レアメタルのふしぎ (サイエンス・アイ新書)

  • 39人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 齋藤勝裕
  • SBクリエイティブ (2009年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797351552

レアメタルのふしぎ (サイエンス・アイ新書)の感想・レビュー・書評

  • 所在:展示架
    資料ID:10900522
    請求記号:565.8||Sa25

  • レアメタルの物理的な特性について知ることができる。

    例えば,磁性が高いのは,ユウロビウムEu, Gd, Tb, Dy, Ho, Er, Tmとのこと。
    昔はKS鋼,MK鋼などが有名だった。
    アルニコ磁石は アルミニウム,ニッケル,コバルト
    フェライト磁石は バリウム,ストロンチウム
    サマリウムコバルト磁石は サマリウムとコバルト
    ネオジム磁石は,ネオジム,鉄,ホウ素 NEOMAX
    希土類磁石としては プラセオジム磁石,サマリウム鉄窒素磁石がある。
    注目する物質は Sm(Co-Fe-Cu-Zr)7。

  • [ 内容 ]
    現代科学はレアメタル(希少金属)の恩恵の上に成り立っているといっても過言ではありません。
    実際のところ、薄型テレビや携帯電話といった身近な電子機器は、レアメタルなしにはもう生産できないというステージまできてしまっているのです。
    産出量が少ないわけではないのになぜ「希少」といわれるのか、そのはたす役割や今後の技術的な展望、世界各国の備蓄問題まで、レアメタルの基礎を楽しくわかりやすく紹介していきます。

    [ 目次 ]
    第1部 レアメタルの基本(レアメタルってなんだろう?;メタルの性質ってなんだっけ?;レアメタルにはどんなものがある?;レアメタルと健康)
    第2部 レアメタルの利用(スペースシャトルをつくるレアメタル;パソコンをつくるレアメタル;リニアモーターカーをつくるレアメタル;薄型テレビをつくるレアメタル;現代科学を支えるレアメタル;第7周期レアメタルの利用)
    第3部 レアメタルのかかえる問題(レアメタルの採掘と精錬;レアメタルの今後の問題)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

齋藤勝裕の作品一覧

齋藤勝裕の作品ランキング・新刊情報

レアメタルのふしぎ (サイエンス・アイ新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

レアメタルのふしぎ (サイエンス・アイ新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レアメタルのふしぎ (サイエンス・アイ新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

レアメタルのふしぎ (サイエンス・アイ新書)の作品紹介

現代科学はレアメタル(希少金属)の恩恵の上に成り立っているといっても過言ではありません。実際のところ、薄型テレビや携帯電話といった身近な電子機器は、レアメタルなしにはもう生産できないというステージまできてしまっているのです。産出量が少ないわけではないのになぜ「希少」といわれるのか、そのはたす役割や今後の技術的な展望、世界各国の備蓄問題まで、レアメタルの基礎を楽しくわかりやすく紹介していきます。

レアメタルのふしぎ (サイエンス・アイ新書)はこんな本です

ツイートする