会社でチャンスをつかむ人は皆やっている! 一流の部下力

  • 109人登録
  • 3.60評価
    • (6)
    • (12)
    • (8)
    • (2)
    • (2)
  • 13レビュー
著者 : 上村光弼
  • ソフトバンククリエイティブ (2009年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797354966

会社でチャンスをつかむ人は皆やっている! 一流の部下力の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 当たり前の事ばかりを書いているけども、その当たり前を意識して仕事ができているかと思うと身につまされる。

  • 単純なビジネスマナー、気遣いは大きい会社で働く上で重要と感じる。本書は速読で読み流す程度だが、重要性は感じた、

  • 数年前に読だきり本棚に置きっぱなしになっていた本書を久々に手に取り読了。本当に一作業員であった当時から比べると,現在の状況の方がより心に響く内容でした。マネージャー職になるまではずっと使えるんじゃないかと思える,大変良い本だと思います。

    本書を通して語られるのは,上司や会社が「やってくれない」ことを嘆く受動型の仕事から,自分が率先して「やってやる」能動型の仕事です。部下だから指示待ちするのではなく,部下だからこと上司を動かすことの重要性が語られます。

    「会社や上司が自分に何かしてくれないことを嘆く前に,自分が会社や上司に対して何を与えているのかを振り返ろう (p.37)」

    日常業務の中では自分以外の視点で周囲を見渡すのは往々にして難しいのですが,本書では上司から見た自分という視点が度々語られます。そして,部下力の高さは咀嚼力・想像力・質問力だと著者は言います。このあたり,以下の例えが非常に腑に落ちました。

    「「上司を銀行・投資家・お客様」とみれば,相手が言葉足らずだろうがなんだろうが,こちらが先回りして考え・行動するしかないのです。 (p.131)」

    周囲みんなをお客様だと考えるという話は良く聞きますが,「投資家」という見方の方が上司という存在をとらえるのにより適切ではないかと思います。
    最近は様々なタスクが並列で走っていて忙しい日々なのですが,本書を通して,忙しさにかまけて自分の仕事の仕方が乱れてきていることにも気づきました。しばらくビジネス書や自己啓発書もろくに読めていなかったのですが,エンジンオイルを交換する感覚で本からセンスをもらわないとだめだと感じます。本書はこれからも(ブックオフではなく)我が家の本棚の一角を占めることになりそうです。

  • 社内政治は仕事をスムーズに進めるための情報交換のシステムとして利用する。
    派閥をうまく利用して情報を得て仕事に活かす。自分の強みを活かして情報網を築く。
    企業では一匹オオカミよりもチームワークのとれる人が求められる。
    上司の褒め言葉はリップサービスであり、下御心がある。

  • 自分が上司だったらどんな部下と働きたいか?上司から一緒に働きたいと思ってもらえる力を部下力と本書では名付けている。上司は親ではない。銀行と同じで信頼関係で成立する。この本には、数多くの気づきがあった。自分の上司の為に何が出来るか考える。それは媚を売る事とは全く違う。

  • 部下に読んで欲しいのはもちろん、部下にどう接するか、どう指導するかの参考にもなる書。

    もう少し早く巡りあいたかった本である。

  • 書いてあることは分かりやすいし納得もできるけど、ぼんくらには耳が痛い

  • 社会人1年目に本を勧めろと言われれば、今後まず本書を勧めることになるでしょう!

  • この本は普段ほとんど行かない地域の古本屋で購入。
    この本を購入したときは異動することなどつゆ知らず。。。

    「一流の部下力 会社でチャンスをつかむ人は皆やっている!」 上村光弼著

    危機管理力を持ち愚痴を言う。カウンセリングルームでcatharsisする。上司の悪口は必ず耳に入る。
    EQ(感情知能)を大切に不快にさせないよう感情に配慮。
    話を遮らずに最後まで聞く。相槌で話を中断させてしまわないように!
    上司のプライドを尊重。人間にはどのポジションでも承認欲求がある。
    虚栄心・プライドが高い人は、幼児期に親の愛情を十分に得ていなかったことがある。
    上司が何に価値を置いているか。アイディアか、筋か、手続きか、プロセスなのか、結果なのか。
    自らの強みで組織に貢献せよ。
    単純作業はテスト。はい。そうですね。
    新部署では3ヶ月間が勝負。でも本当は3日間で分かる。
    小さな自分へのこだわりを捨て、メンタルを強くするためにやる。その結果思わぬ能力を得ることがある。
    仕事のスタンス:should > can > wantという順番で増やしていく。

