素顔のアジア

  • 21人登録
  • 4.38評価
    • (6)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 三井昌志
  • ソフトバンククリエイティブ (2005年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797332186

素顔のアジアの感想・レビュー・書評

  • 「貧しさとはいったい何だろう。豊かさとはいったい何だろう」
    この問いに魅かれました。

    対等な関係であるために三井さんが貫かれた姿勢、私は素晴らしいと思います。
    ツナミのこと、戦争のこと、貧しさ、豊かさ。
    いろいろなことを考えさせられる一冊です。

  • もう何回読んだか分からないくらい好き。
    サリタという女の子が、自分の中の創作シヴァとぴったりはまる。重ねて考えていいのか分からないけど…。
    彼女の数年の変化は読んでて切なかった。

    この本だけがアジアの全部じゃないんだろうなぁとは思うんですが、読むたびに自分の目で見てみたいって思うなぁ。
    三井さんの自然な文体・写真がすごく好きです。ちなみにサイトも大好きです。

  • 旅写真家・三井昌志さんが2004年から2005年にかけて旅した国々を写真と旅行記で綴るフォトドキュメンタリーです。
    旅に飢えているとき、つい開いてさらに飢えてしまう一冊です。w

    ☆詳しいレビューは<a href="http://ihuru.blog46.fc2.com/blog-entry-62.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a>

  • フォトエッセイ集。
    作者がアジアを旅行しながらとった写真を中心にエッセイを書く。
    女の子達の表情が魅力的。
    いきいきしている、アジア人。
    日本人の忘れてしまったものがここにある。

  • 感動!おもしろかったわ。この人。素人っぽくないです。MIXIでこの人の存在を知って読んでみようと思った。写真(少年少女の純粋な瞳)がすごく気に入ったのと、ちょっと無理してるけどたび空さんらしいものの見方がおもしろかった。やっぱ賢い人なんだわ。

  • 「たびそら」というHPで素敵な旅日記と写真を掲載されている三井さんが出された2冊目の本。
    今回は、スリランカ・インドネシア・ネパール・アフガニスタンの4カ国。

全6件中 1 - 6件を表示

素顔のアジアの作品紹介

津波のスリランカ・インドネシア、内戦後のアフガニスタン、再会のネパール…。それぞれの地で生きる人々の、ありのままの表情を描き出した珠玉のフォト&ドキュメント。

素顔のアジアはこんな本です

ツイートする