さとりの授業 アセンション時代を生きるために知っておきたい大切なこと

  • 125人登録
  • 4.40評価
    • (24)
    • (15)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 阿部敏郎
  • SBクリエイティブ (2010年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797362190

さとりの授業 アセンション時代を生きるために知っておきたい大切なことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 編集を担当しました。

  • 阿部さんの本の中で一番に近いほどわかりやすい。腑に落ちた。

  • 仏教を勉強したい、そして阿部敏郎さんの著書だからと購入。
    幸せになる為の道、その「さとり」を学ぶ為の本で、章ごとに分かれてるエッセイ。

    ・有露地からの脱却
    人は常に色々なこととりとめなく考えていってしまってる。そこから抜け出す為に「無路地」と呼ばれる「今」起こってる全てのことを意識してみる

    ・利他心
    人が成功すると言うことは、その人が自分が何もしなくても幸せになってくれた。 だから素直に嬉しいはず
    人を羨んでいる時はその相手にいい波動を送っていなくて、その結果自分にも悪い波動を浴びせて悪い現実を引き寄せて居る

    ・怒りについて
    怒りの感情が出て来た時に「俺は怒った」と思うとそれは感情と自分が一致しまってるが「これは怒りだ」と言えば、感情と自分は別々になっている

    ・瞑想
    瞑想すると言うことは、思考にコントロールされていたのを、思考をコントロール出来る様になると言うこと

    ・瞬間を生きる
    今日という一日を生きるつもりで目の前の「いま」と言う一度きりの貴重な時間を心を込めて生きる。

    ・死生観
    「死」をリアルに見つめてみる。
    そうすると生きている実感をする。

  • 悟り、という言葉が胡散臭い人へ、真の悟りの意味を教えてくれます。

  • 自分はありのままで良く、自分を高める必要はない。いまここに心を込めさえすれば良いことを教えてくれました。

  • ブログの内容を再編集したもの。
    本で読むとまた味わいが違いますね。

    この本を読んでから、瞑想するととても気持ちが良いです。

  • 読み直して、☆4から☆5に変更。

  • 著者のブログを日々読んでいたこと、翻訳家で有名な山川夫妻がtwitterでオススメしていたのをきっかけに、手に取りました。
    とにかくわかりやすかったです。
    著者がこういった話を25年もしてきたという経験が生み出したのかも?何て思ったりもします。
    今までいろんな方から伺った話が1本の線でつながるように、頭の中でするすると1つのストーリーになった感じです。
    最近、昔よりは本を読むことが増えてきたので、これまで読んできた本の復習みたいな感じでもありました。
    この本との出会いに感謝でした。

  • ちょっとわかりにくいかも。アセンションの話が出るとなんか冷める

  • あなたは既にさとっています。


    さとりとは、どこかの偉い人にだけ訪れる境地ではなく、
    わたしたちが生まれたとから、
    その本質として携えている宝です。


    誰一人例外はありません。

    すべての人はその本質において、
    既にさとっています。

    ただ、すっかり忘れてしまったのです。

    あまりにも身近すぎて見落としているものを、
    再発見するだけのことです。





    ▼ いまを生きる


    唯一大切なことは、自分を高めることではなく、
    いまを生きることです。


    どうやっていまを生きるのかなどと
    考えないでください。


    意識のすべてを、
    いまこのときに向けて生きるだけです。

    考えないでやるのです。

    「いま」がその時です。

    いま以外の時間を想定し、
    段階的な成長をイメージしてはいけません。

    自分が進歩しているなんて思わないことです。


    いつだって、いまあるがままの自分でしかないのですから。


    いま既に、あるがままの自分で
    ゴールにたどり着いていることを知ること、
    それが「さとる」ということです。


    あなたが追い求めているゴールは
    「いまここ」にありますよ。





    ▼ 人生の目的地


    目的地などどこにもありません。


    人生は目的を達するための手段ではなく、
    生きるということ自体が目的なのです。

    だから取り逃がしようがないし、
    失敗もあり得ません。


    失敗の人生も、成功の人生もないのです。


    いまの自分の人生がどのように見えたとしても、
    それでいいのです。


    いままでもずっと完璧だったし、
    これからもずっと完璧です。





    ▼ あるがまま


    目覚めたらどんな人になるのか、
    その答えは簡単です。

    その人自身になるのです。


    さとりとは、いまのままの自分でOK
    だということを知ることなのです。


    自分ではない何かになろうとする態度こそが、
    さとりを遠ざけています。


    あるがままの自分には
    リアルなものがあります。


    完璧であろうとする努力をやめれば、
    物事は自然に落ち着くところに落ち着いてきます。


    自分以外の誰かになるのをやめ、
    あるがままの自分にくつろいだとき、
    心に平安が広がります。


    それがさとりです。





    ▼ いまが本当の人生


    リラックスして、自分がいつも無条件に愛され、
    受け入れられていることを感じてください。


    いまが本当の人生です。


    そして既にいま、
    あなたは自分の想像をはるかに超えた大きな愛に包まれ、
    見守られているのですから。

    あなたが愛を引き寄せたり、
    愛を作り出したりする必要はないのです。

    ただ、静かに落ち着いて、
    自分の心の奥深くに入っていけば、
    そこに愛があります。

    それが「神」とよばれる、
    あなたを生かしている唯一の実体です。

    というよりは、本当のあなたそのものです。

    あなたは無条件に愛されています。





    ▼ 最高レベルの意識


    神とは、私たちのなかにある、
    最も高いレベルの意識です。


    それは優しさにあふれ、
    決して判断したり裁いたりすることはありません。

    ただただ圧倒的な愛の力で見守っているだけです。

    なぜならば、神は何も必要としないからです。


    神は無条件に私たち一人ひとりを、
    想像を超えた深さの愛で見守ってくれているのです。


    それがわかれば、
    人生の流れは一気にスムーズになります。


    自分を妨げるものがなくなり、
    心のままに生きることができるのです。

    心のままに、
    自由に自分の人生を作り出していいのです。


    他人の言葉に惑わされないで、
    自分の真実を生きてください。





    ▼ 心を込めて親切にする


    人生で大切なのは、「何をするのか」ではなく、
    「どのようにするのか」。

    どのように……その答えは簡単です。
    心を込めて親切にするのです。


    どのような行為も、どのような仕事も、
    心を込めて親切にすることです、


    そのような態度で、
    いまここの現実を生き始めたとき、
    それが愛を生きるということです。


    そのような生き方をしていると、
    奇跡が起きてきます。

    なぜなら、愛は神の意志であり、
    宇宙の計画に沿った行為なので、
    そのときあなたは神の仕事をしている
    ことになるからです。


    神はあなたの愛が最も生かされる場所に
    あなたを誘い始めます。

    そのようにして人生が展開しだすと、
    シンクロが増えていき、
    必要な出会いが生じ、
    自分にとって最もふさわしい場所に
    誘われていくのです。


    自分を神の道具として
    使ってもらえるように祈ることです。


    自分が世界を癒すためにこの世に遣わされたことを
    思い出すのです。

    そのとき初めて、自分の人生に
    「意味」が生まれてきます。

全10件中 1 - 10件を表示

さとりの授業 アセンション時代を生きるために知っておきたい大切なことを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さとりの授業 アセンション時代を生きるために知っておきたい大切なことを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さとりの授業 アセンション時代を生きるために知っておきたい大切なことを本棚に「積読」で登録しているひと

さとりの授業 アセンション時代を生きるために知っておきたい大切なことはこんな本です

ツイートする