【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 2633人登録
  • 3.00評価
    • (71)
    • (231)
    • (528)
    • (252)
    • (62)
  • 464レビュー
著者 : 乾緑郎
  • 宝島社 (2012年1月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796687874

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
湊 かなえ
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 少女漫画家の和淳美は、昏睡状態の人間と対話できる「SCインターフェース」を通じて意識不明の弟と対話を続けるが、意識下での自殺を繰り返して淳美を拒絶する彼に傷ついている。

    力作の首長竜のイラストを粗暴な祖父に破り捨てられた記憶。幼い弟が溺れそうになった海の記憶。徐々に曖昧になる現実と思い出の境目。

    比較的早い段階で推測できる仕掛けですが、暗いのは変わらず・・・

    「アザーズ」と「パプリカ」を融合させたような・・・。
    映画だとふたりは恋人同士という設定のようですがどんな仕上がりになっているのかな。

  • このミス大賞&映画化作品。
    映画化…難しかっただろうなぁ。これをどう表現したのか見てみたい気もする。

    センシングと呼ばれる特殊な機械を使って、自殺未遂を起こして昏睡状態となった弟の脳の中へ入り込み対話をしていくという、SFミステリ。

    現実と意識の中の世界が交錯し、そのどちらにいるのか分からなくなるような、ふわふわとした雰囲気が魅力。

    途中で展開が見えてしまったのと、結末は悲しい。

  • タイトルになんだか引っかかるものを感じると思ったら
    「バナナフィッシュにうってつけの日」を引き合いに出した話でした。
    なるほど。まあ、ちょっと寂しい解釈だけどなー。

    本筋はSF心理ものなんですけど、
    情景描写として奄美諸島の貧しい島の様子なんかが恐ろしく緻密に描かれていて、
    ちゃんとした重みと湿度のあるお話でした。

    ただ、身内に同様の状況がある身としては、
    昏睡患者と物理インターフェースを介して
    意思の疎通ができるという設定は、
    夢はあるものの現実味を感じにくかったな。

    自分の感覚としては人間の意識なんて物理現象にすぎないと思うので、
    魂みたいな話になるとうーんとなってしまう。

    それでもエンターテイメントとして全然楽しめます。

    現実が神の見ている夢ならば、
    僕たちはみんなフィロソフィカル・ゾンビだろう。

  • 発想は素晴らしいが、意識障害者とのコミュニケーションの部分の引用や比喩がオタクすぎる。
    弟も死んでいて、主人公も実世界にいない。じゃあ、だれがこの患者の運営管理をしているんだい??

  • これは、まったく肌に合わない話だったな。
    胡蝶の夢だかなんだか知らないけど、自分的にはフェアじゃないと思うけどな。

    読み進めている間、実はそれが夢の中の話だったり・・・。半分を過ぎたあたりで、けっこう苦痛だったけどなぁ。よっぽど投げ出そうかと思った。読んでいても、それが現実の話なのか夢の中の話なのか解らないんじゃ、自分の読解力では落ち着いて物語に入り込めない。
    もっとも、最終的には、全部が夢の中の話でした!ってオチなんだけど・・・。
    こんなの、自分の感覚だと反則ギリギリ、と言うか、反則なんだよな。

    文章もリズム感が無いというか・・・。
    現実か夢の話か解らない内容を、リズム感の無い文章で読むのは苦痛だった。

    そもそも「SCインターフェース」って何だよ?(笑)
    中途半端にSF的な要素を入れるもんだから、よけいにつまらなく感じた。SF的要素をいれるなら、もっと丁寧に説明しないと・・・。

    ☆1個

    背表紙~

    第9回「このミス」大賞受賞作品。植物状態になった患者とコミュニケートできる医療器具「SCインターフェース」が開発された。少女漫画家の淳美は、自殺未遂により意識不明の弟の浩市と対話を続ける。「なぜ自殺を図ったのか」という淳美の問いに、浩市は答えることなく月日は過ぎていた。弟の記憶を探るうち、淳美の周囲で不可思議な出来事が起こり━。衝撃の結末と静謐な余韻が胸を打つ。

    う~ん、この背表紙の説明、正確じゃないよな。
    まぁ、この作者、もう読むことはないだろうから、どうでもいいけど・・・。

  • いわゆる推理物というよりは、確かに物語は謎めいているんだけど、ホラーとかサスペンスみたいな雰囲気。そんなに人が死にまくったりするわけでも無いのにね。
    面白かった…ちょっとわくわくしちゃうような不思議さが、そのまんま薄気味悪さにすり替わっていって、なあんだと思わせてからの、この読後感!!
    「夢からから醒めてもまた夢」「胡蝶の夢」といったテーマから、なによりもそのクラクラする舞台の見事さから映画インセプションを連想したけど、あれから単純娯楽をぬいて、空虚なホラーのようなうすら怖さを漂わせたような…、いやあもう、本当に、「このミステリーがすごい! 満場一致!」って感じだわ。珍しくまるでエッセイしていない、読書感想文していない解説(まさに解説)の通りだわ。素直に浸って楽しめた。

