無責任のすすめ (ソフトバンク新書)

  • 31人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : ひろさちや
  • ソフトバンククリエイティブ (2008年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797346541

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

無責任のすすめ (ソフトバンク新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「なにも失うものがなくなったので、これからは大いに本音で、無責任を実行する」と断ったうえでの社会批評である。なんだかねえ、こう言われると、じゃあ失うものがあるときは二枚舌でいくのか?と勘ぐりたくなる。これまで読んできた彼の著作がこれで一気に信じられなくなった、これは根源の本である。こういう「本音」は世間知バカが大いに感じ入って、実際にも実行していることだよ。「宗教」の解説者などという職業には、実際には二枚舌的付す気味悪さが必要悪なのかもしれない。

  • 世の中に歪みに対して「責任」という基軸で、いろんな怒りや文句を(無責任に)ぶちまけている。「責任をもつ」ことと「責任をとる」ことが混濁した印象を受けた。主張の内容には、賛同できること/できないことが入り乱れていて、一冊通じた評価は難しいが、いろんな気付きを与えてくれたのは確かだ。宗教家がなぜ政治を批判するのかわからないけど、10年前の自民党支配に対して「もし民主党が政権をとれば....」と憂うのは、今となっては少し痛いかな。しかし、最後の方は、宗教と人生観の関連が色濃くなり、さすがにこうした文脈は読み応えがある。

  • 宗教家として有名な著者が綴った一冊。

    偉い人は責任を取る必要があるけど、そうでない人はとる必要がないと断言、その背景には実際には逆であることが多いからだとか。

    言ってることは至極納得、でも実際にはこの生き方を貫くのは難しそう。

  • [ 内容 ]
    自民党支配、義務教育、いじめ、競争社会、日本型資本主義、宗教家の役割、働くということ…。
    日本を支配する無責任体質を痛烈に批判し、我々国民が取らされようとしている責任を、一体誰に返すべきかを問いかける「怒りの書」。

    [ 目次 ]
    第1章 国民は、あくまでも無責任でいいんだ
    第2章 国家は必要悪だということを認識してほしい
    第3章 日本は、競争原理が支配する地獄なんだ
    第4章 泥の中で苦しむか、泥から出て幸せになるか
    第5章 日本版民主主義は最悪の政治形態なんだ
    第6章 企業のための資本主義には人間らしさがない
    第7章 自分で責任を持てなければ、無責任に仏様に頼ればいい
    第8章 大マスコミが持つべき責任と、無責任な所業
    第9章 宗教って、それほど縁遠いものではないんだな
    第10章 最後にビジネスパーソンの生き方について語りたい

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ■この本を知ったきっかけ
     本屋でみつけて
    ■読もうと思ったわけ
     『「狂い」のすすめ』で結構癒されたので、他の著書も読みたくて
    ■感想
    気持ちのいいくらいの毒舌です。
    政治批判(この時の与党は自民党なので、自民党批判ですね)、社会批判をしてます。

    突っ込むところはありますが、読んでて気が休まるところもあります。

    いまの競争社会が本来人間のあるべき姿か?と問われれば、やはり違うと思う。
    ウサギとカメの話は面白かった。

全5件中 1 - 5件を表示

無責任のすすめ (ソフトバンク新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

無責任のすすめ (ソフトバンク新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

無責任のすすめ (ソフトバンク新書)はこんな本です

ツイートする