デザインにひそむ〈美しさ〉の法則 [ソフトバンク新書]

  • 241人登録
  • 3.31評価
    • (7)
    • (27)
    • (50)
    • (10)
    • (1)
  • 29レビュー
著者 : 木全賢
  • ソフトバンククリエイティブ (2006年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797337945

デザインにひそむ〈美しさ〉の法則 [ソフトバンク新書]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 黄金比やら、ピクトグラム、文化的な美意識や制約など、わかりやすい本だった。

    特に大事だと思うのは制約のデザインかな、
    適切な誘導さえあれば失敗も迷いもなくなり、
    マニュアルも教育が要らなくなると思うから。

    物理的なデザインもすごい可能性があるけど、
    ソフトウェアの世界のデザインはもっともっとやれる事、やるべき事があるなあ。
    ユーザーの期待を裏切らないようにしていきたい。

  • おもにプロダクトデザインを行っていた著者が「工業デザイン」について語る。
    黄金比や白銀比から美しさと使いやすさ、地域や文化の違いとそれを乗り越えるピクトグラム・ユニバーサルデザイン。
    普段見ている製品に対する「見方」が変わる。

  • 2006/12/30
    「ハマグリ締め」は家具のディテールにはないものでした。それだけでも、勉強になります。今度、テーブルの天板の処理でやってみようかなぁ。

  • タイトルどおり、デザインにひそむ美しさの法則について少し分かった気がする。とかくデザインというと、感性的なものが優先されて、センスのある人だけが理解できる分野なんだと思ってしまいがちだけど、実はベースになる理論があって、それに基づいて設計されているということが分かった。最たるものが黄金比ですが。で、それが分かったからって自分がプロダクトデザインとかができるわけではないけど、これを知ることによってデザインを違った角度から見られるようになると思うので、きっと楽しいと思う。ユーザビリティの面などで、WEBデザインにも活かせる部分があるのでは?と思った。特に参考になった箇所。<br />・黄金比/白金比<br />・バカみたいにシンプルにしろ<br />・ピクトグラム<br />・美しいものは使いやすい(人間工学)<br />・記憶の限界は7±2か4±1<br />・アフォーダンス

  • 工業デザインとはどんな仕事なのかを、一般向けに平易に説明している。分かりやすくて一気に読めた。タイトルにある、美しさの「法則」に興味があり期待していたが、法則とまて汎化しているのはお馴染みの黄金比・白金比、そして意外にも(日本限定だが)畳のプロボーションだった。

  • 工業デザインに興味がある。
    図書館で見かけたこの本をぱらぱら見て、これだ!と思い、借りた。

    プロダクトデザインに関わってきた著者による、デザインの本。

    黄金比 1:1.618
    白銀比 1:1.414(ルート2)
    三分の一の法則
    ▽>○>□、赤・青・黄
    可視性・対応付け・概念モデル・フィードバック

    言われてみればたしかにそう!、ということが満載。
    ハマグリ締めの例など、神は細部に宿る、って本当だ。
    これ絶対設計ミスでしょ、と思う駅のトイレや施設があったりする。
    工業デザイン、美術で習いたい、基礎教養として知っていたい。

  • デザインの基本に戻れる。
    ナゼそうなのかが理解できる。

  • 「良いデザインとは何か」がどんな立場の人にも分かるように書かれていた。
    このくらいのわかりやすさで人にデザインのことを伝えられるようになれば、と思わせられる1冊でした。

  • 「美しさ」がテーマ。専門外の人でも楽しめる工業デザインの本。

    黄金比、白銀比、三分割法、シンメトリー、点対象、アシンメトリー…

    聞いた事はあっても、詳しい事は知らなかった。

    畳、お札、トランプなど身近なモノに絡めて、分かりやすく理解できる。

    前半はイラストなどにも応用可能なデザインの基礎。

    後半は聞きなれない用語「角R」など、専門的な工業デザインのお話しになる。

  • 黄金比というのはよく知っている気になっていましたが、いろいろ忘れていることも多くありました。
    白銀比は、全く知りませんでした。
    黄金比。1.618なのに対して、
    白銀比。A4の紙。1.4142とのこと。

    のらくろ、フィリックスザキャット、鉄腕アトム、バカボン。
    ハローキティ、マイメロディ。
    などが白銀比の四角に収まるとのこと。

    3分の1も、黄金比、白銀比の次に有用とのこと。
    いろいろ挑戦してみようと思いました。

全29件中 1 - 10件を表示

デザインにひそむ〈美しさ〉の法則 [ソフトバンク新書]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デザインにひそむ〈美しさ〉の法則 [ソフトバンク新書]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする