もののけ本所深川事件帖〜オサキと江戸の歌姫 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 193人登録
  • 2.99評価
    • (2)
    • (17)
    • (40)
    • (12)
    • (5)
  • 20レビュー
著者 : 高橋由太
  • 宝島社 (2012年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796697255

もののけ本所深川事件帖〜オサキと江戸の歌姫 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一人の子ぎつねが歌うたいと一緒になって~のくだりで思わずウルウル、、、
    ひとりぽっちの周吉が歌うたいのお琴(音痴だけど!)とと置きかえて考えちゃいました

    ところで、しげ女の謎は深まるばかり!

  •  これまでこのシリーズはそれなりにおもしろかったので、今回の作品は残念の一言。そして誰もいなくなったとAKBのパクリでも何でもいいのだけれど、話の終わり方が非常に中途半端。さんざん出てきた「お琴」はどこにいったの?
     さすがにこの本は、お金を出して買う価値はないです。どうしても読んでみたい場合は、図書館で借りることをおすすめします。

  • AKBプラス「そして誰もいなくなった」
    その組み合わせ自体は悪くないと思うけど、オサキちゃんの存在感が薄い。

  • 残念ながらあまり面白くなかったかも。
    前作まではそれなりに面白かったのですが…。
    AKB人気にあやかろうとしたのかもしれませんが正直このシリーズでやる必要あったのかな?
    オサキや手代さんの活躍もあんまり目立たなかったしなぁ。
    サクサク読めた点は評価できます

  • このシリーズ自体は結構好きで、1作目から全て読んでいるが、今作の出来についてはイマイチ。内容的には「そして誰もいなくなった」と「AKB総選挙」を無理矢理ひとつに押し込めた感じで、まとまりがなく、シリーズキャラへの思い入れがなければ正直厳しい。前作まではそれなりに面白かったのに・・・。

  • オサキシリーズ④
    ふぅ、…つまらなかったです。
    マザーグースのような歌になぞらえてで一人一人死んで行くけど、なんか出来が悪い。
    せわしないというか、なんか推理する間もなく死んで、ただ殺したいだけ?っていう置いてけぼり感がある。
    終わりもすっきりしないしな。

  • 第四弾
    「そして誰もいなくなった」の江戸版、そして女性ヴォーカルグループの人気投票の合併版?
    安易な発想の割にはすっきと読める。
    悲しき少女たちと、愚かな男達
    どうでもいい気はするが、犠牲になるのは?

  • シリーズ一番のつまらない。
    主人公達居なくてよいかんじ
    Akbに感化されすぎ

  • 話の内容が変わっているが、好きな分類。
    軽い読み物。

  • シリーズ4作目。

    「そして誰もいなくなった」?
    「悪魔の手毬唄」?
    あるいはAKB48総選挙?

    私的にはどうもあかん・・・
    その組み合わせは評価するけど・・・

全20件中 1 - 10件を表示

高橋由太の作品一覧

高橋由太の作品ランキング・新刊情報

もののけ本所深川事件帖〜オサキと江戸の歌姫 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

もののけ本所深川事件帖〜オサキと江戸の歌姫 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

もののけ本所深川事件帖〜オサキと江戸の歌姫 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もののけ本所深川事件帖〜オサキと江戸の歌姫 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

もののけ本所深川事件帖〜オサキと江戸の歌姫 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)の作品紹介

「もののけ本所深川事件帖オサキシリーズ」第4弾!

雨の多い本所深川。雨止めの伝え歌「十人の仔狐様」を歌う、十人組の歌組“本所深川いろは娘”が町で大流行している。その最中、一番人気の小桃が行方不明になり、大川で死体となって見つかった。小桃の代役として古道具屋の娘・お琴が指名され、心配した安左衛門は手代でオサキモチの周吉を付き添わせることに。しかし、他のメンバーが歌詞の通りに次々と謎の死を遂げ……。

もののけ本所深川事件帖〜オサキと江戸の歌姫 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)に関連するサイト

もののけ本所深川事件帖〜オサキと江戸の歌姫 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする