2大政党制は何をもたらすか 日本大変革への道 [ソフトバンク新書]

  • 14人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (0)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 川上和久
  • ソフトバンククリエイティブ (2006年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797336740

2大政党制は何をもたらすか 日本大変革への道 [ソフトバンク新書]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    様々な問題を抱えながらも、日本は2大政党制への道を進みつつある。
    緩やかではあるが確実なその流れは、私たち国民にどんな影響をもたらすのか―。
    日本の政治体制の変遷や海外各国の状況をもとに、2大政党制のメリットと課題を検証。
    理想的な形で機能させるために政党が、メディアが、そして国民がどのように行動すればよいかを考察していく。
    まさに将来へのターニングポイントにある今、必読の書。

    [ 目次 ]
    第1章 日本は今、なぜ「2大政党制」に向かいつつあるのか(「2大政党制」とは何か;現在の日本の政治体制は何制なのか ほか)
    第2章 「2大政党制」になると、日本はどう変わっていくのか(私たち国民の投票行動だけで政権交代を実現できるようになる;政策は大筋で似てくるため、差別化が図りにくくなる ほか)
    第3章 現在の自民党と民主党で「2大政党制」は実現するのか(「小選挙区制」実施以来4回の総選挙で、流れはこう変わってきた;「小選挙区制」になってはっきり見えた、集票組織の弱体化 ほか)
    第4章 私たち日本国民はどう考え、どう行動すべきか(「2大政党制」時代に求められるリーダーとは、どのような人物か;「2大政党制」時代の政党が果たすべき役割とはどのようなものか ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  •  印象に残ったのは引用されている谷垣禎一氏の言葉だ。「政治家というのは選挙区のプライベートな要求を、いかにパブリックに濾過していくか、これに日々苦しんでいる」(p.143)

     そうなのか。サラリーマンと似たところがあるんだな、と感じた次第。読者私はサラリーマンで内勤のスタッフだ。対象範囲の大きさは違うけれども、同じところもある。
     
     ある範囲で関係者、当事者の言葉を聞いて、それを編んで一つのシナリオにする。そういうところがある。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする