The ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books)

  • 46人登録
  • 3.42評価
    • (1)
    • (5)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 小学館集英社プロダクション (2009年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796870634

The ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books)の感想・レビュー・書評

  • 武力に武力で立ち向かわずに
    さりとてアキラメルこともなく
    意識の集中で目覚めに呼び込むことで
    中和するのが唯一の道なのだ
    視界が開けて必要な全てが見えてしまえば
    新たな美に向かって無条件で歩み出すだろう

    無条件という波に乗れば過去を引きずった
    全ての感情がご破算になって
    綺麗さっぱりと波長の合うもの同士だけの
    出合いが起るから
    ストーカも三角関係も孤独も嫉妬も
    起こりようがなくなるのだ

    ドラマも早いとこ情から目覚めて
    補い合えるキレイな物語を創作してほしいものだ

  • 監督 : ジェームズ・キャメロン
    2009年公開


    荒廃した地球を旅立ち、未知なる惑星を開拓しようとする人類と、原住生物との邂逅のお話。

    筋立ては完全にもののけ姫。
    アシタカとサンが出てきますw
    ただ、エンディングは全然違うけどね。あーそっちいっちゃう!?みたいな。
    映像美を押したかったんでしょう、お話は普遍的で古典的なテーマでした。

    確かに映像はすごいよ。すんごい。
    ただ、やっぱり映画はストーリーだと思うので、
    そこが食えない人は、そこまでだと思う。

  • 映像のすばらしさに圧倒された。
    3Dを3時間見るとぐったり。
    主人公と一緒に戦闘に参加した気分。
    高所恐怖症なので、3時間緊張しっぱなし。
    ストーリーは、ほぼナウシカ。
    予告編を見ればあらすじは分かります。

  • 絶賛する人が多かったので期待してみにいった。
    3D凄い!
    怪獣アリ!
    ロボットあり!
    空も飛ぶ!
    ナヴィこえ~、、、けどかわいい!?

    映像中心で楽しむのが吉かも。
    愛と自然は正義の味方だよね~
    風の谷の人もそういってました。

    正確を期すなら、
    アップルシードみたいにおもしろい。

全4件中 1 - 4件を表示

The ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

The ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

The ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books)を本棚に「積読」で登録しているひと

The ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books)はこんな本です

ツイートする