数学ガール/フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)

  • 1556人登録
  • 4.13評価
    • (142)
    • (142)
    • (84)
    • (5)
    • (0)
  • 104レビュー
著者 : 結城浩
  • SBクリエイティブ (2008年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797345261

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
フィリップ・マグ...
有効な右矢印 無効な右矢印

数学ガール/フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本はフェルマーの最終定理をサブタイトルに持ってきていますが、フェルマーの最終定理を完全に解説する本ではありません。でも、そこに至る道のりが、程よい難易度で提示されています。本格的にフェルマーの最終定理を勉強したい人は、この本でウォーミングアップして、より専門的な本に挑めばいいと思います。群とか環とか体とかは、数学の教科書では、冒頭でいきなり出現するものだから、どうもいままでしっくりとなじめない感じがありました。この本では、そういった概念がなんで必要なのか、あったほうがいいのか、ということを登場人物たちと一緒に追って行けるところがとてもいいですね。流石、結城浩氏です。5点。

  • 「私はこの本に驚くべき感想を持ったが、それを書き記すにはこのレビュー欄は狭すぎる。」とでも言えば良いのか。まぁいつも通り、ミルカさん、テトラちゃん、ユーリちゃんというラノベ的女性配置とともに、フェルマーの最終定理の証明が段階ごとに示されている。今日も私はミルカ様推し。

  • なかなか頭の方は数学についていけないが、ここまで数学の奥深さを教えてくれる本はあまりないと思う。

  • 数学の内容それ自体は正直ついていけなかったが、
    数学の不思議とか神秘とか美しさは伝わりました。
    そういうふうに数学を語っている登場人物たちが素敵です。

    じゃっかん萌え?っぽいところもありました。
    でも、”僕”みたいな男の子大好きです。笑

  • フェルマーの最終定理の概要の理解を目標に、整数問題を取り扱っている。前作からの登場人物に加え、主人公の従姉妹・ユーリが加わりよりユーモラスな物語となり全体的に読みやすかった。
    フェルマーの最終定理は概要だけでも理解するのが大変だが、そこに至るまでの数々の布石とも呼べる定理の証明はとても楽しい。
    主人公の次々に数式を定義するパワーのある解法。テトラの拙いながらも時折見せる鋭い思考の飛躍。ミルカの効率的でシンプルな証明。
    数学をもっとよく勉強してばよかったと思わせられる。

  • 全部理解しようとすると骨が折れる

    整数問題や素数の取り扱いなど、とっつきやすい(ように見える)内容となっている。小説?としては普通。数学好きな方にはおすすめ。

  • やっぱり数学は楽しいな~♪読むだけでも面白いけれど、特に証明問題は紙に書きながらが最高!(^o^)自分は一人で黙々と問題を解くタイプだけれど、仲間がいるのも楽しそうだな(*´-`)

  • 鳩の巣原理
    n個の鳩の巣にn+1羽の鳩が入ったら、少なくとも一個の巣には、二羽以上の鳩がいる。ただし、nは自然数とする。

  • やっぱりミルカ派である。

    数論導入としても良い教材。思考過程がしっかり描かれているので、数学でどう遊ぶかという遊び方を学べる。

  • 2011/06/23 読了
    高校時代のブックリストから記録

全104件中 1 - 10件を表示

数学ガール/フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

数学ガール/フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

数学ガール/フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)の作品紹介

「僕」たちが追い求めた、整数の"ほんとうの姿"とは?「僕」と三人の少女が織りなす魅惑の数学物語。

数学ガール/フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)のKindle版

ツイートする