    いやーーすごいものをよんだーー。
    ラストシーンはどう説明すると説明つくのかなぁ、つかないものかもしれないけれど、偽物のサイン掴まされた人がどうなるか予想ついて仕込んでたとか…いや無理があるかな。

  • 漫画家の淳美は、「SCインターフェース」を使用し、自殺未遂を起こした弟と対話を続けている。そんな淳美の周囲で不可思議な出来事が起こりはじめ、真相が徐々に明かされていくという物語。「胡蝶の夢」の話が出たあたりで、物語の展開やオチまで予想がついてしまいましたし、今までにもこんな話あったよなーみたいな感じでした。映画のインセプションより前に作られていたようですが、結局のところ「胡蝶の夢」にストーリーを付けただけのような内容。それほど面白いとは思いませんでした。

  • こういうサイコサスペンスみたいな...と言うか
    「夢とうつつを行ったり来たり」的な本は
    実はあまり得意ではない(^ ^;
    私自身がそんなに安定してる人でもないので、
    読んでてもの凄く不安になってくる(^ ^;

    そういう意味では、良くできているのでしょう(^ ^;
    このミス大賞の審査員が全員一致で推したと言うし。

    かなり複雑な構成ではあるが、
    モチーフが何度も提示されているうちに
    「あ、これはもしや」と読者が気づくようになってる。
    そして「その通り」の結末が来るのだが、
    これは「ネタバレ」ではなく「誘導」であろう。

    そして、きちんと「正しい結末」に誘導された、
    その後でまだ人を不安にさせるという
    何ともいけずな作者やわ〜(^ ^;

    内容はよくできているのですが、
    個人的に苦手なジャンルなので★三つで(^ ^;

  • 冒頭、和やかな幼少期の回想の中にチラッと「青酸カリ」という誰もが知る猛毒の名前を出すことがうまい。
    これからどんなミステリーになるかもわからないが、今後のトリックに関連があるかもしれないからこの回想シーンを記憶にとどめておこうと思わされる。
    中盤までは特に大きな波もなく、少し退屈なくらいで話が展開していくが、その間にも島での記憶が何度も描写され、読者へ強い印象を与えるように構成されていく。
    島と浩市と淳美に何があったのか、知りたい気持ちがどんどんどんどん強くなってきたときに、一気に話が展開し、がばっと頭の中をひっくり返されてしまった。
    伏線の張り方もよかった。
    主人公を掘り下げるために、こんな遠回りをする作家が他にいるだろうか。良くも悪くも。
    ミステリーというよりSFの色が強い作品。
    哲学的なテーマを根底に据えており、深く考えさせられる作品。

  • 第9回「このミス」大賞受賞作品。

    休みの日にゆっくり1日で読めてよかった。通勤バスの中で読むには適していない作品です。

    現実と夢の世界、過去と現在を、南の島の遠い記憶、蒼い海、首長竜がますますあいまいにしていきます。

    段々と明かされていく現実、と思ったことも夢?本当に本の中に迷い込んだような気分になった一冊。

  • 情景描写は巧みで、南の島の回想に限らず爺さんに会った井荻、西湘の砂浜など、鮮明というよりは漠然と、かつて自分も見た曖昧な記憶を呼び起こすように浮かんでくる。会話も自然で、余計な虚飾がないぶん、それぞれの人物像を読み手が創造する余地がある。

  • ものすごく幻想的なお話です。
    本格ミステリーではないので、殺人事件は起きず、犯人探しもしません。
    背表紙にある通り、衝撃的な結末と静謐な余韻が残るラストでした。

  • 夢オチパターン

  • 自殺未遂で脳に障害をもった弟と、意識世界に入り込む、と言うちょっとSF的な作品。

    うわー!!!面白かったー!!!!w

    読んでてヤバイ、ヤバイ!とか思ってたし(笑)。

    テーマとしては、わりとありがちなものだと思うんだけど、プロットと描写が素晴らしく、読み手の感覚を狂わす。
    プロット上、同じシーンが何度か出てくるのだけども、その描写が美しい。

    この手のものを本として読んだのが始めてなのもあって、自分の感覚が狂っていくような感じが新しく面白かった!

  • 予想していたよりもずっと面白かった。流石に映画や漫画とメディアミックスされるだけはあるなと思う。場面の展開(現実と夢)が混沌としていて読みづらいと感じる人もいるかもしれないが、個人的には好きだ。

    謎解きもストンとして頷ける。
    ただラストはそこまで徹底しなくてもいいのに、と思った。

  • オチはほとんど想像した通りだったが、まさかの結末がコレって……!? 今現在現実に落ち込んでいる人はよくも悪くも読むのをオススメしないなと思った(苦笑)
    主人公が訪れたことのある「島」と、「夢」の中の読み終わった感想としては少し無気力感に襲われながらも、世界観が幻想的で、不思議。登場する弟さんもどこか掴めない存在で、夢と現実の境界が曖昧。時々登場人物の情報が前に言ったこととかぶって文章的に「?」となるところも多かったが、全体的に良かったと思う。伏線もあれこれあったし…・・。

