バットマン:ノーマンズ・ランド 2 (DCコミックス)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : マイク・デオダート・ジュニア他  高木 亮 
  • 小学館集英社プロダクション (2015年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796871877

バットマン:ノーマンズ・ランド 2 (DCコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 集結していくバットファミリー。バットマンの邦訳はそれなりの数が出ているけれど、大半バットマン単体かロビンくらいしか出てこない物が多いので(『バットマン・インコーポレイテッド』で変わり種が相当出てるけど)ハントレスやアズラエルの登場は嬉しい。一方で騙し騙されで追い詰められていくゴードンが辛い

全1件中 1 - 1件を表示

バットマン:ノーマンズ・ランド 2 (DCコミックス)を本棚に登録しているひと

バットマン:ノーマンズ・ランド 2 (DCコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

バットマン:ノーマンズ・ランド 2 (DCコミックス)の作品紹介

大震災で法と秩序が失われ、"無人の大地"と化した、ゴッサムシティ。バットマンが戻ってきて、街の一部は平穏を取り戻しつつあったが、相変わらずギャングは市民を脅かし、街の支配を巡るヴィランたちの縄張り争いは続いていた。しかも姿を消していたバットマンに対する、ゴードン本部長の不信感はいまだ消えていない。そんななかで、バットマンはついに仲間たちに招集をかける。ロビン、ナイトウィング、そして正体不明の新バットガール…荒廃した街の支配を取り戻すために、ギャングやヴィランとの戦いに乗り出すバットファミリー。果たして彼らは愛する街を、底なしの絶望から救うことができるのか?バットマン史上に残る壮大な叙事詩、第2巻!

バットマン:ノーマンズ・ランド 2 (DCコミックス)はこんな本です

ツイートする