セイギのチカラ Psychic Guardian (宝島社文庫)

  • 182人登録
  • 3.16評価
    • (4)
    • (11)
    • (33)
    • (10)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 上村佑
  • 宝島社 (2012年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796687881

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

セイギのチカラ Psychic Guardian (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙をみて若者向けのライトノベルみたいなストーリーかなと思って読んでみたのですが、内容的にはかなりわかりやすく読みやすいものでした。若い小説家が若い読者向けに書いた中二病的な本なのかなと推測しましたが、著者はもう60歳になる大ベテランなんですね、それがすごく意外でした。ーいろんな意味で。


    これまで純文学や評論を多く読んできたせいか、内容に物足りなさを感じます。加えて、文体がぶつ切りのような印象を受けたりしたのですが、それが上村さんの書き方なんでしょうか。


    正義をテーマにしていながら、何かうすっぺらな正義で勝負しているような印象でした。哲学的に小説を読むのは何か違った気もしますが、僕にはありきたりな正義を振りかざす登場人物がより普通の人間っぽく見えて萎えました。超能力を使う人物を描くならもっと飛び抜けた正義感を振りかざしてもいいんじゃないかなと思いました。


    全体的に中途半端で感動させることなくさらさら流れていってしまう正義感が残念だったのかなと。
    結果的に読んだあとに残っているのは「今時"アベック"とか使うか?」という疑問点だけだったのです。いい意味でも悪い意味でも読みやすい物語でした。


    ありがとうございました。

  • 最初から怪しいと思っていた人物が、読み進めて行くとやはり怪しく、単純な展開を予想していたが、最後の20ページくらいで裏切られた!意外な結末だった。
    途中、話が壮大になっていき少し飽きてくるが…我慢して最後まで読むことをおすすめします。

    しかし、そういえば途中までの敵と最後の敵の因果関係は書かれていたかな?

  • (手元にすでに無いのでうろ覚えだけど)前作は、しょぼい超能力を使って、極悪非道なテロをすんでのところで阻止するという話だったと思う。何の役に立つのだというようなどうしようもない能力が思わぬところで役に立つ面白さと、これでもかと繰り返される副作用の滑稽さに大笑いした(と記憶している)。しかし今作ではまず副作用についてあまり触れていないので滑稽さが減っている。しょぼい超能力は、強化して使われるので、あまりしょぼくない。新たな仲間の超能力は火とか電気とかありがちだし、爆弾とか防弾チョッキとかといっしょに使うのが邪道だ。何より、平安時代と行き来する能力なんて、全然しょぼくない。できれば前と同じ条件で新たな敵とも対峙して欲しかった。前半のクローンたちの描き方ももっと踏み込んで欲しかった。超能力者たちを国家が排除しようとするなんて、最近どこかで聞いたような話だし。
    とはいえ、引き込まれて一気読みしました。

  • よかったよ。

  • 新しい仲間をスカウト…の前に、髪型がすごい事に。
    そして一番年下の彼も、すごい事に。
    人を信じる事はよい事ではあります。

    教訓としては、大事なものに金を出し惜しみするな?
    能力使うと抜けて行く、と分かっているのに
    なぜそこに力を入れて頑張るのかが分かりません。
    ロマンと言われても、まったくもって分かりません。
    ロマンがあるのは分かるのですが、それに比例する以上に
    失われて行くものの価値の方が、遥かに高い気が…。

    しかし国家権力って恐ろしい…。
    それに振り回された人達はいやな感じ、で終わりますが
    被害を受けた集団は、戸籍からなくなっているという。
    むしろ純粋な年齢の彼がゆがんだらどうするんですか、と言いたい。
    知った事ではないでしょうが。

  • 相変わらずキャラクターが個性的で魅力的。
    でも、殺人事件はいまいち盛り上がらず終わり、最後はファンタジー(超能力もファンタジーではあるけども)で超能力がなんやねんという感じに…ある意味想定外ではあったが。
    それぞれの能力があまりいかされてない感じがした。

  • んー1作目よりインパクトがないかも…

    どうせなら分けずに1作目に盛り込んで欲しかった

  • 続編。前回の復讐者、国家機関と戦うために再び集結。

  • 前作に続けて読破
    ん~と・・・、前作のラストで
    皆さん能力消えてなかったっけ?
    何故に復活してる??
     それに今作、ラストも大団円風だったけど
    結局、何も解決してない!
     だって、いくら島から脱出&爆弾の危険回避
    した所で、あの組織は彼らを危険視し続けるだろうし
    作中でモロに上司がいることが書かれていることから
    改心した彼にも組織抑えこめるだけの力はなさそうだし・・・

     まぁ、前作ともに色々突っ込んだら負けなのかもしれない

  • 超能力集団の話第二弾。

    ちょっと展開が強引だったかな。

全24件中 1 - 10件を表示

セイギのチカラ Psychic Guardian (宝島社文庫)に関連する談話室の質問

セイギのチカラ Psychic Guardian (宝島社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

セイギのチカラ Psychic Guardian (宝島社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

セイギのチカラ Psychic Guardian (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

セイギのチカラ Psychic Guardian (宝島社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする