小さいおじさんと、不機嫌な花子さん (Konomanga ga Sugoi!COMICS)

  • 61人登録
  • 3.19評価
    • (3)
    • (7)
    • (9)
    • (8)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 柴谷けん
  • 宝島社 (2011年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796688161

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

小さいおじさんと、不機嫌な花子さん (Konomanga ga Sugoi!COMICS)の感想・レビュー・書評

  • 微妙だったかな。
    嫌いじゃあないんだけど、惜しい!って感じ。

    キャラ的には、ハルちゃんのお兄ちゃんが好きでした。
    あと、天使の社長さん。

  • 坂東市の図書館【蔵書紹介・漫画】この新人さん、読ませてくれますよ。「小さいおじさん」にあれ?ですが、いい感じ。短編が全部関連するのにもニヤリ。  第2回『このマンガがすごい!』大賞最優秀賞。

  • どの話しも繋がっていて、なかなか面白かったです。
    いつもジュース飲んでる子の性格がすき

  • タイトルに惹かれて購入。
    久しぶりに人にお勧めしたいオムニパス形式の短編集。
    新人漫画賞の投稿作品なのでまだまだ拙いところもあるけど、ハイテンションなギャグとシリアスとの交ざり具合が絶妙で凄く好きです。
    どの話もみんな優しくて温かで、最後まで読んだら絶対最初に戻って読み返しちゃうハズ!(笑)

  • 「このマンガがすごい!コミックス」なんてあったんだな…。

  •  エピローグで全部のストーリーをつなげてましたけどこういう全部がつながってるっていうのは好きです

  • これも献本。
    登場人物のほとんどが学生ということもあってか、社会から隔絶された箱庭のような、ありていには新海誠のような世界を感じる。
    逆に言えばそれだけにストーリーはとても綺麗にまとまっている。
    それにしても作者が89年生まれってことがじわじわくる。

  • ...…タイトルで、買ったんだ。
    ほら、『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』みたいなさ。『チャーリーとチョコレート工場のウンパルンパ』みたいなさぁ。
    ウンパルンパのおじさんはディープ•ロイっていうケニヤ出身の人なんだけど、彼は今キャリフォルニアに住んでます。
    そんな私の淡いおじさん幻想は見事に打ち破られました。不在のおじさんと 、不機嫌なNam子ちゃん。ちょっとおじさん探して来ます。

  • 絵やテンポがまだまだ拙い、その感は確かに拭えないのだが、この作者が読み手に何を伝えたいのか、どんな考えを抱いてこの作品を描いたか、そこはしっかりとガンガン伝わってきた
    次回作がとても楽しみでならない

  • 小さいおじさん、「おじさん」じゃないってのが不満だった。
    キャラクターのやりとりは面白かった。ただ、ストーリーは微妙。好みの問題?

  • ぬう、正直ちょっと微妙だった。よく見たらこれ「この漫画がすごい大賞受賞」ってことで単行本化された作品なのか、どおりで。この先の成長には期待できるかもしれない。

  • オムニバス風につながった短編集。ドラマはきちんとしており、そのまま映画にもできそう。新人作家とのことだが、読んで十分楽しめる。漫画風なオーバーアクションにやや頼りすぎかも。

  • 天使の話で、天使が帰った理由に若干の抵抗を感じましたが、
    その次の話に繋がるためだったならしょうがないのかなあ。
    でもなんかスッキリしません。

全13件中 1 - 13件を表示

小さいおじさんと、不機嫌な花子さん (Konomanga ga Sugoi!COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

小さいおじさんと、不機嫌な花子さん (Konomanga ga Sugoi!COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小さいおじさんと、不機嫌な花子さん (Konomanga ga Sugoi!COMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

小さいおじさんと、不機嫌な花子さん (Konomanga ga Sugoi!COMICS)はこんな本です

ツイートする