インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門 [ソフトバンク新書]

  • 210人登録
  • 3.33評価
    • (8)
    • (18)
    • (48)
    • (7)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 白田秀彰
  • ソフトバンククリエイティブ (2006年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797334678

インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門 [ソフトバンク新書]の感想・レビュー・書評

  • 国家はネットワーク利用者を特定し記録する能力を持っている。
    法と法律が決められても、実際には慣習を判断基準としている。

  • 著者の白田さんが英米法の専門家であることから、まずは大陸法と英米法の違いに触れながら「法とは何なのか」について述べています。

    この議論を発展させるかたちで、今の法の枠組みでこれからのネットワーク社会を整理することにいかに無理があるのか、さらには今後ネットワークが政府(政治)をどのように変えていくのかを論じています。

    私としては、タイトルからもっと実務的な、“インターネットと著作権法”のようなありがちな内容を想定していただけに、いい意味で裏切られた本です。
    (読み終わってはじめて、サブタイトルが「かなり奇妙な法学入門」となっているのに気づき、なるほどと思いました。)

    特に興味深かったのが、終盤に出てくる白田さん流のニート論(白田さんはあえて「ニート」という言葉は使っていませんが)。

    ニートとは、自分の利益を代表してくれる人を議会に送り込めない(同じような立場の人間でまとまる力すら持たない)人々が、自分達の自由や財産がないがしろにされていることへの反乱を消極的に表現した、いわば『一人テロ』だと。

    小泉さんの肝いりで当選し、ニート対策に邁進しているはずの杉村太蔵先生にも聞かせて上げたい、すばらしい洞察だと思います。

  •  法制史から視た「ソーシャル以前」のウェブ入門書。ウェブの秩序を守る「法」を、責任ある「名」を持つ人間が作り上げる必要性について、法制史の観点から主張する。白田秀彰氏は匿名ユーザが非匿名ユーザを圧倒する(2006年当時の)状況に苦言を呈し、最低限の規範として固定ハンドル(非・名無し)の使用を提言する。
     本書刊行当時と現在ではウェブの様相はかなり違う。匿名が非匿名に優越する環境から、匿名も非匿名も「特定行為」「人肉検索」といったリスクを被る環境に移行した。佐々木俊尚氏(2011)はソーシャルメディア社会において人間のネット活動履歴の透明性を指摘した。本書はそうしたソーシャル移行期の里程標として意味を持つと思われる。
     身近な知識から法制史を辿って法に親しみながら学べる。以降の議論は上述の経緯から思考実験になってしまっているが、白田氏の野心と情動溢れる文章に付き合う読書もまた楽しい。ということで星4つ。

    参考:
    佐々木俊尚『キュレーションの時代』(2011)
    http://booklog.jp/item/1/4480065911

    (蛇足)ウェブにおいてキャラクターの虚構性は存在として自明であり、匿名・固定ハンドル・実名といった「名」の仮面を形骸化させると共に、画面の向こうに人間の存在を想起させる。それでもボクらが「名」乗る理由とは、「名」に実体<ヴァーチャル>的キャラクターを与える想像力を持つからだと思う。

  • インターネットを生業としているなら,読んで損はない.特に僕は,社会や法に関する一般常識すら持ち合わせていないので,学ぶべきところや考えさせられるところが多く,刺激を受けた.惜しむらくは,文体があまりにくだけている所だけど,それが逆に良さでもあるので,テイストは残しつつもう少し理解しやすい文体であって欲しかった.良書.

  •  ひょっとするとNHK「ザ☆ネットスター」にたまに出てたキャラの濃い学者さん、というイメージがあるかもしれない著者。
     そんな著者らしいと言うべきなのかもしれないのが本書です。

     情報法と知的財産法の専門家である著者が、ネットワークを切り口に法学入門を書いたかと思いきや、読んでビックリしました。
     いきなり法学部の基礎法学や外国法で学ぶような英米法と大陸法の話が始まります。法学部の学部生は、英米法や大陸法系の授業の予習にまず本書を読むべき、それくらい骨太の議論がわかりやすく説明されています。

     でも、いくら法学の基礎の基礎とはいえ、時空を越えた遠くの遠くから説明してて意味あるのかよ…と思ってたら、法的なモノの考え方を示すと同時に、ネットという新しい社会で生まれている様々な慣習について、それがどういうことかもわかりやすく説明されていて二度驚きます。
     おそらく、歴史の中で法思想や法制度ができあがってきたのと、人類にとって新しい未開の地であるネット社会で新しいルールが形成されていく流れがちょうど重なるんでしょうね。

     歴史的な経緯を押さえながら、法や権利に関して骨太の理解を得ることで、ネットに関する問題の見え方が変わってきます。その上、骨太の理解が土台にあることで、より息の長い(射程の長い)議論をすることができます。本書でも、後半ではネット社会の"社会"の側面が強くなってきて、ネットと社会(政治)の関係性にまで話が及んでいきます。

     ネットと法律(特に著作権)を"しっかり"考えたい人に、是非一読をオススメします。僕も読み返したくなってきました。

  • 高校世界史での学びと、法とが関連づけられて語られていて、分かりやすかった。
    面白く読めた。

  • 新城 カズマの「われら銀河をググるべきや」のタネ本の一つ?

