ディズニー式魔法のサービス哲学 (宝島SUGOI文庫)

  • 25人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 小松田 勝 
  • 宝島社 (2012年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796699297

ディズニー式魔法のサービス哲学 (宝島SUGOI文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [2014/12読み終わり]私は今接客業で、会社のマニュアル自体は大差は無い様な気がしたが、徹底してるかしていないかの差がとても大きいと思った。

  • 「ディズニーのが魔法なんじゃなくて、他の企業がイマイチなんじゃないの」とツッコミ。まぁ、消費者なんで偉そうに言ってみた。
    一般的な会社で、現場の見方で全体を捉えられる人が、上の方にほんとにいないのはなんでなんだろう? と読んでて考え込んだ。
    サービスって、末端の従業員が担うけど、一番大切な仕事なわけで… ディズニーが増収増益なのはこれがトータルで上手くいってるという証拠なのかな。

  • 大学の時から、障害のある方々とディズニーランドに行くという活動をやっていたので、ディズニーには何十回とお世話になっているのですが、行く度に心地よいおもてなしのサービスを受けます。

    理念がキャストの日々の行動に反映される仕組み作りは素晴らしいですね!また、本書中の「チームワークとは自分の職責を完璧に果たし、余力をつけてほかのスタッフをフォローしていくこと。」という言葉がとても印象に残りました。

全3件中 1 - 3件を表示

ディズニー式魔法のサービス哲学 (宝島SUGOI文庫)はこんな本です

ツイートする