お隣の魔法使い 永遠は三つめの願い (GA文庫)

  • 35人登録
  • 3.62評価
    • (2)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 篠崎砂美
制作 : 尾谷 おさむ 
  • ソフトバンククリエイティブ (2008年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797342901

お隣の魔法使い 永遠は三つめの願い (GA文庫)の感想・レビュー・書評

  •  このシリーズはほのぼのでいいね。和む。

  • 購入日:200?/??/??
    読了日:2009/02/16
    二冊立て続けに読んだせいか、このまったりテンポにもすっかり毒されてしまった。
    だが、やっぱり副題と章タイトルは気に入らない。

    この本の最後の話では、友達方面へも恋愛方面へも発展しないメアリーとツクツクさんの二人がちょっとだけ歩み寄ったように見える。
    考えてみれば、この話、ツクツクさんが引っ越して来た頃から普通に仲良くしてたよな。
    変わっていくのはツクツクさんのメアリーに対する呼び方だけで。

  • 既読。
    うわ、メアリーたんとツクツクさんが凄いラブラブな雰囲気になってる!スリッパで。

全4件中 1 - 4件を表示

篠崎砂美の作品一覧

篠崎砂美の作品ランキング・新刊情報

お隣の魔法使い 永遠は三つめの願い (GA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

お隣の魔法使い 永遠は三つめの願い (GA文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

お隣の魔法使い 永遠は三つめの願い (GA文庫)の作品紹介

「渡り猫というは、春の風物詩なんですよ。ああやって紙袋に飛び込んで、生まれた地から遠くへと旅するんです」こんな春一番の吹く日にテラスでお茶をしているツクツクさん。そこに飛び込んできた白い子猫。袋に入ってタンポポの綿毛のように飛んでいくのが子猫たちの冒険、ってツクツクさんは言うけれど…。え?春を数える?しかも単位が猫ってなに?ツクツクさん、また変なことを始めたわね。春一番に吹かれる第一話から、二人の気持ちが少しだけ見える最終話まで、ちょっぴり不思議で心温まるツクツクさんワールド、サードシーズンにご招待です。

お隣の魔法使い 永遠は三つめの願い (GA文庫)のKindle版

ツイートする