日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方

  • 1282人登録
  • 3.62評価
    • (71)
    • (148)
    • (125)
    • (30)
    • (11)
  • 192レビュー
著者 : 山本敏行
  • SBクリエイティブ (2010年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797361124

日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方の感想・レビュー・書評

  • ・ランチトーク制度
     会社がお昼ご飯代を出す。
     自分より役職が上の者であれば、誰にでも申し込むことができる。
     毎月1回はランチトークを申し込むこと。

    ・デュアルモニターで40%の作業効率アップという結果が出ている。

  • 社員を大切にする、当たり前だけどここまで徹底しているのは素晴らしいと思う。
    一人一人を大切にし、能力を活かせるように工夫する、そうすることで社員が働きやすくなり、自分自身で成長し、それが会社の成長へと繋がりいい循環が生まれているんだと思う。
    また、様々なウェブサービスを有効に利用している点も見習いたい。

  • 社員満足というよりも、ITを使った小技の紹介がほとんど。

    参考になったのは以下。
    マズローの欲求5段階説
    ランチトーク
    ノートーク
    電話、メールの使い方をルール化する
    デュアルモニター

  • ITツールとしてのiPhone支給は今や一般的だろうし、グーグルやSkype、プレイステーションの活用という提案は、企業によってはセキュリティ上使えない場合も多いのではないだろうか。そもそも、他社がパスワード管理するシステムというのは、単純にその点だけでも脆弱性があるからだ。

    どんなビジネス本にも不要な箇所と有用な箇所はあるのだから、その点はご愛嬌。有用に思えた箇所としては、1,こだわる数字を決めておく事 共通概念を持つことや、意思決定の早さに寄与 2,学校の一学級の人数を上限に管理単位とする事 3,電話の使い方 特に3に関しては、私自身のポリシーと一緒のため、非常に共感しやすかった。

  • 目から鱗が落ちました。中小企業が伸びていくためにどんなことが大切なのか。常に無駄なことを排除することに心掛け、大企業に負けないような生き残り戦略をとっていることに驚きました。
    「ランチトーク」という制度では、仕事に関係なく悩みや将来の夢を経営者に語ることができることにすごいと思いました。
    将来の夢というと、必ずしもその会社で関わることでなくてもたくさんあると思うので、そういうことを尊重してくれる経営者であることもすごいことだし、またそうすることで仕事へのモチベーションが高まることを社長も知っているので、素晴らしいと思いました。

  • 会社として継続的な成長を続けるために、一見変わった、顧客・社員のことを考えた徹底したブレない戦略を解説。後半のITスキルの解説も早速取り入れられるものが多くて良かったです。

  • 前半は社員の満足度を高めればそれが会社の利益に反映されるということをたくさんの突飛とも見える実践例の報告で興味深い。強制ではなく、自発的に会社に貢献するような仕組みづくりを徹底しているところがすごい。
    後半はITサービスを利用した徹底した効率化の紹介。紹介されているIT機器やサービスなどは日々新しいものが出てくるので、考え方を参考にさせてもらうことにした。

  • ECスタジオ 大阪 社員数33名 中小企業のIT化
    社員第一主義経営
    サウスウエスト航空

    顧客に会わない・電話を受けない→メール
    社員と会社の夢を一致させる。
    ランチトーク制度→会社支給で上司とランチ
    仕事環境に投資する→パソコンを調子が悪くなっても使っている会社は…
    会議の参加人数は4人まで→動画で後で見てもらう。

    デュアルモニター→2万の投資で効率40%向上
    イーブスター
    プレステでテレビ会議

  • ユニークな社内制度などを実際導入しているお話から始まり、とてもおもしろいと思いました。
    内容の濃さとしては、物足りない感じでした。

    ITのツール紹介など実用的なお話しが後半では列挙されていて参考になりました。

    1冊のボリュームは少ないので、すぐに読み終わるので、ベンチャーの空気や、ユニークな社内制度などの事例を知りたいのであれば、さらっと読む程度にはいいと思います。

  • 内容が少し古かったけど応用ができそう!!

