幻燈師シリーズ ボクの創る世界 (Flex Comix 幻燈師シリーズ)

  • 82人登録
  • 3.81評価
    • (10)
    • (6)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
  • ソフトバンククリエイティブ (2007年11月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797345476

幻燈師シリーズ ボクの創る世界 (Flex Comix 幻燈師シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 雰囲気が好きです。
    もう少し長くじっくりと掘り下げてもいいんじゃないかな。

  • 基本的にラブコメで、幻燈もそれを盛り上げるための小道具かなと感じた。人間が幻燈を使役するというか。
    最初の話だけはそれとは少し違い、心情の移ろいと幻燈とが巧妙につながっている。魅せたい人がいる、魅せて伝えたいことがある。見開きの幻燈がいい。

  • カザマせんせのファンタジー本。どのカップルも見てて微笑ましい。幻燈師…何か憧れますねv■全1巻所持。

  • <Img Src="http://miruto.org/img/gentousi_02.jpg">
    「空ってきれいだなぁ……」そう思わされる豊かな漫画でした。

  • 景色の描写と、女の子の書き方がすばらしいです。

  • 「ちょこっとヒメ」でもご紹介させていただいている、カザマアヤミさんの最新単行本(2007年11月現在)です。<br><br>
    元々は、Webコミックとして公開されたものでしたが、今回、単行本という形でまとめられ、おまけの書き下ろし(「サマーバケーション」)を含めて発売されました。<br>
    <br>
    「幻燈機」と呼ばれる機械を通して、自らのイメージを具現化させる「幻燈」という能力。<br>
    それをマスターし、プロである「幻燈師」となるべく、アカデミーの「幻燈科」に通う若者たち(一部「普通科」を含む(笑))の、初々しくも真剣で純粋な想いと、そのそれぞれの「伝えかた」が綴られた青春ストーリー漫画です。<br>
    全4話構成で、各話毎に「主役」を持つお話ですが、それぞれのお話は、友人、兄弟、先輩後輩というヒトの線と、物語の展開の時間軸で自然に繋がっていて、全体としてひとつのお話として、彼らの青春の日々を「魅せて」いただくことができます。<br>
    <br>
    気持ちを伝える難しさ・・・<br>
    心の支えを失う辛さ・・・<br>
    表現できないもどかしさ・・・<br>
    離れてしまうことへの不安・・・<br>
    <br>
    形は違っても、かつて自分自身も感じたことのある焦燥感に共感を覚えます。<br>
    そして、それでも「伝えたい」一心で一歩を踏み出していく、彼や彼女の強さと、気持ちが「受け入れられた」瞬間の、穏やかで嬉しそうな表情に、読む者も報われる、温かなお話です。

全6件中 1 - 6件を表示

幻燈師シリーズ ボクの創る世界 (Flex Comix 幻燈師シリーズ)を本棚に登録しているひと

幻燈師シリーズ ボクの創る世界 (Flex Comix 幻燈師シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幻燈師シリーズ ボクの創る世界 (Flex Comix 幻燈師シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幻燈師シリーズ ボクの創る世界 (Flex Comix 幻燈師シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする