シヴァ 狼の恋人(上)

  • 148人登録
  • 3.32評価
    • (9)
    • (13)
    • (31)
    • (7)
    • (2)
  • 42レビュー
制作 : 橋本 恵 
  • SBクリエイティブ (2010年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797356571

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
夏川 草介
有川 浩
有川 浩
マギー・スティー...
綾辻 行人
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

シヴァ 狼の恋人(上)の感想・レビュー・書評

  • 狼人間とのラブロマンス。
    甘く切ない気分にひたれます。

    狼のいる広大な森が隣接するマーシーフォールズの町。
    森の傍に住むグレースは、子どもの頃に狼に噛まれたことがあった。
    その時助けてくれた黄色い目の狼を忘れられない。
    冬になると、家の裏手に狼たちが姿を現す。
    黄色い目の「私の狼」をいつも探し求めていた。
    なぜ冬にだけ現れるのか、気づかないまま…

    グレースは、17歳の高校生になった。
    同じ高校のジャックが狼に噛まれ、しかも死体は消えていた。
    ある日、裏庭に黄色い目をした18歳のサムが現れる。
    狼に噛まれたために変身を繰り返す狼人間だが、夏の間だけ、人間の姿でいられるのだ。
    仲間も数人いるという…
    変身するときに隠れられる家を持ち、親のような役割をしていたベック。リーダー格の黒い狼。人間でいたときが不幸だったので狼になれたのを喜んでいる少女シェルビーら。
    サムの視点から、グレースに気づいて貰いたいという気持ちで見つめている様子も描かれ、わかりやすいです。

    グレースは両親とも留守がちで、孤独な少女だった。
    写真好きな友達のオリビアに、いつも狼の話を聞かせていたら、オリビアが撮った狼の写真にドキッとすることに。
    ジャックの妹イザベルは、死んだと思われていたジャックを見かけ、グレースが治療法を知っていると思いこむ。
    だがグレースは変身したことはないのだ。
    狼人間が変身するペースは色々だが、やがて狼のまま人間には戻らなくなるという。
    サムも、この年が最後かも知れない時期に来ていた。
    ためらいながらも、どんどん近づいていくサムとグレース。

    狼人間とは知らないうちから何かを感じて、黄色い目をした狼に恋している少女というのが、変わっていますね。
    詩的でなめらかな描写で、愛しさと哀しみに溢れています。
    「トワイライト」ほど大がかりな展開や迫力はないけれど、ひととき一途な初恋に浸りたければ、ピッタリかも。

  • パラノーマル•ロマンスは読んだことがなかったのですが、今回献本フェアで「狼の恋人」をいただいたので、読んでみたところ、とにかく読みやすくあっという間に読んでしまいました。

    題材も狼人間に恋をするというとてもロマンチックなストーリーで、ゆっくりと縮まっていくサムとグレースの距離にドキドキしたり、互いを大切に思うあまりに、なかなか前にすすまない展開にやきもきしたり。物語の構成がサム目線とグレース目線に分かれていることにより、互いを想う愛おしさや哀しみが彼らの気持ちに寄り添っているかのようにダイレクトに伝わってきました。
    限られた時間の中で、相手を力いっぱい愛そうとする恋物語は、二人の気持ちが通えば通うだけせつなく、そして美しく感じました。

    ひとつだけ欲を言えば、ラストの続きを少しだけ覗いてみたかったです。

  •  パラノーマル・ロマンス。そういう言い方があるのを今回のブクログで知った。一つ間違えれば、何でもありのご都合主義でエエ加減なホラ噺になりかねない処を、しっかりとした物語性を保ってこそ成り立つ世界だと思う。物語の組み立て、なにより人物描写、練り上げられた設定。白けさせることなく、読者のハートを鷲掴みに、最後まで引っ張っていって欲しい。『シヴァ狼の恋人』は上下2巻、時間の関係で途中一度中断したものの、気持ちの上では一気に読んだ。
     アメリカのミネソタ州マーシーフォールズって、狼の群がいる森に囲まれた町。主人公グレースは17歳の女子高校生。幼い頃に裏庭で狼の群に襲われる。グレースはそのとき群の中にいた狼に心引かれ、冬のくるたびに、裏庭に「わたしの狼」の姿を確認するのを密かな楽しみとしている。物語は、グレースと狼の視点から語られる。グレースの狼は、18歳の青年サムが変身した姿だった。
     人狼と少女の恋ときたら、悲しい定めと相場が決まっていたりするのだ。さて、この二人はどうなるんだろうまどと思いつつ、読み進む、これこそ物語を読む至福の時間を堪能した。
     思えば私は、小学校でドリトル先生全十二巻、中学校でツバメ号とアマゾン号全十二巻、ジャングルブック、ターザンシリーズ、平井和正のウルフガイ。変身したり、別の世界に行ってしまう物語が好きだった(今でも好きだが)。
     小中高の頃は特に、何か全く違う存在になって、別の世界に行ってしまいたい、ここから誰か連れていって欲しい、みたいな願望があった。今なら登校拒否や引きこもりしてたような学校生活だったからねぇ。しみじみ。そんな私にとって、物語、小説を読むのは救いだったんだと思う。
     『シヴァ』では、人狼にかまれた人間が同族になる。といっても、闇雲にかむわけでなく、原則のようなものがあるらしい。狼への変身は、人として生き続けられない哀しみでもあり、一種の解放でもある。私もかまれたかったな。いやいや、人間でよかったと今は思ってますよ、はい。
     本書は狼三部作の第一作目とのこと。あとの二作を読むのが今から楽しみである。
     最後に、ブクログのキャンペーン当選で本を送っていただきありがとうございました。改めて感謝申し上げます。

    ※読書マップはこちら
    http://higurasi-no-sono.tea-nifty.com/lib/2010/10/shiver-f370.html

  •  まさにイッキ読みでした。途中で止まらない。(笑)もし、上巻しか手元に無かったら、次の日に本屋さんが開くのが待ちきれなかったと思います。上巻、下巻を手元に揃えて読み始めることをおすすめします。
     最初は、恋愛小説かぁ~、苦手なジャンル。と、思っていましたが、展開が早くあっという間に、狼の世界に引きずり込まれていました。映画化も納得です。このままで一本の映画を見ているような感じです。

  • 変わった目の色をした狼に惹かれる主人公。
    しかしその狼は実は人間で、寒さによって狼へと変身する狼男だった。
    とある事件をきっかけにそのことを知った主人公は彼との距離を縮めていくが、彼の人間でいられる期間が短くなってきていた…

    ◆狼男とのロマンス。
    上巻ではやがて訪れる別れに脅えながら、それでも寄り添う二人の描写がとても切なく描かれています。
    狼男の設定が通常と違い気温で変身する為、作中にはちょくちょく気温が書かれていたり、他にも主人公と狼の両方の視点から書かれている為、文体を変化させたりギミックにも凝っています。

  • 何と無く読み始めたのですが、途中で止められず一気に読み終わりました。
    下巻が手元に無かったので、続きが気になりもどかしかった!!
    切なさと期待と不安を行き来させられ、最後まで息つく間が無かったです。
    とても心を揺さぶられる本でした。

  • すみません、トワイライトが哲学書に思えるほど陳腐。

  • 読んでる間、足の指が冷えてくるのが分かって物語に入っていく。

  • トワイライトの二番煎じな感がいなめなかった。

  • Wolves of Mercy Fallsシリーズの1冊目の翻訳版。
    詩的な感じがして、寒さまで感じるような世界観と、狼男のミステリー。
    読んだ数ページで引込む力があります。まんまとハマりました。

  • 冬になると姿をみせる、黄色い瞳の狼。あたしは彼にずっと恋している。この夏、地元の高校生が狼に襲われた。しかも、死体は消えたらしい。小さな町はその噂でもちきり。そのさなか、血まみれの男が裏庭にあらわれた―幼い頃、狼に襲われたグレース。助けてくれた“黄色い瞳”の狼が忘れられない。だが、彼はふつうの狼ではなかった―世界32カ国で出版の話題作(「BOOK」データベースより)

    異形の者との恋ってヤツですね。
    しかしこの作品は、単純に姿かたちが異なる事が悲劇なのではなく、人としてのすべてを失ってしまうタイムリミットが迫ってくる、という哀しみを設定しています。
    若き青年として現れてくれた〈わたしの狼〉
    夢見ていた事が実現したのに、それはやはり短い夢でしかなかったのか。
    このやきもき感、「トワイライト」シリーズ以来です~。
    ステファニー・メイヤーがお好きだって方にはおススメ!
    ヴァンパイアの次は、ワーウルフものはいかがでしょうか!?

  • 子どもの頃、狼に襲われたグレースは、その時助けてくれた金色の目をした狼を忘れられない。高校生になったグレースは、ある日金色の目をした青年サムと出会い…。

    狼に変身する男の子と女の子の恋愛もの。
    全体的に読みやすい文章でさくさく読み進められました。軽い読書がしたいときにはいいと思います。
    でも、同じ系統なら吸血鬼と恋をする(狼男とは三角関係)トワイライトのほうが面白いと思います。

  • プレゼント応募でいただきました。
    読み終わるのが遅くて、レビューが遅くなってしまいました。
    表紙の狼にそそられて、読みました。あまぁいラブストーリーにちょっとついていけなくて…。でも、あんな聡明で素敵な男子が部屋にいたらたまらないなぁ、って思いつつ…。

  • 届いたその日に上下巻とも読んでしまいました。
    読みやすい文体と、あまーい二人の関係が、するすると読ませてくれました。
    私も自分の部屋にいい男を飼いたい(笑)

    どんどん深刻になっていく展開にハラハラさせられました。
    お幸せに。

  •  献本でいただきました。レビューが遅くなって申し訳ないです……。

     冬になると姿を見せる『狼』、その狼に恋しているグレース。
    10年間グレースを待ち続けているサム。
    ただの狼男ではなく、グレースもただの女子高生ではない、ような……。

     サムが寡黙で聡明で、グレースのことが好きで好きでたまらないみたいなキャラです。すてき。

  • 冬になると姿をみせる、黄色い瞳の狼。小さい頃に狼に噛まれたことのある少女・グレースはそれでもその狼に恋をしていた。ある夏、地元の高校生が狼に襲われた。しかも、死体は消えたらしい。小さな町はその噂でもちきり。そのさなか、血まみれの男がグレースの住む家の裏庭にあらわれた――

    <感想>
    ブクログの献本で頂いて読み始めました。パラノーマル・ロマンスというジャンルは初めてかと思っていましたが、トワイライトとかと同じ系統なんですね。トワイライトは1冊だけ読みましたが、ひたすら吸血鬼の彼を褒めている描写が多すぎてうーん…といった感じでした。この本はトワイライトよりは読みやすいのですが、恋した人が狼だった、というのではなく、もともと狼に恋をしているグレース、に感情移入が難しいかなと思いました。ファンタジー系が苦手な人は難しいかなと思いました。

  • 献本ありがとうございました。映画やTVドラマも好きですが、本で読む場合のパラノーマルはもっぱらHQ系で読んでましたので、途中どれだけ七難八苦あっても、最後はハッピーエンドだと安心して読めたのですが、上巻を読み終えた次点で、これは悲恋で終わる可能性もあるのか、とちょっとはらはら・どきどきする展開です。

    二人の視点が交互に描かれるのが好きです。
    そして各章に記されたもう一つの「数値」が非常に効果的。

    どちらかというと、全体的にグレーがかった空気感。
    美しい風景・静かな音楽・余計な言葉が必要のない、そんなイメージで進む物語。

    むしろ映像の方が、より正確にこの世界観を表現できる気もしますので、すでに決定しているそちらも楽しみですね。

  • 献本キャンペーンでいただきました!
    本を開いて最初に、思ったよりも字が大きく読みやすいという印象を受けました。ロマンスと言うと大人向けのように受け取られてしまいますが、この本は高校生の恋物語という感じです。
    下巻を読むのが楽しみです。

  • 献本フェアで頂きました。
    基本的に、恋愛小説、ロマンス小説というものが苦手なので、最初はどうなることかと思っていたのですが・・・・・
    最後まで、飽きずに読めました。
    翻訳のため、文章の好き嫌いはあるかもしれませんが、非常に読みやすかったです。

    主役二人の、お互いに対する思いだけでなく、それぞれが家族に対して抱いている感情の描写が印象的でした。
    ラストは、まぁこんなもんかなって感じでしたが、オリビアには期待を裏切られた感じです(良い意味でね。)
    最初は、ここまで意味のあるキャラクターだとは思っていなかったので。

    映画化が決まっているということなので、公開されたら見に行ってみようかと思います。

  • 『パラノーマル・ロマンス』という分野、初めて聞いた献本フェアにてありがたくも手元に届いた一冊。
    いや、上下巻で二冊。
    ブクログさま、ありがとうございます!

    この手の映画でしたら観てました。好きなんです。
    外国小説をあまり読まないので(カタカナに弱い)どうかなとも思っていたのですが、まぁなんと、
    面白い。
    読みやすい。
    とても繊細。
    美しい描写。
    グレース視点とサム視点、両方から書かれていて
    それぞれの想い。
    狼との出会い。恋。
    ドキドキする物語。それは非現実的ではなく、
    だれしもが持つ不安、喜び。

    あなたの隣に居る愛する人は、明日もあなたの隣に居て愛してくれますか?