  • 社員の満足度ややる気が何で持続するのか知りたくて購入。ちょっと期待する方向が違ったかも><;

    色んなツールや制度を導入して業務効率化とコミュニケーションを図っていますというお話。2010年発行の本でこの状況なら新しいのかもしれない。

    中小企業特有かもなぁと思った。大企業だと当たり前に整っていることがあったり、中小だから自由に制度を変えられたり。自分は大企業に居るので興味深かった。ツールで補いきれない社員のやる気や気持ちの方向性はどうやって統一されているんだろう。40人という人数がいいのかなぁ…。

    ---------------------------- Memo ----------------------------

    『任して任さず』by 松下幸之助
    部下の能力が10のうち6ならば、4後方支援する。
    部下に成果が出ないからといって怒ったとしても、怒られないために頑張るようなモチベーションは長続きしない。

    遣唐使制度
    他拠点に2週間ほど行ってそれぞれの拠点のいいところを持ち帰る

    機会損失を意識して業務に当たる
    自分の時間単価を上げる事を意識する

  • <閲覧スタッフより>
    大阪に本社を置くECスタジオというIT企業。電話は個々に配布したiPhoneのみ、顧客とは会わない、10連休が年に4回も・・・果たして本当に企業として成り立つのか??そんな企業のあり方もまた、新しい働き方の形をあらわしています。
    --------------------------------------
    所在番号:007.35||ヤマ
    資料番号:10216983
    --------------------------------------

  • 社内で実践しているノウハウが細かく記載されている。
    とても新鮮。

  • 社員の満足度を高めることが会社の価値を高めることにつながる。
    著者である社長が掲げるモットーは特別に珍しいことではない。注目すべきはアプローチの仕方である。
    著者が取り組んだ方法を目次から拾い上げると
    「社員全員にiPhoneを支給する」(その結果、ウェブ上の自社動画をどこでも共有可能になる)
    「ランチミーティングを制度化する」(無理なく上司とコミュニケーションがとれる)
    「オフィスに電話は設置しない」(電話に邪魔されずに仕事ができる)
    等々である。
    もちろん純粋にモチベーションがあがることも期待されるが、同時にいずれも社員の仕事に対する自由度を高めていることだと気づく。
    仕事に縛られずに自由に出社できる、それこそ社員の満足度を高めるためのモットーと読み取ることができる。

    他にも「クラウドの利用」「在宅ワークの勧め」など、つまりはノマド的な働き方を目指している。
    出版時期を考慮すればノマド的な働き方にいち早く目をつけたことは興味深い。

    ただ残念なのが、本書の7割以上は「ビジネスに応用できる便利なウェブ小技集」に費やされ、社員満足度とかそっちの話への掘り下げがないことである。
    逆に言えば、社員満足度を上げるコツは、それだけの単純なこと、ととれるのかもしれない

  • しないことを決める、というは、ルールをシンプルに保つために有効だと感じた。
    あとは、会社の規模を40人に抑える→それ以上必要になったら別会社化、というのもわかりやすくて面白い。
    後半のITツールについては、セキュリティの問題があるので会社の規模によっては導入しにくいが、一読しておくのは悪くない。

  • 他人の会社を少し覗いた気分になった。
    会社の業種や規模によってできる事とそうでない事があると思うけど、読んでるうちに、近ごろ、コスト意識、効率化みたいな考えを忘れてたかなという気がした。

  • ネタバレ

    ◆1章
    社員が満足していない会社は、
    顧客を満足させることは出来ない。

    しないことを決める。
    ①経営理念に共感する会社としか付き合わない。
    ②経営理念に沿うビジネスしか行わない。
    ③会社規模にこだわらない
    ④高価格商品は手を付けない
    ⑤売上目標に固執しない。
    ⇒無理に達成を試みることで、ユーザに迷惑をかけ
    社員は疲弊していく。

    決して怒らないこと。
    力不足の社員には、任して、任さず。

    お客様は神様ではない。
    神様扱い⇒理不尽なクレームを対応するには、
    部下へ理不尽な指示を必要とし、結果
    社員が苦しむ結果になる。あくまで、対等な関係

    ・全社員が経営を学ぶ
    会社のベクトル・ビジョンを全社員が共有することで
    モチベーションは上がる。

    ・マズローの欲求5段階
    ①生理的欲求:生命が守られるか
    ②安全の欲求:衣・食・住を安定させたい
    ③社会的欲求:他人と関わりたい
    ④尊厳欲求:尊敬される存在でありたい
    ⑤自己実現欲求:自分の夢を達成したい

    ②章:非常識な制度
    基本的に社員のことを最優先に考えた制度
    ・ランチトーク
    お昼に上司-部下で食事し、本音を引き出す
    (700円まで支給)
    ・実家へ帰宅資金支給
    遠方の実家への資金を提供することで
    家族と会社の信頼を創る
    ・バースデー
    ・21時強制大金
    ・ノートーク時間設定

    ③章 非常識な戦略
    ・広告費が無い⇒メディアから取材したいと
    思わせることを実施

    ・粗利を常に意識
    ・経費削減<売上増加に時間を投資
    ・売上向上につながる部分を削減しない。
    オフィス経費等
    ・会社は入社する人間で決まる
    応募してくる人間にフィルターをかけるしくみを

    ④3つのIT戦略
     □1WEB
    ・WEBは24時間の営業マン
     2生産性を上げる
    ・仕事環境に投資する
    ・機会的損失を防ぐ
     3未来への投資
    ・積極的に種をまく

    <他>
    緊急度に合わせてツールを使う
    緊急:電話・対話
    通常:チャット
    余裕:メール

    会議は4人まで
    4×時間が消耗していることに気付く。

    デュアルモニタで40%作業効率UP

    イーブースター導入
    マインドマネージャー

  • 色々な仕事術を実際の経営に活用している著者。

    実践しているのは有名な仕事方法も多くあります。
    ただし、自分に顧みてここまで徹底しているか?
    ・・・・と問うてみると、
    答えは・・・でした。

    機会損失を考えて日々業務にあたってないな・・・。

    経営者、リーダー、1人のビジネスパーソン
    全ての役割、立場で参考になることがたくさんありました。

  • EC_studio代表取締役の山本敏行氏の著書。テレビ東京系のワールドビジネスサテライトで取り上げられた事が有るのでご存知の方がいると思います。
    顧客第一で仕事を進めてきた結果、一緒に会社を立ち上げた仲間を失い、社員もすぐ辞めるてしまう最悪の状態に陥ってしまう。この状態を改善するため、1000人の経営はと会い教えお乞う事にした。その結果を元に、会社の方針を策定し、実施した結果、「日本でいちばん社員満足度が高い会社」に認定されるまでになる。
    まず第一の方針は「社員第一主義」、「社員満足度がアップする非常識な制度」、「非常識な制度」、「IT戦略」、そして「ITツールの活用方法」どの方針も目次だけ読んでも、疑問符が頭に浮かぶ事ばかり!しかし本文を読むと、なるほど、読んだだけで、この会社で働きたいと思う事ばかりです。
    この本は、自分の会社の社長に紹介したいと、紹介したいと思う本です。あと後半で紹介されているITツールは、個人的にも利用したいと思いました。

  • 概略

    ECスタジオという会社について書いてある。

    その会社は

    一、社員第一主義

    二、社員第一主義を考えた制度がユニーク

    三、自分の会社にあった人材を採用する

    四、生産性を高めるためITを駆使する



    のようなことを大切にしている会社らしい

    一、社員第一主義を徹底するために以下のことを実践しているようです

    しないこと14ヵ条

    1インターネットを活用できないことはしない

    2株式公開しない

    3他人資本入れない

    4経営理念に共感していただける会社としか取引しない

    5経営理念に沿わないビジネスはしない

    6特定の組織に所属しない

    7社員を首にしない

    8売り上げ目標に固執しない

    9サービス向上に妥協しない

    10守りに入らない

    11高価格なサービスは提供しない

    12会社規模を追求しない

    13日本にプラスにならない事業はしない

    14日本市場だけにこだわらない

    それに加えて、女性社員が働きやすく、怒らないで、勤務時間が短く高給、社員モチベーション診断を受ける、例として産後の社員でも仕事がうけれるように電話が会社になくメール対応だけでやっている

