織田信奈の野望 5 (GA文庫)

  • 276人登録
  • 4.03評価
    • (26)
    • (30)
    • (16)
    • (4)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 春日みかげ
制作 : みやま 零 
  • SBクリエイティブ (2011年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797362220

織田信奈の野望 5 (GA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三方ヶ原の戦いとか姉川の戦いとか結構有名ドコロな戦いがあって、重要人物が死んだりとかなり熱く切ない展開。
    武田信玄と滝川一益が登場で、もちろん?二人共姫武将です。

    単身伊勢に乗り込んで滝川一益の協力を仰いだり、武田陣営に潜入したりと今回も我らが相良良晴は大活躍。
    かなり歴史と変わってきてるけど、この先どう展開していくのか益々目が離せない感じ。

  • シリアス巻といったところですが、後多くの人が重要人物含めて死ぬ巻。
    親子というのがじんわりとするまとまりかたでした。
    戦闘は少なめ。
    主人公がやはり主人公として、輝く巻ということもありますね。
    遺言のパートで、書体が変わっていたのがいいですね。
    哀愁が漂う気がします。
    それと、殺したのかわからないという演出もいいと思いましたね。
    なるほどなぁと。

    個人的には主人公軍がほぼ活躍しておらず、光秀が最初だけだったのがなんかなぁとは思いましたが、ヒロインはデアルカですので仕方ないこと。

  • 武田信玄といえば、風林火山。
    まぁ、やっぱり姫武将?なわけね。
    主人公とヒロインの話はどうでもいいから、早く天下統一してくんないかな。
    でも、統一しちゃったら話かけないか。

  • いやいや、今までで一番良い巻だったと感じました。
    熱いシーンがいくつもありましたね。

    なんかもう歴史とかどーでもよくて、
    逆に歴史上の人物名がついちゃってるのがもったいないくらい、
    オリジナルの物語です。
    なるべく早く次巻読まねば。

    犬千代…の人物紹介が無い…だと?

  • 武田信玄との姉川の戦い編
    ちゃんとラブコメしつつ戦したり切ないところもきっちりと見せてくれて尚且つキャラががっつり成長していっているところがすごいなあと思います。
    Ifモノでタイムとラベルものなのに、辻褄というか割と大まかな歴史の流れ(戦の場所とか)が壊れていないのが面白いです。
    そして意外と爺たちがかっこよくて渋くて好きです。

  • 三方ヶ原と姉川、そしてクリスマス停戦。切ないエピソードが多かった。
    まだ「物語前半」なのか。邪気眼竜は次巻再登場? 黒官は、謙信はいつ出てくる?

  • 史実からどんどん離れていってて先が予想できなくなってきた.タイムスリップ歴史ものはここからが面白い.そしてサルよくやった.あとラストらへんの勘助がちょっと泣けた.蝮もよかった.

  • 今回は姉川の戦いと三方原の戦いがベース。敵方では武田信玄主従、織田方では滝川一益、九鬼嘉隆、宣教師が登場。大体が美少女です。ロリ一益の「~じゃろ」口調と信玄のキャラ(勝千代が信玄を演じている)にグッときました。また、信澄(信奈の弟、史実はの信長の弟は信勝でその子が信澄)のイラストが初登場。男の娘でした。信奈の四面楚歌状態ですが、主人公のせいなのか運なのかどう打開していくか見所です。

  • 明智光秀の見せ場が巻頭カラー挿絵だけだった。
    竹中半兵衛の冴えた軍略も柴田勝家の武勇もなく、
    満を持して登場、滝川一益の銃も火を噴かず、
    主人公相良の奇想天外な行動が戦を終わらせる。

    まぁそこはラノベですから、ってことで。


    それと、風林火山おっぱい。

  • なんだろう、ちょっと物足りない感じ。主人公の活躍不足とそれぞれのキャラが生き生きとしてないような気がしました。

全10件中 1 - 10件を表示

織田信奈の野望 5 (GA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

織田信奈の野望 5 (GA文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

織田信奈の野望 5 (GA文庫)の作品紹介

武田信玄、ついに動く-。最強とも言われる騎馬隊を率い、甲斐から織田信奈を倒すべく軍を進める。さらには、浅井長政と朝倉義景の連合軍も攻め寄せ、織田家は追い詰められつつあった。なぜか史実とは微妙に異なる戦国時代に来てしまい、織田家に仕官した高校生の相良良晴も信奈に勝利をもたらすべく「織田家四天王」最後の一人・滝川一益のもとへと向かう。果たして織田家臣団は、武田信玄軍と浅井・朝倉連合軍の挟撃を退けられるのか?そして天下盗りの野望に燃える武将たちの運命は!?ますます目が離せない天下布武ラブコメディ、第五弾。

ツイートする