    今は、ぼーっと時間を過ごしていると、4月からのことを無駄に考えてしまうので、
    自らに仕事を課している状態。

  • うまい仕事の進め方に興味がある時に、図書館で見つけてふと読んでみる事に。目から鱗的な内容はなかったけど、割とオーソドックスなことが書いてあった。見開き1ページごとに基本的に内容が完結してるので読みやすくはあった。いいことも書いてあるんだけど、ちょっと「それって違うんでは/納得いかない」的な内容もあって、あんまりぐいぐい惹かれる感じにはならなかった。

    [読書録]====================
    ■プロローグ


    ■CHAPTER1:一流の部下は「スタンス力」が一流
    上司の信頼を獲得するのは、自由に人、モノ、カネ、情報、時間を使わせてもらえる関係を作るため。

    ビジネスの世界では、Take&Giveではなく、Give&Take。

    問題が発生したとき、自分が原因だったとしたら何か、自分はココからなにを学べるか、を考えられるようになる。


    ■CHAPTER2:一流の部下は「印象力」が一流
    自分の印象は自分では分かりにくい。機会を見つけて上司や同僚に訊くのがよい。


    ■CHAPTER3:一流の部下は「コミュニケーション力」が一流
    自分の言動や態度に対する、相手の感情や解釈へのリスク意識を高く持とう。

    上司には、命令するのではなく質問する。質問によって上司に気付きを与える。
    反論したいときは「YES, BUT」で。一旦上司の思いを受け止めてから。

    報連相は、相手に伝わったと言う確信が持てなければ意味が無い。やりっぱなしは意味が無い。


    ■CHAPTER4:一流の部下は「信頼構築力」が一流


    ■CHAPTER5:一流の部下は「仕事力」が一流
    上司が何を考えているか仮説を立てることで、自分の立場と上司の立場の2つから物事が考えられるようになる。

    自分の強みを把握し、それを常に磨き続けよう。

    できない理由から入るのではなく、どうやればできるかを一旦考えてみよう。

    経営とは矛盾の解決である。


    ■CHAPTER6:一流の部下は「成長力」が一流

    一日三回、自分の行ったことを振り返る習慣を持ち続けよう。

    何をしたいかではなく、何がなされるべきかから考えなければならない。


    ■CHAPTER7:一流の部下は「困った上司対応力」が一流


    ■CHAPTER8:一流の部下は「志力」が一流

    気に入られるためだけにゴマすりをするのではなく、自分の志を実現するために、上司の好意や信頼を獲得する。

    志力=ミッション力+ビジョン力

    ミッション力:自分や自分の仕事、会社の存在意義をはっきりと認識する力。
    何のために、この仕事をしているのかを真剣に問うことが必要。その意味や目的が、意欲や情熱の源泉になる。

    自分の働く意味や夢を見つける切り口の一つは、周囲との関係性の中で自分の存在を振り返ること。
    客観的に自分の存在を考えること。

全13件中 1 - 10件を表示

上村光弼の作品

会社でチャンスをつかむ人は皆やっている! 一流の部下力はこんな本です

会社でチャンスをつかむ人は皆やっている! 一流の部下力を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

会社でチャンスをつかむ人は皆やっている! 一流の部下力を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

会社でチャンスをつかむ人は皆やっている! 一流の部下力を本棚に「積読」で登録しているひと

会社でチャンスをつかむ人は皆やっている! 一流の部下力のKindle版

ツイートする