空室ゼロの「プレミアム物件」を作り出す!勝ち組賃貸経営術

  • 51人登録
  • 3.60評価
    • (4)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 西村哲
  • ソフトバンククリエイティブ (2006年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797338713

空室ゼロの「プレミアム物件」を作り出す!勝ち組賃貸経営術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 非常に良かった。今まで読んで来た不動産投資に関する本は、管理会社・仲介会社との付き合いの方法や、どういうリフォームを取り入れれば良いか、など、テクニック的なお話について書かれていた本ばかりだったのに比べ、この著書は、著者の特徴から、建築やリフォーム、インテリア面から述べたリフォームについて詳しく書かれてある。従って、経営的視点からの叙述は他の書籍から比べてやや少なめだが、リフォームに関しては図面や写真が多用されており、大変分かりやすかった。
    アパートだけでなく、自分の部屋にも取り入れたい素敵なインテリアの紹介があった。
    リフォーム後の入居実績の結果についても書かれていたことから、実際に効果のあった投資であることが書かれているが、紹介されている一部の物件のリフォーム例は、万人受けしないのでは?と思うようなものもあったが・・・いずれにしても、読んでも見ても楽しめる本だった。

  • 非常に良かった。リノベーションそのもののテクニックよりもむしろ、目線とかアイディアとか、そちらの勉強にかなりなった。

    あとはこの本の内容を元に自分なりのスパイスをふりかければ、実際に勝ち組になれると思う

  • これからの賃貸経営は入居者に「暮らしそのもの」を提供する必要、入居者のターゲット「20代若者」「キャリアシングル」「DINKS」「アクティブシニア」、外国人も信頼できる保証人をつけ規則をしっかり説明すればOK、高齢者は「高齢者円滑入居賃貸住宅制度」に登録する手も、「古い」:癒しや安らぎ、「狭い」:シンプルなオシャレ感、「駅遠」:静かで落ち着きある生活を演出、今後の人気物件は部屋数よりも大きなLDKの存在、工事費は全国どこでも大差ないが家賃は地域差が大きい、仲介業者に物件を紹介してもらえるよう働きかける、真っ先に紹介したくなる「募集図面」「広告」を作成する、仲介業者のもとに頻繁に足を運ぶ、仲介業者が紹介しにくい物件は「エントランス回りの管理不十分」(清掃が行き届いている・花が飾ってあると逆に紹介しやすい)、エッセンシャルオイルを数滴落としたドライポプリや造花・アロマポット・竹炭をインテリアとして飾る、内寸は入ったオリジナル図面・メジャー・ペン・メモを用意しておく、概要やアピールポイントを明記したオリジナルのパンフを用意、

  • 2008/10/2 読了 
    第8章(p185)参考

  • 賃貸経営をする上で入居率を上げることが必須ですが、いかに他の物件との魅力ある差別化を行うか?費用対効果も考えなければならず、簡単ではありません。コストを極力かけずに、内見者がそこでのライフスタイルをイメージして「暮したい」と思ってもらえる物件を作り上げるための実例が数多く、実践的で大変参考になりました。

  • 不動産投資目指すも、物件購入してない私には先走りの本。
    古い物件をいかに良くリフォームするかの具体例満載。いつか活用したい。

全7件中 1 - 7件を表示

空室ゼロの「プレミアム物件」を作り出す!勝ち組賃貸経営術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空室ゼロの「プレミアム物件」を作り出す!勝ち組賃貸経営術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空室ゼロの「プレミアム物件」を作り出す!勝ち組賃貸経営術を本棚に「積読」で登録しているひと

空室ゼロの「プレミアム物件」を作り出す!勝ち組賃貸経営術はこんな本です

ツイートする