アイ・アム・アイアンマン (ShoPro Books)

  • 33人登録
  • 3.45評価
    • (1)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 光岡三ツ子  石川裕人 
  • 小学館集英社プロダクション (2010年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796870726

アイ・アム・アイアンマン (ShoPro Books)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画『アイアンマン』をコミカライズした「アイ・アム・アイアンマン」や、フューリー視点でみた事件を語る「Security Measures」など、映画本編を様々な角度で読むことができる。展開的には一緒なので新鮮味はないが、フューリーやコールソンがどのように考えてトニーと関わっていくのかが分かる点で興味深かった。
    最も面白いのが巻末の「Iron Man #200」。原作でのアイアンモンガーとの死闘がかなりのページ数で描かれている。映画版でも十分だったが非常にあくどいオバディア・ステインとの戦闘はここまでの話を知らなくても満足度が高い。

  • 映画を先に見たので、目新しさがあまりなかった。

  • 1作目映画のマンガ化作品。
    いつもながら、マンガ→映画→マンガという、アメコミの流れは、なんというかおもしろい。まぁ、歴史を背負いすぎてしまうので、こうやって、何回かリセットしてやるのが、長く続く人気の秘訣なのかもしれません。

    マンガそのものは、動きがない分、映画には負けます。
    でも、今回、おもしろかったのは、シールドの動きが、こっちの方がくわしくかかれていることですね。映画の裏話的になっている。

    シールドのというかニック・フューリーの思惑が、ちょっと出来すぎという感じもしないでもないけれど、楽しくかかれています。

    「いや、予想通りの男だよ」

    とかね。
    ちょっと、ニック・フューリー、男をあげた。

    そして、昔のアイアンマンが1話入っています。けっこう、ハードなはなしです。ペッパー・ボッツは、ハッピーの嫁みたいです。映画の設定しか知らなかったので、ビックリ。

全3件中 1 - 3件を表示

アイ・アム・アイアンマン (ShoPro Books)はこんなマンガです

ツイートする