いつやるか? 今でしょ!

  • 1343人登録
  • 3.67評価
    • (82)
    • (174)
    • (162)
    • (26)
    • (5)
  • 208レビュー
著者 : 林修
  • 宝島社 (2012年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796696715

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
デール カーネギ...
ジョン・キム
池井戸 潤
トルステン・ハー...
有効な右矢印 無効な右矢印

いつやるか? 今でしょ!の感想・レビュー・書評

  • さすがに予備校教師。若者に分かりやすく、そして実利となるように書かれた内容である。実体験、自分の言葉で書かれているのが、とてもよい。好感が持ている。
    参考になるところ、多数あり。

    章末のコラムは、灰色地になっており、マイナス面の話題か?工夫していると感じた。

  • ただいま帰省中です。
    テレビでよく見る林修氏のこの本を読みました。
    タイトルからしてやる気になる。

  • 依然として林先生ファンは続いております。
    こちらブックオフで200円で購入。
    頭の回転も速くて知識量も豊富で話も上手で
    自分が足りないものを補完する人を
    私は尊敬するのでしょう。

    人は聞こうとするものしか聞かない。
    すなわち、正しいから聞くのではなく、この人が言うから聞くのだ。の権威トレンド話、御意。
    私まったくその通り。

    あとは林先生がよく言う
    のんびりした雰囲気の中で馴れ合うな、
    一人になって時間を作って考えろ!
    という考えも大好きです。

  • あのCMを見ながら「ほら、チビちゃん、今だって!」と思いっきり他人事だったことにある時、はっと気づいて凹んだのを思い出す。
    その後、あまりにも有名になり、意味を深く考えたりもしなくなってきているけれど、なるほど、こういう経緯で飛び出した言葉なのか。
    「授業を終点ではなく、日常の飛躍に向けてのスプリング・ボード=踏切板にせねばならない」

    本の対象年齢が林先生の生徒あたりのようで、なんとなく他でも読んだことがある内容なんだけど。
    所々、最近の若者像が垣間見える。
    予備校講師という若者に近い立場なだけにいろいろ思うところがあるんだろうな。

    顔に「利き顔」がある。
    よくいわれるから、気になっていたけど、自分をビデオなどでチェックしてみる、というのはいいかも。

    スタッフをワード型、パワホ型、エクセル型に適性で分け、自分に不足している部分をおぎなってもらう。
    残念なことに、この分類ではピンと来ない世代の私。
    ただ。そういう分類をして仕事を振り分けるというのはありかも。

  • じゃあいつ読むか。
    今でしょ!

  • 林先生の初著作。
    流行語にもなったけれど、この言葉は好きだし、
    林先生も嫌いじゃない。
    どのような経過を経て、今の立場までたどり着いたのか分かります。先生だけに例えが分かりやすい。

  • 人生は山あり谷あり。未来にどうつながっていくかは運にもよるけれど、結局は本人の意志次第。

  • タレントさんが書いたありきたりな本だとおもったら大間違い
    生きていく中で誰でも持つであろうちょっとし悩みも大きな悩みも 根本を探り原因を明らかにしてそれを作者だからできる論理的な解決へ導く道筋
    なんとく以外の何物でもない書き方が作者を表現していた。

    中でも思考の仕方が特に重要で
    考えに詰まったらまずは「対比」を考える

    まるちゃんが300円のお小遣いをアップしてもらおうと
    ハナワくんは2000円のこずかいなんだよ と対比でお母さんに説明する
    ここで はまじは200円なんだよ などと言った対比はしない

    何か考えたり主張したりするときには都合の良い対比相手を選ぶこと 
    当たり前なんだけど、それを考えて使うということをやっているかと言われると間違いで
    例が単純だから考えてないようだけど、実は生きていく中で考えずに対比して間違って大変なんてことは結構あり、
    人間関係も使い方一つで構築もできるし、潰すことにもなる。

    こういった事柄をいくつも出しながら、現代文の先生らしい内容と論理液な解決法の提示

    非常に面白い一冊だった。

    タイトルが損しているなあ
    でも、これで売れたんだしなあ(笑)

  • テレビ、特にCMにおけるワンフレーズの威力をまざまざと見せつける一書。

  • 質問の本質 1.自分の考えが及ばない範囲を他人に考えさせその知恵を自己のものとする行為2.問題に真剣に取り組んでいる姿勢を伝えるだけでなく深く考えていることを他人にアピールする行為
    分かる=わける。何が分かり何が分からないかを分けながら考える行為
    複数の対比軸を設定して問題を深く考察していく
    表情は思考の関数である
    利き顔(=目も大きく表情が豊かなサイド)がある。左利き論理的。右利き:感性が豊か
    香り=口臭はNG。香水を付けて香りを確かめる
    洋服=折り目の正しいものを着る
    ハンカチを持つ。アイロンは必須
    相談:とにかく相手の話を最後まで聞く事。相槌には感情を込めること。相手の答えを読み取って、それをさも自分の答えのように言ってあげること
    まさかを使った場合は反省しつつ自分チェックに活用
    相手をよく観察し伝える言葉ではなく伝わる言葉を使う
    人それぞれの権威トレンドを的確に掴み取って、その人が自分に権威を感じるような状況を作り出す
    相手がどういう優越感やコンプレックスを抱いているかを観察する
    相手に話を聞いてもらおうとするにはアウェイで勝負する
    多くの自称食通は値段が高く予約が取れないネットでの評価が高い店を喜ぶ
    話す速度は相手に合わせる。最初に結論、最後に結論も相手に合わせて変える
    こだわりが多すぎると自分の世界を小さくしてしまう
    自分の仕事の核はこだわり持って、後は専門家に任せる
    失敗を重ねつつ人の見る目を養っていく
    そんなの損じゃないは使わない。目先に囚われない
    悪口で望みが叶うことはない
    悪口1.事実を述べているが、言い方に悪意がある→自らを律して事実を変える
    2.そもそも事実に基づいてない内容を悪意を伴って述べている→相手を冷静に分析する種を与えている
    僕はこれしか出来ません、でもこれは誰にも負けませんと言えるようになる

