織田信奈の野望 4 (GA文庫)

  • 286人登録
  • 3.91評価
    • (20)
    • (33)
    • (19)
    • (4)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 春日みかげ
制作 : みやま 零 
  • SBクリエイティブ (2010年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797361230

織田信奈の野望 4 (GA文庫)の感想・レビュー・書評

  • 3巻の続き。
    そして、アニメ版での終わり部分ですね。
    まず思ったのは、大分アニメと違うんだなと。
    本来戦っていない二人がいたり、いなかったりと。
    個人的には、戦闘ありきの戦国時代と思うのでアニメ版のほうが好きです。
    原作は、萌えが強く羨ましくもあります。
    キャラクターの作り方が上手に思えます。
    会話シーンなど見習うべきと。

    本の内容ですが、薬の効果がきれるシーンがいいですね。
    幻聴、幻惑。
    信奈を襲う表情を、完全にサルが吹き飛ばす。
    王道ですが、ここぞ主人公の見せ場。
    そして、いよいよ次巻で武田信玄がと思いきや、
    お市の動きも気になりますね。

  • たまたまアニメを見て面白いと感じたので、10話が終わった時点で11話放送を待てずに購入し、読みました。
    そりゃいろいろツッコミ所満載ですが、「主人公と素直じゃないヒロイン」という組み合わせが個人的には好きなので、気に入っています。

    ゼロの使い魔も、そう言えば突然異世界へやって来た主人公と素直じゃないヒロインという組み合わせでしたね。(もちろんゼロの使い魔も好きです。)

    この信奈の野望も、主人公相良良晴は現実世界から突然異世界(史実とは違うので異世界とする)にやってきて、良晴の現実世界での立ち位置には一切触れず、異世界でどう生きていくかという形になっています。
    ゼロの使い魔の主人公才人もそうですが、あえて背景を語らず、無地にしておくことで、読者を主人公の動きに合わせて一気に”異世界”へ引きずり込んでしまおうという意図があるのでしょう。

    ですので、歴史物だからといって興味が持てなかった人も、ファンタジーが好きであればハマる可能性はあるかと思います。

  • 撤退戦は結構よかった気がした。
    花の慶次を思い出した。
    戦国武将全員女の子にするんじゃなくて、戦国ランスみたいな感じでよかったような気がする。

  • 金ヶ崎の退却戦がメイン。この辺りまでがアニメ1期。

  • 全ては熱さでカバーしてますな。

    色々突っ込みたいけど、
    面白いと、次が読みたくなってる時点で負けですねw

    犬千代可愛い。

  • 結構極限状態にあった今作。史実とは多少は異なるけれどこれもフィクションでアリと考えれば面白いと思います。

  • 【読了】春日みかげ「織田信奈の野望 4」 今月12冊目

    3巻の引きからの4巻は撤退戦。どんな戦いでも撤退戦というものは厳しくなるものですね。4巻も基本的にシリアスモードなポゼッションサッカーな感じが続いております。

    3巻までは一本道なお話な訳ですが、今回は登場人物たちが分裂していますので、時系列や視点が動きます。その辺が、やや難アリな気がしないでもありませんが、まぁこんなものでしょう。

    「ハイスクールDxD」と同じイラストレーターなわけですが、あっちと比較すると少しエロ成分が控えめなんですよね。時代性ということでしょうか。もっとはっちゃけていいと思います。

  • 戦国ラブコメ4巻。
    金ヶ崎撤退戦をメインの話なのでコメディというよりもシリアスど真ん中なんですが、挿絵とかその他もろもろがサービスショット満載で素敵です。
    最近のラノベはこんなの載せるのかと驚いたくらいです。

    ねね、かわいいよ、ねね。

  • 主人公絶体絶命だわ信奈は焼き討ち命ずるわでシリアス大増量。

全10件中 1 - 10件を表示

織田信奈の野望 4 (GA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

織田信奈の野望 4 (GA文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

織田信奈の野望 4 (GA文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

織田信奈の野望 4 (GA文庫)の作品紹介

突然、戦国時代に飛び込んでしまった高校生の相良良晴。史実とは微妙に違うその世界で、姫大名の織田信奈に仕官した良晴は、戦国ゲームで得た知識を駆使して内政や軍事で頭角をあらわしていく。多くの合戦を経て、上洛にも成功して勢いに乗る織田家-。だが、越前の朝倉義景を攻めに出陣した織田信奈とその軍勢は、同盟関係にあつたはずの浅井家の裏切りにより窮地に立たされる。この大ピンチに際して、自らしんがりに名乗りを上げた良晴には過酷な運命が待ち受ける。そして、逃走する信奈にも魔の手が!?天下布武ラブコメディ第四弾、堂々の登場。

ツイートする