    他には顧客に合わない



    二、社員第一主義を考えた制度がユニーク

    ランチトーク制度、ゴーホーム制度、強制退勤制度、ノートーク制度、アイフォーン支給制度、

    遣唐使制度、バースデー制度、ブルーベリーアイ制度、食券制度、長期休暇制度



    三、自分の会社にあった人材を採用する

    出来るだけオープンに情報を開示、社員は第一志望の人が集まるようにフィルターをかける

    面接の次は体験入社させて人材を確認する



    四、生産性を高めるためITを駆使する

    基本的にウェブサイトを使って注文を取る、ブログを使ってキーワードのフィルターを張り

    YOUTUBEでサイト流入を増やし、ユーアウトリームのオンラインセミナーで受注する

    ウェブサイトをグーグルアナリティクスを使って改善し、プレスリリースをテレビにかける。

    生産性を高めるため時間の使い方を科学するために15分刻みで仕事の仕分けを行い

    効果のないことはやめる。利益を生み出しそうなことには投資する



    ITツール具体的活用法

    グーグルアップスをつかって業務を効率化→すべてクラウド化

    GMAIL,カレンダードキュメント、アンケート機能を使う

    社内ポータルをグーグルサイトで作成する

    サイトとスプレッドシートで報告資料も作成できる

    グーグルビデオで商談・面接・会議を共有化

    デュアルディスプレイ、Eブースター、ショートカットやタイピングを学ぶ

    マインドマネージャーでアイデア、企画をまとめる

    カムタジアスタジオで動画マニュアルを作る

    ログミーインで自分のPCを遠隔操作する

    チームビューアーで相手のPCを遠隔操作する

    セキュリティーソフトはイーセットスマートセキュリティをつかう

    パスワード管理はロボフォームを使う

    アクロニス トゥルーイメージを使って5分おきにバックアップ

    ライブメッシュで部署の書類を統一し1分以内に同期





    コミュニケーションレベルに応じて

    話す、電話する→緊急のクレームなどの場合のみ

    複数人で共有→チャット

    目を通しておく内容→メール

    会議は参加できる人数は4人までにする



    書評・・ノウハウ本の類に入ると思われるので時間がたつと情報はあまり意味がないところもあるが

    基本的にヒューマンリソースを最大化しようとしている取組は勉強になる。ただ業種によってできないところも出てくるので鵜呑みはよくない。



    グーグルアップスの活用については中小企業が最も使えるのは同感で今使っていく最中なので

    勉強する



    今日から変える行動・・

    社員採用のHPを作成して、ブログを継続する、
    ... 続きを読む

  • タイトルをみて惹かれた

    最近は掴みが大事で見出しを大事にすることが多い

    人と会って3分間で全てが分かる ことに通じるところがあるのか

    長時間関わらなくても その一瞬で判断する 

    是非 読みたい

  • 実施している制度やツールそのものがすごい、というわけではなく「社員満足度を上げれば顧客満足度があがる」ということをベースに、様々な満足度が上がる制度を社長だけではなく社員も考え、それを仕組みとして運用していく、というところに価値がある。

    とりあえず、楽しそう。いいね。

  • 本での成功事例の紹介は、抽象的かつマインド重視で、実践しようと思ってもぼんやりしてしまうケースが多いと思うけど、ここで紹介されている人事制度やIT活用による業務効率化のノウハウは、驚くほど具体的かつ納得感があった。

    社員の満足度を上げれば業績も上がるという考えには共感できたし、「制度はあくまで手段であって目的ではないということです。この制度を整えたら、社員の満足度が必ず上がるかというとそうではありません。あくまで生まれてきた制度は結果であって、重要なのは制度を導入するプロセスであるということです。会社の理念やビジョン、経営幹部への信頼や同僚とのコミュニケーションなどの基礎的な部分をクリアしていることが前提で、社員からボトムアップで生まれてきた制度であるからこそ、社員満足度が上がるのです」という言葉には、マネジメントをする上で大いにヒントになると思う。

  • 後半部分のIT戦略は参考にしたいと思った。
    ・デュアルモニターの活用
    ・マインドマネージャー
    ・キングソフトオフィス
    ・プレステでテレビ会議


    また、最後の方の社員の本音アンケートのところで、
    育児休暇や産休休暇を取りやすい制度を求める声が
    多いように感じたので、社員満足度の高い会社でも
    まだまだ育児に対しては不十分なところがあるのかなと思った。

    日本の企業がもっと働きやすい環境で
    出産、子育て等の支援をしてくれる所が増えていってほしいと思った。

全192件中 1 - 25件を表示

日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方のKindle版

ツイートする