ファンタージエン 忘れられた夢の都

  • 63人登録
  • 3.23評価
    • (4)
    • (3)
    • (25)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 酒寄 進一 
  • ソフトバンククリエイティブ (2006年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797329865

ファンタージエン 忘れられた夢の都の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【あらすじ】
    闇の女王サイーデが、ふたたびバスチアンを狙う!

    忘れられた夢の都セペランサ、
    ファンタージエンで唯一「忘却」から守られる街。
    救いを求め、都をめざす少年カユーンと
    その妹にせまる夢狩り人の魔の手…
    都の長老の娘サラーニャには
    思いがけない出生の秘密が…
    交錯する忘れられた夢たちの物語が今、その幕をあける!

    【感想】

  • ミヒャエル・エンデ『はてしない物語』へのオマージュ作品シリーズのひとつ。

    バスチアンによって救われたあとのファンタージェンが舞台。
    セペランサに住む長老の娘である少女は、出生の秘密を捜し求める。
    かたや忘却に侵されないよう、兄妹は救いを求めて忘却の危険のないセペランサへと旅立つ。
    この2つの旅がやがてひとつに・・。

    原作にもいた、あのヨル、サイーデ等も出てきて
    世界が繋がってるのは面白い。
    しかし、ラストがイマイチ。読者の想像に任せるなんでしょうか、短く纏め過ぎているように感じました。
    プロローグに登場させているサイーデとの場面も物足りない。

    前2作が面白かったので、期待して読んだだけに。
    作者も違うので、仕方ないけれど。

  • 久々にこのシリーズを読んだ。
    やっぱり自分の原点があるなぁ、と。
    壮大で緻密、冒険とエンターテイメント。夢と希望と勇気と。いろいろなキラキラしたものが詰まった、誰よりも子供たちのための物語。
    ファンタジー万歳。

  • バスチアンがいろいろと変えてしまった世界は、必ずしも歓迎されるものではなかったんだなと。新しくなった後の世界では、それまでいた住人はどうなったんだろうと思ってたんだけど、疑問が解けました。こうなってたのか。2008/3/5

全5件中 1 - 5件を表示

ファンタージエン 忘れられた夢の都に関連するまとめ

ファンタージエン 忘れられた夢の都を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ファンタージエン 忘れられた夢の都を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする