屋上ミサイル〜謎のメッセージ (『このミス』大賞シリーズ)

  • 271人登録
  • 3.09評価
    • (7)
    • (27)
    • (73)
    • (17)
    • (6)
  • 54レビュー
著者 : 山下貴光
  • 宝島社 (2012年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796696333

屋上ミサイル〜謎のメッセージ (『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 国重にもっと活躍してほしかったけど、何があってもやはり格好いいな、行動が。
    もっと恋愛面、進めてほしかった…!

  • 前作や少年鉄人を読んで、好きな感じの作家さんだなと思っていました。
    高校生たちが主人公ですが、その会話は高校生とは思えないほど哲学的。偏差値70くらいの学校が舞台化と思ったくらい。
    または伊坂幸太郎の本に出てくる殺し屋風。だろ?

    ストーリーも「さきほどの」というさきほどが、かなり前にさかのぼったりしてページをいったり戻ったり、なかなかはかどりません。
    最後の2,30ページぐらいでぐんぐん謎が解かれ、まぁ、なんにしてもよかったよ、と胸をなでおろしました。

  • 続きが出るとは思っていなかったから、嬉しかったです。
    面白かったけど、前作のほうが好きかなー。
    また続きが出るといいなぁ。

  • おもしろかった~~!!

    表紙みて、あれ?これ、読んだよね?
    でも謎のメッセージって??と困惑。
    ぱらぱらとめくって、あ、もしかして続編??っと手にとる。
    いやあ、なんか表紙の色合い似てるし、ぱっと見わかんないわあ。文庫になったら夕焼け色になっていたが、それは正解だと思う。

    前作おもしろかったのは覚えていたんだが、
    イマイチ記憶がさだかでなく・・・・。
    トンネルの話とかでてきたとこで、あーそーゆー奴も
    いたなあっと。
    なんだかイイコトと言っている経済学者(だったっけ)の近藤さん(だったっけ?)が今回もちょいちょいイイコトと言っている。

    謎のメッセージ、暗号かい~!
    いや、国重、がんばったな・・・・。
    まあ、あんないろんなメッセージ残せるくらいなら、
    手紙でも書いてどうにかして渡す、という方が現実的、
    ではあるような気も・・・。
    でも、屋上部の3人が、国重を信じて、一生懸命暗号解読に走り回る様子が、おお、青春だなあっという感じでとてもよかった。
    しっかし、最後の最後で、ちょっと女子会話の話題ででてきた家出娘の話が、つながってくるとは驚きだったわ。さすがこのミス作家、油断してはいけないのね。

    屋上部の友情ものとしても好きなんだが、
    アカネちゃんの母と弟との会話部分もとても好きだ。
    さあ、絆を試されるときよっとて夕食の手伝いとは
    いや、母ロックだわ。

    強制とはいえ暴力の被害者となった生徒もいるわけで
    めでたしめでたし、とはいかぬけれど、
    やっぱ、最後はすっきり、でした。
    平原のちょっぴりラブ方面にいくのか~?な一言も
    あったりして、これはまた次巻が楽しみ。

  • 読了日 2013/6/29

    これの前作は読んだはず。
    国重が可愛かったです。名言はまた次の機会に探す。

  • 面白かったけど、、、
    相変わらず設定がハチャメチャだわ(^_^;)
    暗号の部分はちょっとわかりにくかったな。

  • 2012.06.12読了。最近TVで取り上げられていたらしい屋上ミサイルの続編。偶然見つけてまさかの新書3冊大人買いw
    ちょっと無理矢理かな、とか、そんな暗号解読できないって!!と思うけれど、屋上部の青春ストーリー、好きです。相変わらずの登場人物たちの会話も素敵。
    国重とアカネが、前作でくっついていなかったことが衝撃的すぎる。。

  • 国重がなかなかのいいキャラ。

  • 前作よりも内容がややこしくなくて、ストレートなのがすごく読みやすくて、どーなるどーなる?と気になって一気に読み終わった!

  • 『屋上ミサイル』の続編。
    高校の屋上を愛する「屋上部」――
    デザイン科の辻尾アカネにリーゼント頭の不良・国重嘉人、恋愛に一途な沢木淳之介、自殺願望を持つバンドマン・平原啓太――の間には不穏な空気が流れていた。
    ボヤ騒ぎや切り裂かれた油彩画、連続暴行事件など、校内で起きた一連の事件の犯人として、国重が疑われていたからだ。
    彼の無実を信じるアカネは、屋上部の面々と真犯人探しを開始することに。
    しかし、さらに4人目の被害者が出てしまい……。

    んー。1作目のほうが好きかな。
    本作はちょっとこじつけ感が否めない。

  • 暗号はなかなか良い。でも事件のスケールはなんだかなあ。現金輸送車とか。平原はどうしたってニノだった。続きが出たら読みたい。

  • おもしろく読めました!
    登場人物のキャラが立っていて、それぞれの心情も無理なく共感できて……ただ事件の真相が、そんなことできるのか…みたいな…。
    深く考えず、軽く読むならOKです。

