度読んでた。どうりで既視感が。
    そのときはたいして評価していなかったようだ、私ったら。
    音楽も間接的に楽しめるし、フーダニット、ハウダニットも味わえる。このシリーズ読み進める価値あり!!とまあ、勝手に太鼓判。
    二度読み、図らずもしてしまった自分への言い訳。

  •  音大でストラディバリウスが盗まれた! ベースはミステリーだが、進路に悩む音大生の苦悩や、恍惚とする至高の演奏時の心情を描いていく。
     舞台設定は面白いし、音楽についてよく調べてあるなとは思うが、ここぞという見せ場の演奏のシーンで、「弦楽器奏者はこういう言い方しない!」「調弦はG線ではなくA線から!」と違和感が多発。重箱の隅をつつきたくはないが、物語に入り込みたいところでリアリティに欠け、ふと現実に引き戻されてしまう。
     惜しい!

  • いやー、心打たれました。音楽シーンに。さよならドビュッシーと一緒で、やっぱりミステリー部分は軽いなーと思わざるを得ず、音楽青春スポ根としておもしろい。出てくる曲を聴きながら読むと、その表現力に吸い込まれ感動が増幅する。後書きのピアニストの方も言ってるけどCDつきにすればよいのに。

  • 犯人うんぬんよりも他に焦点を置いて進むのが特徴的。人の心情や音楽に生きる人たちの想いに重点をおいていますが、ちゃんと犯人に近づいていくから不思議。

    「このミス大賞」は基本的に信用していない(はずれも多い)んですが、この人の作品は面白いと思います。好きです。言葉が豊かであふれるように流れていくイメージで、さわやかに終わらせるプロです。作者は男性なのかな?女性なのかな?新作出版のたびに楽しみにしています。

  • 「さよならドビュッシー」に続いての中山七里作品。
    岬洋介が探偵役の第2弾、今回は音大が舞台のミステリー。
    推理小説というより、青春音楽小説といっては、作者に失礼か。
    相変わらずの演奏時の、臨場感溢れる、豊饒な言葉の連続に、あたかもコンサート会場に居るかのような錯覚を、起こさせてくれる。
    未聴のラフマニノフを、聞いてみたくさせる。
    CDショップへ行こう(笑)

  • ミステリーとしては1冊目ほどの驚きはない。ですが、音楽関連の描写はさらに磨きがかかっている印象です。クライマックスとも言えるオーケストラ演奏は、当然ながら演奏が聞こえてくるわけではないけど、その疾走感はまるで本当に演奏を聴いているかのような錯覚すら覚えます。
    クラシックに興味がある人にも、ない人にも読んでほしい1冊です。

  • 最後の最後にいつもびっくりさせられる。
    音楽の描写がすごい。

  • 前作も面白かったけど、今作も変わらず面白い。
    前作同様、純粋な「推理小説」として見た場合ちょっと弱いのだけど、著者の筆力がそんな弱点は些細なことのように思わせてくれる。
    それほど起伏のあるストーリーではないのに、ぐいぐい引き込まれて。

    「音楽を読む」という新たな喜びを教えてくれる本。

全383件中 1 - 10件を表示

おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)に関連する談話室の質問

おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)を本棚に登録しているひと

おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)の作品紹介

第一ヴァイオリンの主席奏者である音大生の晶は初音とともに秋の演奏会を控え、プロへの切符をつかむために練習に励んでいた。しかし完全密室で保管される、時価2億円のチェロ、ストラディバリウスが盗まれた。彼らの身にも不可解な事件が次々と起こり…。ラフマニノフの名曲とともに明かされる驚愕の真実!美しい音楽描写と緻密なトリックが奇跡的に融合した人気の音楽ミステリー。

おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)の単行本

ツイートする