ティム・ガンのゴールデンルール

  • 93人登録
  • 3.39評価
    • (3)
    • (10)
    • (11)
    • (3)
    • (1)
  • 13レビュー
  • 宝島社 (2012年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796687720

ティム・ガンのゴールデンルールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ティム・ガンのファッションチェック」が面白いらしい、と聞いた時に図書館へ予約をいれた本でした。
    なので、書かれてる内容は、ファッションのことだと思っていたのですが、予想しない素敵な本でした。

    誠実に生きていくことを励まし応援してくれるような、マナー本である部分が8割。
    ティム・ガンの人柄を形作っている経験を紹介した部分が2割。

    一見、非常に保守的に見えるティム・ガンが、挑戦を続ける勇気ある人だとわかります。
    そして、礼儀を大切に生きるよう励まされます。

  • 以前読んだティム・ガン氏の本よりも好みだった。
    エッセイのような指南書のような内容で、様々なエピソードも
    興味深い。

    すでに権力を持っている先生が生徒を怒鳴りつけて権力を手に入れる必要は無い
    というのはわかりやすかった。
    また、権力を乱用する人がいる一方で権力を主張したがらない、
    例えば友達親子のようなケースもあるというのも頷ける。
    それはそれで、乱用するのと同じく害悪である。

    ファッションはお互いのためのドレスアップであり、
    街を美しくするという考え方は新鮮だった。
    きちんとした恰好をすることは社会貢献になるわけだ。

    クロックスとアグの件はちょっと笑ってしまった。
    自分もクロックスは履きやすいのだろうとは思うが
    全くおしゃれだと思えないでいる。

    トニーカーチスの女装のエピソードも良かった。
    何をするのであっても全力を尽くすというのは本当に尊敬できる姿勢である。

    家に招かれたゲストはできるだけホストに頼らず自立し
    自分で食べ物を買うかホストディナーに連れ出すというのは非常にスマートだ。
    自分も見習いたいと思う。

    日本食の件は色々と疑問に思うところがあった。
    私もさばいた魚に酒を飲ませるのは下品なパフォーマンスだと思っているが
    一般的な日本食とは違う気がするし
    韓国と日本片方の国に先に行ったと知れたらうまくないから
    ソウルと金沢に一度に行けないという件も、
    それを気にするのは韓国だけだろうと思った。

    人にアドバイスする前に、
    言おうとしている事は本当に相手の役に立つのだろうかと
    いつも自分に問いかける。
    これは本当に大切なことだと思う。
    単なる自己満足や嫌味にならないよう、いつも問いかけるべきだと思った。

  • ティムの個人的なエピソードが中心なので自己啓発・ハウツー本的な用途の人には物足りないでしょうが、プロジェクトランウェイファン・ティムファンには興味深い一冊では。デザイナーや審査員たちに関するネタもあり。

  • ファッションの本というより、人生観の本だった。個人的には、マーサ・スチュアートのことに興味があるのでおもしろかった。

  • アメリカのファションコンサルタント、ティム・ガンの自伝本

    ティム・ガン自身の人生観が独特の視点から書かれていて大変面白かった。

    人生における本当に大切なエチケットの話がGOOD

    この本を読む前は、彼のテレビでの振る舞いから、もっと独善的で一方的な「マイルールブック」なのかと思ってたけど全然違った

    ファションはTPOの合わせて着るもの。

    そしてファショナブルとはそのTPOと着る人の個性が表現されるから美しいんだろうなと読んで思いました

    ファションに興味のある人、これからクリェーションの現場に入って行くすべての人にオススメです

  • 和図書 159/G94
    資料ID 2012100677

  • 人生のTipsがウィットにとんだ言葉で紹介されていて素敵だと思った。また、それに伴うファッション業界の小話が秀逸。アナウィンターのエレベーター事件等笑いが絶えなかった。

  • ティム・ガンによる「エチケットブック」。
    経験談を交え、いろいろな場面での対処の仕方が書かれています。
    今まで読んで「いいな」と思ったマナー関係の本にあった内容が全て詰まっているので、対人関係のエチケット・マナーを学びたい方にオススメ。
    あくまでティム目線ですが、考え方がキチンとしているので素直に受け止めたい。
    ただ日本料理について書かれた部分は・・・ティムの記憶から削除して欲しいですね(笑)日本人でもあんな料理、そうはめぐりあえないような・・・

  • 「プロジェクト・ランウェイ」を見て、大ファンになったティム・ガンさん。
    ティムさんが、今まで大切にしてきたことを分かりやすく教えてくれます。
    何となく、顔がイーストウッドに似てる…。
    たまに、貴族に見えるときがある…。

  • プロジェクト・ランウェイの裏話目当てに。テレビ局の予定通りならあの番組にはお針子さんがいるはずだった、とかびっくり!

    お父さんがフーバーFBI長官の部下で長官のゲイ疑惑について触れているところが大変興味深かったです。この件についてはイーストウッド監督が映画にするらしいので映画見た後にもう一度この本を読み返してみようかなと思います。

全13件中 1 - 10件を表示

ティム・ガンのゴールデンルールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ティム・ガンのゴールデンルールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ティム・ガンのゴールデンルールを本棚に「積読」で登録しているひと

ティム・ガンのゴールデンルールはこんな本です

ツイートする