神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック (GA文庫)

  • 195人登録
  • 3.64評価
    • (23)
    • (15)
    • (49)
    • (3)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 大迫純一
制作 : BUNBUN 
  • ソフトバンククリエイティブ (2006年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797336146

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマグチ ノボル
有効な右矢印 無効な右矢印

神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック (GA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 稀代の神曲楽士を殺したのは、彼の顧問弁護士。
    彼は、犯した罪から逃れる事が出来るのか。

    コロ○ボみたいな始まりです。
    通常こういうものは犯人に感情移入するものですが
    主人公でないためなのか、さっぱり。
    一体どうやって彼の犯行にまでつなげていくのか、が
    気になって仕方ありません。
    別の容疑者を仕立て上げているわけですし。

    しかしこれ、ものの見事に騙されました。
    弁護士と同じく、そう思い込んでいたので
    やられた感が半端なかったです。

    ものすごくミステリーというわけでもないですが
    そんな気分で読めて、面白かったです。

  • 二人の関係性に萌える

  • 4797336145 293p 2007・3・31 初版5刷

  • まさかの叙述ミステリーもの。そして面白い。

  • BUNBUN先生の絵のジャケ買いです(汗)。
    この「ポリフォニカ」シリーズは何種類かあって、
    精霊と共存する世界「ポリフォニカ」を舞台にしている以外は
    それぞれ毛色が違うようですが、この「黒」シリーズは刑事モノ。
    設定と裏腹に王道刑事モノでした。

    大きいマナガと小さいマティアの関係は、読む前の想像通り
    だったのですが、ある意味「真の関係」と言えるところは、
    参りました。
    小さいマティアのほうが上司であるという事もいい意味での
    ミスリードになってました。

    犯人がわかっていて、そこにたどり着くまでを追いかけるという
    形式も楽しいです。
    この巻だけでの話も一応終わっていますが、次に引っ張る要素を
    盛り込んでいるあたりは、一話完結のTVドラマっぽいです。

  • 赤と白の既刊本を全て読破してからの黒。
    ファンタジー系の世界観にミステリーやハードボイルドは・・・という食わず嫌いが間違いだったと思い知った。

    時代背景は赤と同時期で、赤の読者にはとてもわかりやすい。
    むしろ赤で起きる事件の伏線ともなる内容。
    これがシェアードワールド展開のおもしろさだろうなぁ。

    ミステリーとしては最初に犯人がわかっていて、証拠を固めていくタイプ。
    小難しい伏線は少なくわかりやすい。
    おかげで大して悩むこともなく、精霊と人間で成り立つポリフォニカワールドにどっぷり浸かれる。
    初刊にしてツゲ・ユフィンリーと、その契約精霊ヤーディオの登場も個人的にはポイントが高い(赤大好きなのでw)。

    少女警部マティア、と巨漢の精霊警官マナガ警部補の今後の活躍が非常に楽しみになった一冊。
    続きを探すための古本屋巡りに気合いが入りそう。
    まぁ、無ければ近所の書店で取り寄せ注文なんだけど。

    作者の大迫純一さんが亡くなったことが、今更ながら残念。

  • ポリフォニカはオリジナルのクリムゾンシリーズを読んでいたのですが、オリジナル以外はいいかな~と思っていたのですが、本格ミステリと聞いて手をだしてみました。

    ポリフォニカの設定をうまく使っていて、正直オリジナルより読み応えあって個人的には楽しめました。主人公2人の関係性とかうまいことだまされてしまいましたね。ミステリ好きなら一度は読んでみてほしいですね。

  • イラストのBUNBUNに惹かれたことと、ミステリーを最近読んでないとゆうことで買いました

    それとGA文庫初めて買ったw

    イラストで買ったんですが、これは面白いミステリーでした

    最初から犯人がわかってて残念だなっと思っていたんですが、段々読むうちに犯人とマナガとマティアのやり取りが非常に面白い

    それと精霊とか神曲とか独特の世界観で契約楽士の神曲で精霊が強くなるなんて・・・
    自分的に設定がかなりの良い!

    そして一番の魅力が17歳の少女のマティアですねw
    マナガとしかあんまりしゃべらないので会話は少ないですが、これは萌える(´゜ω゜):;*.':;
    ハンバーガー食べてるところとか可愛いw
    マナガしか自分の表情見せないので過去になにがあったか気になりますね〜

    あとイラストのニウレキナさんも可愛いな・・・

    BUNBUNさんのイラストも良かったですが、作品としてもとても良い出来でした

  • すっきりしてます。でも、可もなく不可もなく、という感じ。設定はありがちというより、あんまりややこしくないのですぐ頭に入るかと。設定を上手く生かした内容だと思います。

  • 最初は表紙買い。「おおおおじさん(?)と少女?・・・イイ!!」と思って読んでみたらすっごくハードボイルド!(違 この二人の関係もてっきり保護者的なものかと思ったら・・・相棒!?わぁ!わぁ!ツボ!どうやらこの"ポリフォニカ"自体色々赤とか白とかあるみたいだけどもう黒だけでいい。

全16件中 1 - 10件を表示

大迫純一の作品一覧

大迫純一の作品ランキング・新刊情報

神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック (GA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック (GA文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック (GA文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック (GA文庫)の作品紹介

事件は巨大な屋敷の一室で起きた。希代の神曲楽士、オゾネ・クデンダルが後頭部を撃たれ、死亡していたのだ。現場が密室だったことから導き出された第一の容疑者は、彼の契約精霊ニウレキナ。状況は決定的で、容疑は揺るがないかに見えた。だが彼女の瞳の奥に、失った契約楽士への愛と絶望を見つけた時、二人の刑事が立ち上がる。小さなマティアと大きなマナガ。ルシャ市警精霊課、黒の二人-インスペクター・ブラック-。罪の涙が流されるとき、ブルースの調べに乗って"黒の精霊"がその羽根を開く!最高にカッコイイ"黒のポリフォニカ"、ついに登場。

神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック (GA文庫)のKindle版

ツイートする