  • ブクログキャンペーン献本御礼。子供の頃に狼に襲われた少女。成長し高校生となった今でも、黄色の目をした狼に魅せられている。その狼が実は人間だった。。。という設定。上巻は謎が提示された程度。下巻に期待。

  • 「ハーレクイン風味のコバルト文庫」という感じでしょうか。
    言い方を変えれば、「翻訳調恋愛小説、少女向け」。

    とても読みやすい文章なので、一気に読めてしまいます。

    グレースとサムの交互の一人称視点で物語が進んでいきますが、その語りが淡々としていて、ふたりの大人びた雰囲気がよく伝わってくるようでした。

    秋の束の間、ファンタジックな恋愛物語をさらりと読むにはうってつけの本です。

  • 読みやすい大きな字で、あっと言う間に完了。

    最初は、単純な狼男の話だと思ったが、グレースの森の奥を見つめる様子がロマンチックで、常に気温を低く感じてしまう不思議な物語。

  • 献本企画で送られてきたので、嬉しくなって読みました。
    パラノーマルものは本でも映画でも好きで、『シヴァ』はその中でも
    王道のパラノーマルロマンス小説だと思います。

    幼い頃、狼におそわれた時に出会ったサムとグレースが17歳になるまで話すこともないのに、少しずつ心を通わせていく純愛物語なのですが、それぞれの家族の話・友人との話・狼人間たちのそれぞれの気持ち・・などが加わり、物語に深みを増しています。

  • ※上下巻読了後の感想です。
    この本については、
    (あくまで原書への評価ですが)以前から良い評判ばかりを聞いていたので、
    近いうちに読もうと原書も買ってあるのですが、
    今回、献本キャンペーンで頂いたので、邦訳版で読んでみることにしました。
    自分の中であまりに期待が高かったので、
    少々不安でしたが、読了後に余韻が残るような素敵な作品でした。

    物語は、章ごとにグレースとサムの二人の視点で描かれています。
    私としては、サムの思いや心の動きの方が細かく描かれていたので、
    グレースのというより、これはサムの物語のような印象を受けました。
    二人は、“ホット”ではないけれど“スウィート”。
    微笑ましい…と言ったらいいでしょうか?
    そんなカップルです。
    サムは、繊細で(本人はこの表現を嫌っていましたが…)シャイで、優しくて、正直。
    読書や詩が好きで、グレースに対する思いや自分の状況を詩で表現しようとしたり、
    グレースに対して、あくまで人間らしい態度で紳士的に振舞おう努力している姿が素敵でした。
    グレースは、実用的(?)で自立している女の子。
    放任主義の両親の愛情に飢えているものの、
    だからと言ってサムにしがみついて、彼のことしか考えていないというわけでもなく、
    行動力もあって良いなぁっと。

    全体的にストーリーは静かで、至る所に登場する冬の寒さを表す描写が切なさを募らせます。
    シリーズ第二作目の“Linger(原題)”が楽しみです。


    一つだけ、不満を言うとしたら…
    表紙を原作と同じにして頂きたかった…すごく素敵なので;


    <あらすじ>
    幼いころに狼に襲われた経験のあるグレース。
    なぜ助かったのかはわからないが、
    彼女はそれ以来、狼の群れや黄色の瞳をもつ狼に惹かれるようになる。
    夏は姿を消し、冬になると現れる狼たち。
    黄色の瞳を持つ狼は、グレースの家の裏庭と森の境に姿を現すものの、
    二人がそれ以上の距離を縮めることはなかった。

    だがある日、町でジャックという青年が狼に襲われるという事件が発生し、
    そのせいで人々の狼への恐怖が高まっていく。
    森を追われそうになる狼を助けようと走り回るグレース。
    彼女がそこで目にしたのは、
    血を流して倒れる“彼女の狼”の瞳を持つ青年サムだった…。
    (あらすじは参考程度でおねがいします。)

全42件中 1 - 25件を表示

シヴァ 狼の恋人(上)に関連する談話室の質問

シヴァ 狼の恋人(上)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シヴァ 狼の恋人(上)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シヴァ 狼の恋人(上)の作品紹介

冬になると姿をみせる、黄色い瞳の狼。あたしは彼にずっと恋している。この夏、地元の高校生が狼に襲われた。しかも、死体は消えたらしい。小さな町はその噂でもちきり。そのさなか、血まみれの男が裏庭にあらわれた-幼い頃、狼に襲われたグレース。助けてくれた"黄色い瞳"の狼が忘れられない。だが、彼はふつうの狼ではなかった-世界32カ国で出版の話題作。

ツイートする