モテる技術 (SHO‐PRO BOOKS)

  • 130人登録
  • 3.71評価
    • (16)
    • (8)
    • (25)
    • (3)
    • (0)
  • 18レビュー
制作 : David Copeland  Ron Louis  大沢 章子 
  • 小学館プロダクション (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (563ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796880053

モテる技術 (SHO‐PRO BOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • モテたくて買った。笑

    海外の本なので逆にすんなり入ってきたような気がする。反省点は多数でございます
    いや文化が違ってさすがにこれは・・・と思う点も多々あったけれども。

    一番印象に残ったのは
    「教会や高級レストランに行ったらそれに見合った立ち居振る舞いをする。恋愛も一緒で、自分のそういう面を見せることは偽りでもなんでもない」
    といった言説。これは恋愛以外でも広く適用可なのではないかと。

  • ☆☆$$結構面白かった。内容は具体的で、読みやすい文体。$$誰にでも声をかけるとかは現実的で無いが、外見に気を使うだとか$$自分をしっかり持つとかは、真似したいところ。$$文庫化されてたし、買っても良いかも(恥ずかしいけど)

  • 内容は現在の日本と若干違いますが、基本的に「モテない」男が何なのかがよ~く分かる本です。

  • あまりの分厚さにとりあえず半分くらい読んだ。

    んー、アメリカ発の本だからか、
    内容があまりに強烈過ぎる。。。笑

    通りすがりの素敵な女性に、一日6回「ハイ!」と声をかける。
    ・・・そんなの実践できません笑

    でも参考になる話はメッチャ多い!

  • 実際にナンパして女を抱くようになってから、この本を読めば理解が早まるし、意図して戦略を立てて行動する楽しみが出来るようになる。逆に、読んでから行動することでも良い。勇気づけらえるから。ただ注意点として、知識で頭でっかちになってしまい、行動できないようになってしまっては、まったく意味がない。それならば読まない方がよい。ただ、この本は、本当に、よくぞ、ここまで女という生き物に対して、ナンパして獲得する、ということを研究して、本にしてくれたな、という、すばらしい努力の結晶であります。これには正直脱帽します。じっさいに、この本が僕のベースになってます。男のバイブルです!!

  • 何回か見返すことになりそうな良書。部屋作り関連のところがあるので一人暮らしのときにもう一度よんでみたいと思う。面白かった。

  • ボリュームの多さはあるものの、それは逆に細かさを意味する。
    文化的な違いはあるものの、文中にもあるように「それ」を日本人が行うことで目新しさを武器に出来ると思う。

    なにより応用すれば『女性に気に入られる』以外のことでも大いに活用できる。

  • 二人の外国人が「どうやったらモテるか?」を考えた末、導き出した解答書。な〜んか文化的に合わない感じ。

  • 560ページ超のボリューム

    心構え
    出会う前にやること
    出会いの方法
    プレデート
    勝負デート
    つき合いと別れ

    この世は男性と女性の二つ
    男性と女性とでは 考え方が違うことを理解し
    女性との接し仕方 よい関係の保ち方
    の参考になりました

全18件中 1 - 10件を表示

モテる技術 (SHO‐PRO BOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

モテる技術 (SHO‐PRO BOOKS)の作品紹介

カリスマ・デーティング・コーチが贈る、究極のハウツー・ラブ&サクセス。あなたに必要なものは、ちょっとした行動力と技術なのだ。

モテる技術 (SHO‐PRO BOOKS)の文庫

ツイートする