トゥルーブラッド8 秘密の血統 (ソフトバンク文庫)

  • 106人登録
  • 3.89評価
    • (11)
    • (19)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
  • 14レビュー
制作 : 多田 由美  田辺 千幸 
  • SBクリエイティブ (2011年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797361711

トゥルーブラッド8 秘密の血統 (ソフトバンク文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スーキー・スタックハウスのシリーズ8作目。
    やっと出来た恋人クインと連絡が取れなくなり、心揺れるスーキー。
    スーキーの出生の秘密、血縁が多く出てくる話です。

    ヴァンパイアが当たり前に存在するというか、存在を公表した世界。
    ほかのスーパーナチュラルはまだ公表されていないのだが、スーキーのまわりは人外だらけ。
    実兄はピューマ人間の娘と結婚して半ばピューマ人間になってしまったし。

    ハリケーン・カトリーナの襲来でアメリカ南部は大きな被害を受け、ヴァンパイアの社会も影響を受けた。
    ルイジアナの女王ソフィは大怪我を負って療養中。
    その隙を狙うヴァンパイアが暗躍し始める。
    虎人間のクインからは長く連絡がなく、事情がわかっても感情は元通りにならなくなる。

    ルームメイトのアメリアは、魔女。
    魔法に失敗して猫にしてしまったままのボブの件で、魔女として何らかの制裁があるらしい。
    アメリアの実父は有名な実業家で大金持ち、アメリアは仲が良くない様子だが。
    ヴァンパイアとの仕事の件で、スーキーに会いたいと連絡が来る。
    大富豪というのも普通じゃないけど、考えてみると数少ない普通の人間ですね。

    危機に瀕したスーキーを助けようと駆けつけるビルは、ヴァンパイア。
    スーキーを傷つけてしまったいきさつは取り消せないけど、最初の恋人らしい一途な気持ちがとりえ?
    スーキーが勤めるバーの経営者サムはシェイプシフターで、何にでも変身できる強みがあり、スーキーを守ってくれる。
    エリックも、スーキーとひととき暮らした時期の記憶を取り戻す。
    別人のような人格も取り戻せるのか?
    おやおやおや~それぞれに一手次へ進めて、さて、今後は‥?!

    高齢のようだがとても美しい男性に出会うスーキー。
    彼ナイオールはフェアリーで、なんとスーキーの曽祖父。
    ハーフである祖父に接触を拒まれてずっと連絡を取ることができなかったのだが、これからは血縁として付き合いたいという。
    フェアリーの考える家族関係とはなんなのか、わかりにくいのだが‥
    従姉ハドリーの元夫と息子にも会うことになり、今後の展開に期待させられます。
    この余韻あるラストは素敵でした。
    恋愛ゼロでも、恋愛ばっかりでも~ダメよね?って感じ♪

  • スーキーの曽祖父ナイオールが現れる。
    そしてスーキーに混じるフェアリーの血の由来が暴かれる。
    クロディーヌとクロードはスーキーのはとこだった。

    兄ジェイソンとその妻クリスタルの関係に亀裂が入る。
    とうとうクリスタルは身重の体で浮気し、ホットショットの規律に従い、スーキーはカルヴィンの指を潰す。

    シェイプシフターのタニヤはまた怪しい動きを見せている。
    サンドラがまた、デビー・ペルトの恨みでタニヤを使ってちょっかいをかけてくるのだ。
    スーキーはアメリアとその師匠オクタヴィアに頼んでタニヤに魔法をかけてもらう。タニヤはそれによってスーキーに危害を加えようとは思わなくなった。報酬として、オクタヴィアはスーキーの新しいルームメイトになる。

    猫になったボブも元に戻る。彼は自分の叔母を探しにもとの街に戻って行った。

    シュリープボートの狼人間の群れにゴタゴタが起き、ファーナンが死んでアルシードが新しいパックマスターに。

    ベガスのヴァンパイアによるルイジアナの乗っ取りが行われ、ルイジアナの女王ソフィ・アンは死んだ。
    クインが母と妹を人質にとられベガス側についたことで、スーキーはクインに別れを告げる。
    また、生き残った女王のボディガードからベガスの王を助けて、スーキーは王に貸しができる。

    死んだいとこのハドリー、その息子のハンターに会いに行く。彼はスーキーと同じくテレパスだった。


    とにかく色んな事件が起こっては解決した巻。
    今までのように、これといって大きな事件があるわけではないので少々集中力が途切れて読むのに苦労した。

  • 今回はあまり血なまぐさくなかった。エリックがいいとおもうよ。全部思い出したし!!ビルはもうすこしかまってちゃんをやめるといいと思う。

  • ヴァンパイアがメインかと思いきや、いつのまにかスーパーナチュラル全体へと話が移行しているんじゃなーい? な八冊目。
    今回はスーキーの出生にまつわる新事実などが次々と明らかになる回でした。
    ビルはあいかわらず存在感なし。そしてジェイソンが酷かったです。あのシーンは衝撃的だった。保証人にはなるもんじゃないですねw

  • 2012年3月10日読了。

  • 2011年12月11日読了。

    原書をずいぶん前に読んだけど、復習の意味でこちらも読了。
    人間(?)関係がどんどん複雑になってるなぁ。
    でも、だいぶ読み進めてる原書の方とシリーズの内容が頭の中でごっちゃに…。
    今回のスーキーのダーク度は、前巻に比べればまし?

  • シェイプ・シフターも権力闘争中。そんななか、スーキーの素性と新たな心配の種も現れて…。

  • 台風カトリーナの影響で、スーパーナチュラル社会のパワーバランスが崩れ、深くかかわってしまったスーキーもその影響を免れず…。
    この巻で、スーキーの出生の秘密が明らかになります。

  • 今回はスーキーの血族の話でしたね。しかし、相変わらずジェイソンはロクでも無い。ちょっとビルがしつこい感じ。その分、エリックが株を上げてます。

全14件中 1 - 10件を表示

トゥルーブラッド8 秘密の血統 (ソフトバンク文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トゥルーブラッド8 秘密の血統 (ソフトバンク文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トゥルーブラッド8 秘密の血統 (ソフトバンク文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする