あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書)

  • 251人登録
  • 3.32評価
    • (8)
    • (19)
    • (50)
    • (6)
    • (1)
  • 27レビュー
著者 : 梅津信幸
  • ソフトバンク クリエイティブ (2007年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797339499

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ロバート キヨサ...
ドン・タプスコッ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書)の感想・レビュー・書評

  • パソコンの仕組みの基礎がわかる本です。
    例えがとても秀逸で、パソコンの初学者には取り組みやすい本だと思います。
    本の最後には、理解を深めるための書籍案内もされており、非常に便利な一冊です。

  • 直接使える内容ではないものの、コンピュータがどのように動いているのかがわかって面白い。

  • コンピュータについて新しい知識や、どういうことが仕組みがあるのかということを知ることができた。

    ・データの中の情報が重要
    ・エントロピー=平均ありがたさ
    ・チャネル=情報を送るためのパイプ

    コンピュータについて知りたいけど知らないというような人は読んでみるといいと思います。
    難しいことも比喩を使って分かりやすく教えてくれています。
    ただ、すぐ使えるようなコンピュータの知識はこの本に記されていないので、そういう方にはお勧めしません。

  • コンピュータについて学ぶ本。
    コンピュータ側から見た人間のチャネルである五感についてなるほど。
    視覚が確かに一番か。

  • これを読んで初心者が何十年も使える知識が身につくのかというのはかなり疑問。ちゃんとした教育を受けた人なら,たとえがなんだかなーという観点から役に立つが。何もしらない人がこの本で知識が身につくというのはかなり疑問。

    味噌汁の重要な成分が塩分というのは間違いだろう。出汁だろう,高血圧の人には塩分は邪魔でしかないから。

  • エントロピーの概念やプログラムカウンタの働きなどを知ることができた。この本はあくまでコンピュータを学ぶとっかかりであると書いてあるので、他の関連書を読んでゆっくり理解を深めていきたい。

  • 理解しているようで理解できていない
    コンピュータ。
    コンピュータの考え方を今一度
    初心に戻って考える一冊。
    結構おもしろいかった。
    エイントロビーとは、チャネルとは・・・・

  • 思ったより、おもしろかった!
    コンビューターのうんたらかんたら~って、
    難しい話かと思ったら、

    例え話が、身近な細かな部分だから、
    ある意味、
    コンビューターの存在意義みたいなのを実感した気がする。

    すこし、最後の方は飛ばし読みで
    理解をしてない部分もできてしまったけど、
    面白い本でした。
    同じ著者の本を読んでみたい気もする。

  • 情報のエントロピーが高いコンピュータの言葉。我々の言葉は情報のエントロピーは薄められ、冗長性が多くなっている。聞き取れない言葉があっても補完が出来るのが冗長性の特徴。非常にわかりやすく書かれている。

  • 確かにコンピュータの基礎理論を紹介している本であり、これから先も基本的な考え方として十分役に立つと思う。しかしながら、たとえが絶妙すぎて、わかりやすいとは言えないと思います。でもSEを目指す人には知っていて欲しい内容です。

  • 分かりやすく書こうとしているのは分かる。ただそれが逆に分かりづらくしてる感も否めない

  • [ 内容 ]
    本書が目指しているのは、小手先の知識ではありません。
    コンピュータについていわば「王道」を堂々と行く内容、10年後、20年後まで役立つコンピュータに対する根本的な理解を伝えようとしています。
    毎日使うコンピュータを根っこの部分からきっちり理解し、コンピュータ全体を見渡せるようになるための大切な鍵が潜んでいます。

    [ 目次 ]
    第1章 その味噌汁の塩分はいかほど?-正味の情報量は意外と少ない(インスタント味噌汁が商品として存在可能な理由 人間の手、ドラえもんの手、そしてコンピュータの手 ほか)
    第2章 油田のパイプラインと伝言ゲームの連続-パイプが細けりゃ、通るものも通らない(パイプをつなげ!はて、どうやって? 向こう側とこちら側をつなぐもの ほか)
    第3章 自動販売機はコンピュータ理解の始まり-あるいは、自動販売機と人生ゲームのステキな関係(自動販売機の気持ちになって考える 入ってきたお金を覚えよう ほか)
    第4章 記憶のカースト制-時間と空間の近さ・遠さ(汝のプログラムを愛せよ 蓄音機の針は踊る ほか)
    第5章 師宣わく「未来は常に移り変わっておる」-コンピュータの限界とその先(チューリングの置き土産 未来へと続く道 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • たとえ過ぎててよくわからんくなることがしばしば。説明内容のウェイトのかけ方も???この出版社の新書は、題材とかタイトルはおもしろいので、それだけに中身が物足りなく感じることが多い気がする。