  • 「逆算の思考」
    仕事でも重要な考え方。深く共感。

    「勝ち易きに勝つ」
    最も得意だった数学科の講師として採用されながらも、自分が「最も勝てる」と思った現代文に切り替えた話。非常に興味深かった。

  • 5章の、悪口をテーマにした話が面白かった。
    「事実を述べているのだが、言い方に悪意が込められている」ものと「そもそも事実に基づいていない内容を、悪意を伴って述べている」ものを区別して、自分の成長の糧にしていこうと思った。

  • (2013.08.25読了)
    流行語ですので、いちおう読んどかないと…。

  • 本当の貯金は通帳ではなく、自分に貯まって行くもの。思いっきり投資しよう!

  • 家にあったので読んでみたが、これと言って特に衝撃的な記述はなし。「これはこうじゃないとダメ!」と決めつけるタイプではないので、こういう本にしては読み易いかもしれない.
    読み返す、手元に置きたい、という本では(私には)なかった。
    そもそも「どうして何も考えずに生きていけるんだろう」という疑問を普段から抱いている人には意味のない本であることは確か。
    共感するとことも少し、それは…となるところも少し。一つだけ反論が許されるのであれば、「媒体が何であれ、考える力があるのなら、それを自分のものにすることは可能だと思う」と言いたいところ。本だから賞賛され、ゲームは批判される、の意味が分からない。私は両方好きだし、どちらからも何かを得ることが出来ると思ってるから。

  • 挨拶や通勤などのちょっとした習慣や考え方を変えるだけで、人生を通して大きな得をするような、そんなノウハウが詰まっていました。特に、権威トレンド、手帳の使い方、流れを待つこと、の3つはとても勉強になりました。

  • 普段、このような人気者の自己啓発本は読まないのが基本ですが、林先生をテレビで見ていてどんな本を書いているのか気になったので読んでみました。
    1回読んでから2年ほどたってから読み返してレビューを書いたので、2回目の読書では感じるところも少なく感じてしまったところがある。
    だが、基本的な当たり前にしなくてはいけないところの再確認はできた気がする。


    林修(はやしおさむ) 東進ハイスクール講師

    「挨拶は誰に対しても平等に。頭をさげるコストはゼロ」
    「質問は、意味を考えてするべき。
    質問の本質とは、自分の考えの及ばない範囲を他人に考えさせ、その知恵を自己のものとする行為。問題に真剣に取り組んでいる姿勢を伝えるだけでなく、深く考えてもいることを他人にアピールする行為。」
    「相談を持ちかけてくる人への上手な対応法:
     とにかく相手の話をよく聞くこと。おかしいなと思っても遮らずに、最後まで話を聞くこと。相槌には感情を込めること。」
    「読書というのは、どんな本を読もうかな、面白そうな本はないかな、と探すところから始まる。本は自分でアンテナを広げて、そのアンテナに引っかかったものを読んでいけば良い。そうしていくうちに、アンテナの性能がどんどんよくなって、もっともっといい本を捕まえることができるようになる。」
    「まさか、という言葉は自分の思っていたことと実際に起きたこととの間にずれが生じたときに使われる言葉。まさかを使うということは、自分の観察力不足から見落としたもの。自分の判断が間違っていることを認める。使わなくていいように努めるとともに、使ってしまったときは反省しつつ最大限活用すべき。」
    「友達は少ない方がいい。お互いに理解しあえ、かつ本当に尊敬できるような人間がそんなに数多くいるはずもない。多くの友達、仲間がいるという人が、どこかで自分をころして合わせていたり、なんとなく引きずり回されているような感覚をもっていないか。」

  • 授業は感銘を受けさせて終わるのではなく、行動を取れるようにさせるのが目標。

    自身の適性の中で「勝ちやすきに勝つ」仕事を見つけよう。

  • 女なのに歩くの早いのコンプレックスだったけど気にしないことにしよう。

  • 林先生のお好きなタイプの人間というのがわかりやすく出ている本だと思う。
    少々偏った考えがそこここに見えて素直に読めないこともありました。

    状況の判断と、自分自身の力を推し量る力、つねにものを考えるという癖をつけること、などなど、わかりやすく書かれています。

  • 予備校講師という肩書に収まりきらないほどの活躍ぶりを見せている林修さんの初の著書。豊富な体験に裏打ちされたシンプルで力強いメッセージが満載で,すぐに実践したくなることばかりです。さぁ「いつ読むの?今でしょ!」

  • 勝ちっぱなしなんてありえない。いい流れが来ているときほど、酔わず、驕らず、浮かれず。悪い流れのときは、ヤケクソにならずじっと耐える。焦らず、腐らず、諦めず忍耐強く。

全208件中 1 - 25件を表示

いつやるか? 今でしょ!に関連する談話室の質問

いつやるか? 今でしょ!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いつやるか? 今でしょ!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いつやるか? 今でしょ!の文庫

ツイートする