アップル薄氷の500日

  • 82人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (8)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • ソフトバンククリエイティブ (1998年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (433ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797306156

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ジェフリー・ムー...
村上 春樹
伊賀 泰代
ウォルター・アイ...
マーク・ピーター...
リーアンダー ケ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アップル薄氷の500日の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アップルが破綻の淵をさまよっていたこの頃、自分もそこそこ熱心なMacユーザーでその迷走ぶりを外から眺めていた。実は、中ではこんなことが起こってたのかという感じ。結局、ギル・アメリオは至極まっとうなやり方でアップルを再建しようとしている途中で、天才(奇才?)スティーブ・ジョブスによってその地位を追われることになる。振り返ってみれば、彼の最大の功績はサンによる買収を阻止し、アップルの未来を(本人は不本意だったろうが)ジョブスに託した「中継ぎ」としての地味な活躍だったというところか。

  • アップル元CEOのギルアメリオの自伝。ジョブズに取って替えられるまでのアップルの様相とジョブズの人間性にも少し触れる。

  • アップルが破綻の淵を彷徨っていたころの話し。
    アメリオさんは愚痴っぽい方だが、言いたいことはよく分かる。
    ジョブス再登場後のiPhone発売以前の製品開発はこの頃にされていた訳だし。

  • これも去年の。


    ジョブズは夢追人的なすごさが
    強調される一方で

    アップルが生き残れて
    かつ、
    ジョブズがジョブズたり得たのは

    この人がいたからだと思う。


    アメリカの優良企業のすごいとこは
    ピンチに耐え得るピンチヒッターが
    ちゃんと現れるところだと思う。

  • ギルアメリオも普通の優れた経営者だったのだろうが、スティーブジョブズは遥か斜め上をゆく天才(変態)であり、アメリオは凡人としてジョブズに屈せざるを得なかった、というところか。アップルがNeXTを買うずいぶん前からジョブズがアップルに復帰したいと望んでいて当時取締役だったアメリオを訪ねていたりしたことが意外だった。

  • CEO ギルアメリオの苦悩が分かる。背景は知っていたがアメリオ視点で書かれた本書はいろいろな意味で新たな発見があり面白かった。400ページ以上であるが、すらすら読めた。

    本人の談で、彼の最大の判断ミスは、見通しがあまり無いのに黒字化の時期を明言してしまったこと。

    私視点で、彼の最大の功績は、サンからの買収を防いだこと。

    要所デ、ジョブスが出てくるが、ジョブスの思考は全く分からない。。天才だからかな。ジョブスの著書が読みたい。

    マスコミはやはり信じたら駄目だね。

  • 前apple CEOのアメリオ氏が書いたappleの内幕。jobsの復帰のいきさつが生々しい。

全7件中 1 - 7件を表示

アップル薄氷の500日を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アップル薄氷の500日を本棚に「積読」で登録しているひと

アップル薄氷の500日はこんな本です

ツイートする