夕焼けポスト~心がラクになるたったひとつの方法

  • 25人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 宝島社 (2011年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796685962

夕焼けポスト~心がラクになるたったひとつの方法の感想・レビュー・書評

  • 男はTV局のディレクターで、家庭を顧みず仕事一筋だった。


    大きな出来事で、妻と10歳の娘を失ってしまった男。子供を亡くした母親向けに書かれた、タゴールの「チャンパの花」という一冊の本に出会う。読んで泣いた。数日後、テレビ局を辞めた。離別から15年。彼は夕焼けポストの管理人になり、他人の悩みを受け入れ、返事を書き続けた。さらに15年が経過。地震と津波と原子力発電所の事故の手紙が届いた。神様はいるのか?神様は、時、なのか?最後に自分の娘と同じ境遇の女の子から手紙を受け取った。。。

  • 仏教の寓話とでも言えばいいのだろうか。
    どうしてこの本を購入したのかよく覚えていない。

  • 読んだあと心がほっこりする作品でした。文章も読みやすくすらすら読めます。
    たまたま最近読んだヘッセの「ブッダ」と同じ仏教の思想に基づいた時の流れと生死の概念が分かりやすく解説されていた。
    とても面白かった。

  • 夕焼けポストに投函された悩みの手紙に男が応えるという形式で話が進むファンタジー?。Amazonでの評価は結構高いんですけど、俺の心には奇蹟は起きませんでした。

  • 筆名が戻りましたね。
    人の悩みを聞き、それに答えながら自分はもっと大きな悩みを抱える主人公に、ドリアンさんを重ね、相談される者は大きな責任を抱え込んでしまうものなのかと心が痛くなりました。
    ところで、この副題はちょっと要らないかなと思いました。
    最近はやりの安っぽいハウツー本みたいになってるような…
    いいお話なので、純粋に心温まるファンタジーであって欲しかったです。

全5件中 1 - 5件を表示

夕焼けポスト~心がラクになるたったひとつの方法を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夕焼けポスト~心がラクになるたったひとつの方法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夕焼けポスト~心がラクになるたったひとつの方法を本棚に「積読」で登録しているひと

夕焼けポスト~心がラクになるたったひとつの方法はこんな本です

ツイートする