    合意と批准の違いを初めて知りました。

  • Web連載は全てプリントアウトしてあるのに買ってしまうのよね。。。英米法の基本的な思考方法は分かりやすく解説されてます。インターネットと法についてはまだピンと来ませんが。

  • 知的刺激に溢れる野心作。

    変化が多様な過渡的時代においては、一度原理に立ち返って考えてみるのも有益なんだな、と改めて。

    インターネットの法規制や知的財産について、まず規制ありきではなく、どういう道筋で考えたらバランスの取れた合理的なシステムができるだろう、という大局的視点に立ってみる。

    政治哲学、通信技術、経済学などの知見を総動員して、事象を原理的に問い直してみる態度。こういうの好きです。

    そんな法のダイナミズムを感じさせる良書。

    英米法との比較の視点もすごくクリアで楽しめました。個人的に、アメリカの陪審員制度の合理性を文化・歴史的に説明した箇所と、ネグりとハートの『帝国』についての言及が好みでした。

  • [ 内容 ]
    日々、変化するインターネット社会において、その枠組みとなる法をどのように捉えればいいのか?
    情報法のエキスパートが、軽妙かつ明快に法とネットについて徹底解説。
    歴史的な背景も踏まえた、スリリングな論考から現在の諸問題が次々に浮き彫りにされていく。
    インターネット社会に関わる人にとって必携の一冊である。

    [ 目次 ]
    第1章 法の根っこを考える(そろそろ真面目に「法」について考えよう 法と法則 大陸法と英米法の考え方 イングランド法についてちょっと補足)
    第2章 権利をしっかり知っておく(自力救済と紛争解決 名誉と自力救済、そして法 知的財産権制度と封建制について 権威と典礼)
    第3章 これからの法と社会を模索する(政治的であることについて メンドウな事態とポリシー・ロンダリング)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • インターネットの秩序をどのように設定していくか。
    やっぱりこの人の論は冷静で納得できます。
    ただ、こちらの期待が大きすぎたのでしょうか。
    本1冊に入る分量って案外少ないんですね。

  • ふざけた肖像写真が読む気を無くさせる一冊。
    インターネットをやってるんなら読めばいいよ。
    著作権とかに興味があればなおさらだ。

  • タイトルに惹かれて買ったものの、冒頭は法学書の様相を呈していたので驚いた。
    インターネットという言葉はほとんど登場せず、代わりにネットワークという言葉を使う。そして、そのネットワークに政治体制を組み込むにはどうしたらいいのかと、法学の立場から痛快に書いてある。
    しかし、やはりWebに対して現実世界の模倣という視点を抜け切れていないように感じた。切り口が面白いので、読んでみる価値はある。

  • 先生のホームページに行きましょう。

  • 80年代生の私は、少なくともネットワーク原住民と言えるでしょう。そんな私にとっては、読んでおいてよかったと思える、法学についての本です。日本は大陸法の国、やはりまずは選挙の投票に行くべきですね。

  • 「Hotwired Japan」の連載を書籍化したもの。単にインターネット時代の(あるいはそれをとりまく)法と慣習についての述べられているだけでなく、サブタイトルにもあるように、法についての一定の基礎知識を調達できるようになっている。

  • 〈インターネットにおける法がどうあるべきか〉というよりは、〈我々がインターネットにおいて法とどう向き合うべきか〉という印象の方が強い内容。話題としてこれで完結するのではなく、むしろこれを足がかりに考えることを進めていくべきかなと思う。とりあえずは白田氏の同名ウェブ連載を読み返すか。

全19件中 1 - 19件を表示

インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門 [ソフトバンク新書]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門 [ソフトバンク新書]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門 [ソフトバンク新書]の作品紹介

日々、変化するインターネット社会において、その枠組みとなる法をどのように捉えればいいのか?情報法のエキスパートが、軽妙かつ明快に法とネットについて徹底解説。歴史的な背景も踏まえた、スリリングな論考から現在の諸問題が次々に浮き彫りにされていく。インターネット社会に関わる人にとって必携の一冊である。

インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門 [ソフトバンク新書]はこんな本です

ツイートする