フレッドが教えてくれた仕事でいちばん大切なこと

  • 21人登録
  • 3.55評価
    • (2)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 池田 真紀子 
  • ソフトバンククリエイティブ (2005年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797327359

フレッドが教えてくれた仕事でいちばん大切なことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 親切に人に尽くす、
    マニュアル通りかどうかを気にするのではなくて人間として接する、
    そんなパーソナリティを持つ人が
    どんな種類の仕事であっても付加価値をつける。

    いかに自分のパーソナリティを成長させるのか、が鍵かなー。仕事はちゃんとしてますけど冷徹人間です、って人は多いけど、やっぱそれじゃダメってことだと思った。

    パウエルの「仕事に貴賤はない」は印象に残った。どんな仕事でもその人らしく一生懸命する。誰かが見ていてくれる。

  • 久しぶりに刺激的な本。それほど分厚いわけでも、難しい言葉がならんでいる訳でもないが、とても勉強になる。
    フレッドと世のフレッドの紹介。フレッドになるためのエッセンスが満載。へそ曲がりな奴は、「きれい事」「実際には無理!」なんて反応されてしまう「偽善的」に映る内容かもしれない。
    しかし、実在の人物とエピソード、そして作者の洞察力は、自然と自分に「勇気」と「あたたかいキモチ」を与えてくれる。
    フレッドになるスイッチは、誰もが持っているモノのような気がするが、当たり前のように備わり、意識しないでオンーオフを繰り返しているような平凡な事かもしれない。
    この本は、そのスイッチを意識させてくれ、意識した途端に小さなフレッドが自分の中で成長を始め、そして平凡な非凡が生まれ、そして誰もが幸せになるキッカケをくれる。

  • 仕事はここに出てくるフレッドのように平凡な仕事を非凡に行うことである。誰でもだれかに貢献できるというのは、仕事をするうえで非常に心の支えになる。

  • 理想の人間像は他者に良い影響を及ぼす人物であり、それが最終的には自分自身を向上させる。実践したいがなかなか難しい・・・なんて言い訳も許されないのだろう。とにかく行動あるのみ!チャレンジしてみようかと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

フレッドが教えてくれた仕事でいちばん大切なことはこんな本です

ツイートする