トップ人事コンサルタントが明かす いる社員、いらない社員

  • 125人登録
  • 2.96評価
    • (1)
    • (11)
    • (31)
    • (9)
    • (3)
  • 18レビュー
著者 : 小笹芳央
  • ソフトバンク クリエイティブ (2007年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797338874

トップ人事コンサルタントが明かす いる社員、いらない社員の感想・レビュー・書評

  • 若い人にお勧めしたい一冊

  • 自分自身を知り、環境に対して前向きに取り組めるようにコントロールする力が、「いる社員」の根本的に必要なのかなと思いました。

  • この手の本は「できる社員」「できない社員」でくくられることが多いなか、採用サイドから「いる」「いらない」というくくりで書かれている。さほど目新しい内容でなくても書き方を変えると伝わり方が変わってくる、ということを示す好例とも言えます。最後に出てくる「いる社員」の事例は秀逸。

  • いきなり「いる社員」の具体的な話から始まるので、どういう人を対象にしていて、著者の考える「いる社員」と「いらない社員」の定義は何かというのがわからない。内容に難しいところがないので社会人経験の浅い人向けではないか。
    人を惹きつける話をするための「STAGEの法則」(Situation→Trouble→Action→Goal→Epilogue)で、ストーリーがもたらす価値や意義に該当する最後のEpilogueが重要というのは頭に置いておきたい。

  • 仕事を選ぶ基準ともなる。

    2年ぶりに読み返したら受ける印象が違っていた。

    鉄鎚か、釘か、板か、設計書なのか、ロープなのか。墨なのか。
    会社にはいろんなものがあるので、いろんなものがほしいはずだ。

    会社がほしいものは決まっていない。
    だから具体的にこの人っていうのがない。
    最近こう思う。

    で、著書いわく
    自分で生きている人がほしい。
    めんどくさい人がいらない。

    自発的で、目標があって、勝手に進んでいくけど
    仲間を大切にできる人。いろいろな分野を把握できて、
    全体を見ながら進めることができる。
    失敗経験も成功経験もとても大切。

    やはり他書にも同じことが書いてある。
    人生の目標バーとか、ゴール思考とか、
    意識してできるようにはならないと思う。
    それができる奴っていうのはとても重要だけど、

    せっかくいる社員をとっても、
    いらない社員にとっては、いるいらない抜きに
    嫌いなやつ。になるから、本当はいいものなにに、
    残念だ。


    曰く、いる社員とはくうきよめない。
    ということらしい。
    旧式大手でやっていけない人のようだ。

    くうきよめないんじゃなくて、よまないんだよね。
    平々凡々を目指す空気を読んでいてはいらない社員になる。
    そう書かれていることにする。

  • ◆著者が実体験のなかで得た、「いる社員」「いらない社員」の傾向を語っている。「いる社員」は、MBAなどの「学位」や、語学力などの「知識」だけでなく、「スキル」と「スタンス」、「合理力」と「情理力」が重要。若手社員にお勧めの本。

    ◇自分の仕事の意義を考えること。その仕事がもたらす価値について考えてみること

    ◇ゴールピープル(目の前のことよりも、最終的なゴールや目標を明確にし、そこから逆算し今の行動を明確にする人)かリバーピープル(まずは目の前の川を渡るために、とにかく一所懸命取り組む人)であれ

    ◇モチベーションの「高い人」と「低い人」の違いは「思考の違い」で、思考を変えるには「行動を変えてみる」のがひとつの方法

    ◇変えられるものと変えられないものを分け、変えられるものにエネルギーを注ぐ

    ◇コミュニケーションは技術。伝えたいテーマを一つ決め、その上で「感情」「事実」を含めて語ると上手くいく

    ◇ある程度の不確定要素の中で仕事を進めながら、同時並行で不確定をクリアにしていく力が求められる

    ◇大切なのは、起こったことを「自分のせい」とか「○○のせい」と責めることではなく、物事に最後まで向き合い続けるという姿勢

    ◇?常に考える?約束する?自分を信じる?行動する?責任感を持つ

  • 読始:2011.2.13
    読了:2011.2.14


    単なる指南書として教えが欠かれているだけでなく、実際の人物のインタビューも載っておりよい
    個人名や企業名肌されていない例をあげれば、以下のワードに当たるような具体例も紹介されており、それらがどんなことをいっているのか がわかりやすい。
    表面的な行動ではなくその裏にある“動機”がしっかり見えて学べる

