カープの美学 (宝島SUGOI文庫)

  • 26人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 迫勝則
  • 宝島社 (2012年2月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796689731

カープの美学 (宝島SUGOI文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「やせ蛙負けるな一茶これにあり」をファンが一番感じる事ができるプロ野球団、広島カープの今昔物語が書いてあります。県外で情報に飢えていた私には良い本でした。

  • 2012.10.26読了。

    私は、ジャイアンツファンです。
    だけど、とてもとても面白かった!
    きっかけは最終章のキムタクを読みたかったからだけど、ジャイアンツとは真逆な球団(笑)だけど、熱くて、こういうの好きです。
    カープファンがカープを愛しているのも、これを読んでわかる…ようなわからないような(笑)
    だって私は、ジャイアンツファンだから!

  • ♪カープ、カープ、カープ、ひろしま、ひろしまカープ♪と口ずさんでしまう広島カープ応援本。
    地元で活躍されている方なので、辛辣な意見は書きづらそうだが、長期低迷は現実である。改革すべき点をズバリと斬り込んで欲しかった。
    ただ、私の理想も「FAによる入団者なしでの優勝」である。

全3件中 1 - 3件を表示

カープの美学 (宝島SUGOI文庫)はこんな本です

カープの美学 (宝島SUGOI文庫)の単行本

ツイートする