  • ふわふわとしている感覚
    もっと眠りたい
    動きたくない
    けど自分は誰かと関わりたい

    そんなことをたまに思う。
    社会人となってしまった今
    本当の「休息」はいつ得られるのだろうかと。

    心に残っている国語の教科書作品
    それが「胡蝶の夢」だった
    高校の授業ではさほど時間をかけて勉強しなかったけど
    衝撃でしかなかった

    今授業を受けている私は「私」なのか、
    誰かの夢のなかの「私」なのか
    そんなこと考えたこともなかったから。
    恐怖でもあったけれど
    ある意味それで
    「目が覚めた」のかもしれない。

    自分が自分であることを証明することは
    一生できないのではないだろうかという不安
    そしてその不安とともに
    自分が自分であることを証明してくれるのは
    一生のうちに関わることができた他者であるという自信


    「本当の死は、死者を知る者が、この世に誰もいなくなった時に完成する。人の魂や意識なんてものは、肉体と無関係なところで、意外と一つに繋がっているのかもしれないぜ」

    だからこそ、
    私は友達を求めているのだと
    高校生のときに考えたことを
    思い出した。

  • 映画を観て、なんだこりゃと思ったので原作はどんな感じなのか気になって読みました。
    なんだこりゃ映画と全然違う、というのが第一感想。
    設定など変えられているのはよくあることですが、ストーリーそのものがかなり違いました。小説は全体的にテーマがはっきりしていてまとまりがあり、面白かったです。

    「このミス」大賞(新人賞?)に選ばれたということですが、ミステリというよりはSF的な要素を織り交ぜた文学作品ととらえたほうが面白く読めるのではと感じました。
    現実と非現実。自分の認識している世界は現実なのか、というのがこの小説の核だと思います。
    夢と現実の入り混じった不安定な世界、さらにセンシングでもぐりこむ意識下の世界、繰り返される回想、すっきりとはしないラスト、マグリットの「光の帝国」、胡蝶の夢、サリンジャーの「A Perfect Day for Bananafish」……
    読み終わったあとしばらくは、今自分が認識している、これが現実なのかどうかわからない感覚に陥りました。

  • ネタバレあり:
    オチから逆算して考えるとバナナフィッシュのたとえ話の滑りっぷりは狙ったものなのかもしれないとは思った。小難しい話をひけらかす中学生らしさ云々こような話もあったわけで。
    ただ、主人公がそっち側の人なので、いまいち作者の意図が分からない。
    また、作者が男とわかって読んでるからかもしれないが、終始女性の語りが不自然に見えてしっくりこなかった。
    正直、序盤で一番のどんでん返しは予想できたので、特に目新しさは感じなかった。審査委員満場一致の大絶賛だったらしいというのはよくわからなかった。
    しかし、非常に読みやすかった。さっと読めるので気軽な読書におすすめ。
    また、この作品自体とはあまり関係ないが、見る度にレーベル名がださいと思う。

  • 映画を先に観て、色々「?」なところが多かったので、原作を手に取ったのですが。まるで違う話で、吃驚…。映画には映画の面白さがあるけれど、ストーリーはやはり、原作の方が魅力的。
    大体、サリンジャーを取り上げないならこのタイトルにする意味がない。「A Perfect Day for Bananafish」のバナナフィッシュがこの話においては首長竜であり、架空の世界の象徴であり、同時に現実を現実たらしめる存在なのだと思う。
    夢と現実が錯綜する話はそう珍しくないだろうが、センシングという特殊な装置や漫画家のリアルな日常が効果的で、ぐいと引き込まれた。やたら改行が多いところは少々気になるものの、読みづらいというほどではなく。それほど長い話でない割に、祖父の話や島の情景がきっちり書き込まれていて、そこがまた、夢と現実の境目を稀薄にさせている。

  • 「このミス」が全選考員一致で、ということらしいが、どこが面白いのか分からないままだった。

  • すごく引き込まれた。まぁ、物語の仕掛けは小説慣れしてる人にはある程度読めるかと・・・。

    ただ、この物語はオチがどうとか、仕掛けがどうという物語じゃない。むしろ、読み終えてからが本番。あの場面はこういう事だったんじゃないか、本当はこういう意味なんじゃないか・・・どこまでが夢なのか、何度も読み返してパズルを解くように咀嚼したくなる。

  • 映画になったし興味持って読んでみた。これは素晴らしい。どんどん引き込まれていって、でも実は読者も半分騙されていて。ラストは種明かしかと思いきや。。サリンジャー的なラストを迎える。


    しかし、どうやら映画は設定を大きく変えているようだ。先に原作を読んで良かった。

  • 夢から覚めたらまた夢、他人との意識共有が好きなんでたまらん。たとえオチが読めたとしてもこの作品は面白かった。たぶん映画版とはかなり違うんだろうな

全464件中 1 - 25件を表示

【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)に関連する談話室の質問

【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の単行本

ツイートする