ソフトウェア開発を成功させるチームビルディング 5人のチームを上手に導く現場リーダーの技術

  • 59人登録
  • 3.44評価
    • (1)
    • (8)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 岡島幸男
  • ソフトバンククリエイティブ (2009年3月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797352436

ソフトウェア開発を成功させるチームビルディング 5人のチームを上手に導く現場リーダーの技術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 朝会やKPTふりかえり、議事録や課題管理など、チームビルディングに必要な要素についてひとつひとつ具体的に説明されていてとても分かりやすかった。
    現場リーダー向けではあるけれど、作業者レベルでも読んでおいて損はない内容だと思う。ひとりひとりが「目的・課題・アクション」のステップを踏んでいけるようにすることが大切。

    <特に印象に残った内容>
    ・チームは最終状態ではなくプロセス。「ウーズスルー志向」で取り組む。
    ・3Pフレームワーク(Pleasure,Pride,Pressure)
     レベルを上げる、質を変える、量を増やす
    ・パーソナルナラティブ
    ・ピーク・エンド効果
     過去の出来事の評価はもっとも強い部分と最後の部分の印象による
    ・チームビルディングのプラクティスは、単発のテクニックというよりは、継続的に取り組むことで身につけることができる習慣
    ・課題管理は何を使うかではなく何を書くか

  • 非常にシンプルなアジャイル開発の基本についての本。
    章の終わりにまとめがあるので便利。

  • 初めてちゃんとチームビルディングとはどういうものか
    わかった気がしますし、既にできている部分もいくつかあったように思います。
    改めて文字で見ることで大事を再認識することができました。
    リーダーとしてチームを良い方向に持って行きたいと考える方には
    ぜひ読んでもらいたいですね
    こんなリーダーにつきたいと思ってもらえるように頑張りたいです。

    http://amba.to/yKOswL

  • 現場に近いリーダーが少人数のチームをどうマネジメントしていくかを示している。「日々じわじわと成長する」と書かれているように派手な方法が載っているわけではないが、それがむしろ現実に沿っていて納得ができた。文章もかなり読みやすかったので、サッと読んでどんどん実践するのが良いと思います。

  • アジャイル開発のやりかたがシンプルにまとまっている本。
    いろいろなものの特徴が簡潔に抽象化されている。

    ウーズスルー、弁証法という言葉を知るこもできた。

    リーダーを育成したいひとも読むといいし、ソフトウェア業界に限らない内容なので、その他のアジャイル本とはその点で大きく異なる良書。

全5件中 1 - 5件を表示

ソフトウェア開発を成功させるチームビルディング 5人のチームを上手に導く現場リーダーの技術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ソフトウェア開発を成功させるチームビルディング 5人のチームを上手に導く現場リーダーの技術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ソフトウェア開発を成功させるチームビルディング 5人のチームを上手に導く現場リーダーの技術を本棚に「積読」で登録しているひと

ソフトウェア開発を成功させるチームビルディング 5人のチームを上手に導く現場リーダーの技術はこんな本です

ツイートする