  • エントロピーから情報の考え方を書いた珍しいコンピュータ解説本。他の本にはない独特な手法でコンピュータを解説する。コンピュータとの付き合い方を考えさせられる。

  • 私にとって、この本のエントロピーは高くない・・・気がする。

  • プログラム的な内容かと思いきや、概念的な記述に力点をおいています。
    その記述も絶妙な例え話でうまくまとめていると思います。
    ただ、文体に若干癖があり読む人を選びそう・・。
    個人的にはかなり楽しめた。

  • 本書はブログで紹介されていて、「自分は本当に理解出来ているか?」と考えた時に
    「理解出来ていない」と思い、即購入しました。ただし、読むのが大変遅くなって
    しまいました。結論から言うと、難しくないが、非常に大切な事を述べていると
    思います。

    内容は、第一章でエントロピーについて易しく詳しく述べ、第二章ではチャネルに
    ついて、第三章では有限オートマンについて、第四章では参照の局所性とメモリ階層、
    最後の第五章で、コンピュータの限界と未来ですね。(目次になってしまいました。)

    もう少し詳しく述べると、大切な情報はエントロピーで表現され、それらはbitで数え
    られる。情報は送る側・受ける側両方のパイプが太くなければ移動中に減ってしまう。
    プログラムとは「はい」と「いいえ」で最初から最後まで繋いでいく。メモリは、分類
    され効率的に記憶され、参照される。最後にバグはなくならないし、未来はそんなに
    明るくない。ですかね。

    個人的には、

    1.どんな複雑な問題も、単純な計算で解決できる(計算量は多くなるが)。
    2.まだまだ情報技術の分野は発展途上的である。
    3.物事は多面的に見る事。

    以上の3つが大切かなと思いました。特に、1のプログラムの思考回路は
    学ぶべき点が多いような気がします。飛躍する事なく、階段をひとつづつ
    登るように、物事を考えていく。まさに数学的思考ですが、それこそ人に説明したり、
    説得する時、なにかを順序立てて考える時にはとても大切です。

    値段も高くないですし、気軽に読めるのでお薦めです。

  • 【2008/09/27】
    コンピュータの仕組みに興味を持つための入門書。情報量、チャネル有限オートマトン、メモリの空間局所性、チューリングマシンでの不完全性を扱っている。だが、あえて計算や理論を使わないように書いてあるため、まわりくどくなっている。

  • はるかかなたに学習した記憶があるものがよみがえった気がする。

  • 今まで、読んだコンピューター関連の啓蒙書の中では平易に語ることに関して最も腐心している一冊。しかし、確かに「根っこの部分」の説明は丁寧だが、コレだけじゃコンピューターを理解したとはとても言えない。したがって、本書のほかにもいくつかの本を読まないとコンピューターを理解することはできないんじゃないかな、なんて思いました。

  •  そもそも情報ってなんだ、コンピュータって何だという知識を、CPUや機械語など難しい話を可能な限り使わないで、一般のPCなんてメールとブログくらいしか使わないって人にもわかるように努力して書いてある印象をうけました。
     構成が悪いのかそれでもちょっと読解力を必要とする部分は感じましたけどね。
     しかし、難しいとされているオートマトンやチューリングマシン、オブジェクト指向などを誰でも理解できる形で示してくれているのはかなり参考になりました。

  • エントロピーを味噌汁に例えて説明してくれる良書。
    コンピュータサイエンスの基礎が分かります。

  • コンピュータ関係の書籍はこのところ必要あってかなりの数を読んできたが、話が情報科学の基礎分野に及ぶと自然科学系の履修経験がある者にも途端にハードルが高くなる。離散数学、情報理論などは初学者にはとっつきにくいし、評判の教科書などでも読み進めるにも骨が折れる。大学の授業やゼミでは噛み砕いてあるいは繰り返し説明される基本中の基本が教科書には書かれていないことが多い。少なくとも、情報とデータの使い分け、有限オートマトンの意味、データ参照の局所性については、いままで数式を単に追うだけで見えていなかった新しい理解を得ることができた。
    ところで最後に門外漢がある分野を新しく勉強する際に、「良書」を一つだけ読むべきか、複数の書籍にあたるべきかに関し筆者の見解が述べられている。筆者は後者を採るが私も同感である。

全27件中 1 - 25件を表示

あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書)の作品紹介

本書が目指しているのは、小手先の知識ではありません。コンピュータについていわば「王道」を堂々と行く内容、10年後、20年後まで役立つコンピュータに対する根本的な理解を伝えようとしています。毎日使うコンピュータを根っこの部分からきっちり理解し、コンピュータ全体を見渡せるようになるための大切な鍵が潜んでいます。

あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書)はこんな本です

ツイートする