  • 本当に前作が大好きで、まさか続きが読めるとは思ってなかったのでとってもうれしいです。
    内容は先が気になってページが進むし、あいかわらず簡潔な文です。
    サクサク読めます。ただ、今作は展開が展開ばだけに内容が浅いというか、スポットがあたってるのは国重というよりむしろ謎解きポジの平原って感じで、いいキャラがたくさんいるのに生かされてなくてちょっと悲しいです。もっとショートエピソードでいろいろな内容読みたかったなー。
    弟の髪が伸びた、アカネちゃんがいじっぱりで余裕ない、平原が人間ぽくなった、国重が謎、沢木が肌焼いたってことくらいしか印象ない…。←

    単刀直入に言うと、男前な国重と茜ちゃんのからみがもっと読みたかったです。

  • こっちはこっちでとても面白かったです。
    もうね、なんといったらいいのか・・・。屋上部は屋上部で好きです。
    とっても爽やかで、こういう関係いいって思えるんですけど、ここまできたら続編でアカネと国重の関係を期待せざるを得ないんです。
    あ~もどかしい!ぜひ三作目書いてほしいですね。

  • 3月-8。3.0点。
    屋上ミサイル第二弾。前作読んでいないと厳しい。
    連続暴行事件と、油絵切り裂き事件。
    屋上部のリーダーが、謎の行動。
    他の部員が、リーダーを信じながら、捜索。

    うーん、前半が読みづらかった。後半はあっという間。
    まあまあかな。相変わらず軽いタッチ。

  • 「屋上ミサイル」の続編。登場人物の会話の軽妙さや、彼らの厚い友情の微笑ましさは相変わらずだが、物語のテンポの良さが今一つ。特に中盤で暗号が出てくるあたりで少々ダレる。前作が凄く面白くて気に入っていたので、期待が高過ぎたせいもあるかもしれないが、前作には届かない印象。

  • 2013.2.1読了。
    同じ筆者の鉄人のイメージが強かったので、今回の事件、現金輸送車から

  • 前作を読んだのが09年6月だから...丸3年以上前w。
    設定も詳細もほぼ忘れてますw。まぁ、でも
    さして問題はなく、違和感なく読み進められました。
    屋上を愛するハグレ男子高校3名+熱血芸術少女「アカネ」
    からなる屋上部。今回は心や優しき不良「国重」が
    巻き込まれたトラブルから助け出すという
    友情ストーリー。「暗号」がミステリ的キーワードですが
    どちらかというとやはり青春小説かな...。
    ちょっとだけ恥ずかしくも、でも清々しく青臭い、
    いい話ではあります。

    以前、井坂っぽい...という印象を持っていたんですが
    井坂+初野晴...という感じでしょうか。キャラも文章も
    会話もポップ小気味良いので人気出そうな作家さんです。

    ただ...終盤に一気に「国重」の行動の謎、そして
    巻き込まれた真相が解明されるんですが、その
    シーン...というか解き明かされ方(?)が、個人的には
    いただけない...。不自然な会話、展開によって
    「えぇぇ...うそーん...」的な真相解明。惜しい。

  • 前作ありきのストーリー。ざっくりとしか覚えていなくて人間関係を思い出すのに時間がかかった。タイトルも続編かわかりにくいし、本作から読んだ人にとってはかなり不親切な内容でもったいない。前作はもっと豪快な印象があったけど本作は「謎のメッセージ」が細かすぎてちょっとイメージと違うかな。本作に限らずこのミス大賞シリーズの本は文庫になると改題されて新作と勘違いしたり、本作みたいに微妙なタイトルだったりするので、もう少し読者のこと考えてほしい。

  • 屋上ミサイルの続編が出るとは思ってなくて
    すごくびっくりしたし、嬉しかった(*^o^*)

    国重の威勢のいい姿が
    あまり、見られなかったのが残念だったけど
    暗号を解きながら進んで行く感じがよかった☆

  • 屋上ミサイルの続編。期待よりも面白くなかった。

  • 1作目と比べると物足りない。国重が暴れる場面が少ないからか?

  • 第一弾のほうが好きだった! こじつけ感があったかな

  • 図書館にて。
    前巻に比べて事件が一つだったので世界の広がりは感じられなかったが、悪くなかった。
    しかし、こんな事件高校生に仕掛けるかな普通・・・。

全54件中 1 - 25件を表示

屋上ミサイル〜謎のメッセージ (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

屋上ミサイル〜謎のメッセージ (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

屋上ミサイル〜謎のメッセージ (『このミス』大賞シリーズ)の作品紹介

『屋上ミサイル』待望の続編!
高校の屋上を愛する「屋上部」――デザイン科の辻尾アカネにリーゼント頭の不良・国重嘉人、恋愛に一途な沢木淳之介、自殺願望を持つバンドマン・平原啓太――の間には不穏な空気が流れていた。ぼや騒ぎや切り裂かれた油彩画、連続暴行事件など、校内で事件が頻発していた。被害者たちは誰もが口を閉ざし、犯人の特徴を口にしない。一連の事件の犯人として国重が疑われ、無実を信じるアカネは、屋上部の面々と真犯人捜しを開始することに。しかし、さらに4人目の被害者が出てしまい……。

屋上ミサイル〜謎のメッセージ (『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

屋上ミサイル〜謎のメッセージ (『このミス』大賞シリーズ)の文庫

ツイートする