    以下の項目にいくつあてはまるか?など読みながら自身も参加しつつ、自分の性格の傾向がどんなかんじなのかも参考になりよい。



    この本にはこんなことが書いてある(以下裏表紙より引用)
    話し方・聞く力・伝え方・時間の使い方・マナー・人間関係の作り方・企画力・記憶力・質問力・プレゼン力・段取力・論理力・営業力・仮説力・発想力・集中力・整理力・人を動かす力・人間力・鈍感力

  • 和図書 336/O96
    資料ID 2010102200

  • ◆著者が実体験のなかで得た、「いる社員」「いらない社員」の傾向を語っている。「いる社員」は、MBAなどの「学位」や、語学力などの「知識」だけでなく、「スキル」と「スタンス」、「合理力」と「情理力」が重要。若手社員にお勧めの本。

    ◇自分の仕事の意義を考えること。その仕事がもたらす価値について考えてみること

    ◇ゴールピープル(目の前のことよりも、最終的なゴールや目標を明確にし、そこから逆算し今の行動を明確にする人)かリバーピープル(まずは目の前の川を渡るために、とにかく一所懸命取り組む人)であれ

    ◇モチベーションの「高い人」と「低い人」の違いは「思考の違い」で、思考を変えるには「行動を変えてみる」のがひとつの方法

    ◇変えられるものと変えられないものを分け、変えられるものにエネルギーを注ぐ

    ◇コミュニケーションは技術。伝えたいテーマを一つ決め、その上で「感情」「事実」を含めて語ると上手くいく

    ◇ある程度の不確定要素の中で仕事を進めながら、同時並行で不確定をクリアにしていく力が求められる

    ◇大切なのは、起こったことを「自分のせい」とか「○○のせい」と責めることではなく、物事に最後まで向き合い続けるという姿勢

    ◇?常に考える?約束する?自分を信じる?行動する?責任感を持つ

  • ここ数年非常に人気のある会社リンクアンドモチベーションの代<br>
    表 小笹芳央の書いた本.本の全体印象として,雑な感じが残る.<br>
    旬な人に往々にしてある話だから,仕方ないかもしれないがもっ<br>
    と内容をつめて書いて欲しい気がする.<br>
    一つ実践しようと思ったのが,目標・抱負を4半期決算にする,<br>
    という項目かなぁ.<br>
    2008.08.07(Thu)読了

  • とりあえず分かりやすい。
    さらっと読める。
    実はこの社長さんの会社の説明会は行ったことあるんだけど、
    何か宗教くさい(怪しいという意味ではなく、胡散臭いという意味で。精神論を掲げすぎな気がした。)
    臭いがしたので正直あんまり好きではない。だけどまぁ書いてあることはごもっともだし、
    綺麗ゴトを言っているだけなわけじゃないのは分かった。
    あと、各章にまとめっぽいがあって分かりやすいっちゃ分かりやすいんだけど、
    「いる社員」と「いらない社員」が対になって説明されて、両者が互いの正反対のことを述べてあっただけなので、
    どっちか片方だけ書けばいいんじゃない?って思った。
    あと、「まとめ」なのにあんまりうまくまとまっていない(本文中で気になった箇所が抜けている)とは思いました。

  • コミュニケーション能力は天性の力ではなく、スキルである!
    このことを自覚せよ!!

  • 読みやすく、分かりやすい内容。“いる社員”には、脳のシワだけでなく「心のシワ」も必要という点に共感しました。

  • 自分自身が仕事を楽しめるか、そして部下が仕事を楽しめるようにできるかが、
    ポイントかなと。2007/10/08

  • 時々こういう系の本に目を通します。 参考程度に今の仕事人としての自分を振り返る材料(参考)にしております。 定年までは「いる社員」としてやり抜きたいと!思う昨今。
    <9>

全18件中 1 - 18件を表示

小笹芳央の作品一覧

小笹芳央の作品ランキング・新刊情報

トップ人事コンサルタントが明かす いる社員、いらない社員を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トップ人事コンサルタントが明かす いる社員、いらない社員を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トップ人事コンサルタントが明かす いる社員、いらない社員を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トップ人事コンサルタントが明かす いる社員、いらない社員を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする