それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 (小プロ・ブックス)

  • 492人登録
  • 3.66評価
    • (40)
    • (42)
    • (88)
    • (6)
    • (0)
  • 56レビュー
制作 : 風見 潤  中島 洋 
  • 小学館プロダクション (2001年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796880015

それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 (小プロ・ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オープンソースはもちろんのこと、Appのプラットフォームビジネスやフリーミアムも、はたまたシェアエコノミーも。はてはMakerムーブメントもすべてはここに端を発しているのかもしれない。

    フィンランドのオタクが育てた小さな芽が、本人すら全く意図しないような成長を遂げ、やがて世界を変える原動力になっていく様は感動的。

    リーナス・トーバルズは時に無私無欲なIT界の聖人と誤解されることがあるらしい。でもそれはどうやら違っていて、まさにタイトルにある通り「楽しいこと」を突き詰めたひとりのギークだった。

  • リーナスの考えに触れることができる。最初の半分くらいは本当に自叙伝であまりおもしろくなかった。後半から著作権の考え方やGPLの考えなどが読めて参考になった。

  • 発売当時にも読んだので、今回が2度目の読書でした。
    今読むと、リーナスのトランスメタへの就職など、感慨深くなる部分もありました。

  • Linuxエンジニアとして、あるいはOSS技術を活用するWebサービスの従事者として、更にはOSS文化を大切にする仲間の一人として、自らが身をおく世界がどのような流れの中にあるのかを体感できる素晴らしい本だった。

  • 10年前に読んだ本だが、もう一度読み返してみた。著者の一人であるLinus Torvalds氏はLinuxの開発者として良く知られているが、先頃ミレニアム技術賞を受賞されたので、今一度このエッセイを読みたくなったのかもしれない。
    Linus氏はAppleのSteve Jobs氏とは全く違う方法で成功した事がわかる。ただ、二人に共通する事は、やはり「良いものを作りたい」という情熱があったという事ではないだろうか。Linus氏はLinuxを開発することは「楽しい」と言う。その楽しさは、もの作りの満足感を得る事とつながっていると思うが、その作品が質の良いものを目指して進化し続ける所に面白さがあるのではないか。
    本書ではLinus氏が人生の目的について語っている。人間は三つの段階で発展するが、この考えにはかなり共感が持てた。改めて考えてみると、なるほど著者の考えは人生の多くの事に当てはまるように感じる。
    「知識や技術を支配する事で金儲けをしようとするなら、結局はうまくいかないだろう」と言う言葉は非常に印象的である。この事は歴史的に何度も繰り返された事実であるが、どういうわけか無駄である事に気付いていない人間が多いらしい。
    何でも一つの事を極めようとして来た人の言葉はなんとなく重みがあるような気がする。楽しいからやるというのは一番素朴で素晴らしい事なのだろう。

  • Linuxの開発者の自伝。
    Linuxがどう開発されてどう広まっていったのかと、それを作り出した1人のオタクの人生の話。
    1人のオタクのPCから始まり世界中へユーザを拡大し、最大のプロジェクト、コミュニティとなった、Linuxをどういった考えでマネジメントしてきた(というより流れにまかせてきた)かなど、経営者の書いたような自伝やビジネス書とは一線を画していて面白い。
    タイトルにもあるように『Just For Fun(それがぼくには楽しかったから)』といった部分が本当に大きいのだと思う。
    後半は、オープンソース文化や人生哲学?についての話題が多く、10年前の本といえども現在にも繋がっている感じ。
    また、同内容を扱った映画『レボリューションOS』はドキュメンタリーテイストで途中で飽きてくるような感じだったけど、この本は訳者が素晴らしいのか、言い回しとかも軽妙で面白かった。

    #######################
    序章 人生の意味Ⅰ
    第1部 オタクの誕生
    第2部 オペレーティング・システムの誕生
    第3部 舞踏会の王
    終章 人生の意味Ⅱ
    #######################

  • Linuxの生みの親Linus Torvaldsが自らLinuxの誕生、普及の過程と、記者からの視点を綴った本。

    タイトル通り、Linus自身にとってはLinuxは金儲けの道具ではなく、ただ公開してみんなにつかってもらってフィードバックを得て改良して、また広がるというのが楽しいものという事。

    結果としてストックオプションで一応は金持ちになるのだけど、それはあくまで副産物。
    Linusの人生哲学が書かれていて、世の中は生存のための現象から社会的な現象へと発展し、最後は娯楽のための現象と進化するらしい。人間はただ楽しみを消費するために生存する存在だという事。そのためにテクノロジーを進化させる。納得ですね。

    オープンソースに対する考えだとか、自分はヲタクなんで色々とLinuxを通しての公的な活動は大変だったとか、ソコらへんはLinusの素の姿が垣間見れて面白いかも。

    しかし、Linuxがここまで有名にならなかったら、ただのヲタクだったという事を言いたい様な気もする一冊。

  • 古い本だから2016年(もう終わるが)に読むと時代をかんじさせる記述もあるけど,著者の人柄や信念が分かって興味深く読めた。

  • 仕事で使ってるけれど、
    その成り立ちはあんまりよく知らなかったな。

    楽しいだけでも駄目だが、
    やっぱり大なり小なり楽しいところがないと、
    物事は続けられないなぁとは思う。

  • 2016/01/17 読了

全56件中 1 - 10件を表示

リーナス・トーバルズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
G.パスカル ザ...
ブライアン カー...
スペンサー ジョ...
リチャード・ドー...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 (小プロ・ブックス)はこんな本です

それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 (小プロ・ブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 (小プロ・ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 (小プロ・ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 (小プロ・ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 (小プロ・ブックス)の作品紹介

ひとりのオタクの部屋から生まれたプログラムは世界、宇宙までも巻き込んだ!生みの親がはじめて語るリナックス哲学。

それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 (小プロ・ブックス)のCD

それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 (小プロ・ブックス)のペーパーバック

それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 (小プロ・ブックス)のカセット

ツイートする