地頭力のココロ

  • 222人登録
  • 3.89評価
    • (22)
    • (31)
    • (23)
    • (4)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 細谷功
  • SBクリエイティブ (2009年4月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797346985

地頭力のココロの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 役に立ちそうなのですが、自分の性格やお客様の特性などに合わせて自分の得意なやり方を都度変えていかないといけないんだろうな。

  • 地頭力のケーススタディ

    ・結論から、全体から、単純に
    ・why目的、whatやるべきこと、how実現手段の三層で考える

  • 何をするにも目的から考える。何となくで始めない。

  • WHY-WHAT-HOWで
    物事をわけることができる

    コンサルはお客様のそれぞれの痛みを解消すること。
    押し戻すこともある。それは、お客様がHowの解消を求めているようで、Whatから見直すほうが良いとき。

  • 仕事の進め方に応力力がないことを課題と感じて、この本を手に取った。自分に足りない部分が簡潔にまとめられており、大変参考になった。
    実務にすぐ役立てられるよう、実際の仕事シーンと連動した「地頭力」を形作る思考フレームワークの使い方が紹介されている。
    日々実践して地頭力を身に付けたい。

    ◾︎以下読書メモ
    結論から・全体から・単純に
    Why, what, how
    期待値は①人によって異なる②時間とともに変化する③しかもそれはふくらむ
    whyを常に考える

  • 本質を見るには?

    →why?目的、what?やるべきこと、how?実現手段の順で考える
    結論から、全体から、単純に考える
    問題解決とは依頼者から解決者へのリレーであり、どこでバトンを受け取るかで問題解決のレベルが変わる

  • 単純に考える、要するになんなのか、を考える。
    優秀な問題解決は依頼者からの要求に対して、押し返して考えることができる人。

  • バトンの受け取り方、参考になりました。

  • 自分の頭が弱すぎて、
    IQ上げたくて読んでみた。


    計算ドリル的なものかと思いきや、ロジカルシンキングの本でした。


    本書は、新入社員と中堅と博士的な人が登場して、物語風に進むのですが、先に良書を2冊読んでいたので、すっごく「冗長!」って感じがしました。


    文章で書くから長いんだよなー。
    考え方を図にして、その補足説明だけでよくないか?と偉そうに突っ込んでしまいました。

  • そう、プロジェクトを任されたとき、最高の成果をもたらせたいとき。物事の考え方をわかりやすく説明している一冊です。
    http://bali-navi.sakura.ne.jp/mt4/mt-search.cgi?search=%E5%9C%B0%E9%A0%AD%E5%8A%9B%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%83%AD&IncludeBlogs=5&limit=20

全26件中 1 - 10件を表示

細谷功の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリヤフ・ゴール...
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

地頭力のココロを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

地頭力のココロを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする