一流の集中力 イチロー、中村俊輔も実践する「本番力」の鍛え方 (SB新書)

  • 76人登録
  • 3.65評価
    • (7)
    • (7)
    • (9)
    • (2)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 豊田一成
  • SBクリエイティブ (2011年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797363913

一流の集中力 イチロー、中村俊輔も実践する「本番力」の鍛え方 (SB新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 集中力欲しいです。
    欲するだけでは駄目でトレーニングが必要です。では、この本を読んで、やってみようと思うかです。うん。
    呼吸法は簡単そうだからやってみようかな。
    3つ色をマークしておいて落ち着くもやってみよう。
    青が精神に良いってのもいい情報だった。

    出来ることから始めてみるかと。

  • 請求記号:780.7/Toy
    資料ID:50061265
    配架場所:図書館1階東館 テーマ展示

  • 今の僕にピッタリな内容だった。
    やはりメンタルがすべての土台なんだよな。
    必要な時に必要とする本に出会う。
    こういう流れを察知出来るか出来ないかは大きな違いだ。

  • イチロー選手や中村俊輔選手らが10代の頃にメンタルトレーニングをほどこしたのが著者の豊田さん。そのメソッドと解説に唸らせられるし共感するしです。

    一人で読んでも、心の霧が晴れるようなところがあります。心理学や脳科学を駆使した解説などに。100万人が読んだら、世の中がハッピーになりそうな気もしてくる、共通見解としてこの本に書かれていることを共有したら。

    メンタルトレーニングの骨子は、次の4つからなります。内言(=自己暗示)、イメージング、呼吸法、気功。

    読んでまったく得ばかりのような本です。

  • いかにして集中力を維持するか。その集中力を維持するための気持ちの持ち方が、主な内容。
    科学的な視点だけでなく、氣と言う東洋医学的なアプローチも含めて説明。
    すぐ読めて参考になった。

  • 気功に手を出してみようと思った。

    次は気功に関する本をシントピックリーディングしてみっかな。

  • この本はスポーツ選手を題材にしているけど、音楽の世界にも共通する者があると思った。

    本番でリラックスして本来の演奏が出来るようになる為のヒントがあるように思えた。
    今後とも実践していきたいと思う。

    メンタルトレーニングって普段の基礎技能の反復練習と同様に反復されないと効果は出ないんだよね。

  • 2011.12.19
    ○集中力を発揮させる4つのメソッド
    1.呼吸法・・・入息短、出息長
    2.内言・・・思いを「事実」として潜在意識に送り込め
    3.イメージング・・・「五感」を使って願望を実現化せよ
    4.気功体操・・・自分の中に「眠る能力」を活性化せよ

    ○「気」を入れる=心と身体をひとつにする。
    丹田に集中・・・(-∧-)

    ○中村俊輔のイメージング・・・視覚以外の感覚や情報も連動
    場所、体調、心理状態、運動感覚、自分の姿、聴覚、視覚、色彩
    上記各項目について、あえて言葉にしてみる。
    イメージングと「成所作智」の関係? 言葉との関係?

    ○色彩と集中力
    「空」の色は集中力を高める。

    ○POMS(Profile of Mood States)
    1960年前後にアメリカではじまった情緒の安定度を示す指標。
    1.緊張(不安尺度) 2.抑鬱(失意尺度) 3.怒り(敵意尺度) 4.元気(活動性尺度 5.疲労(無力性尺度) 6.情緒混乱(困惑尺度)

    2011.12.14
    ○TSMI体協競技意欲調査
    1.目標への挑戦 2.技術向上意欲 3.困難の克服 4.勝利志向性 5.失敗不安 6.緊張性不安 7.精神的強靱さ 8.コーチ受容 9.対コーチ不適応 10.闘志 11.知的興味 12.不摂生 13.練習意欲 14.競技価値観 15.計画性 16.努力への因果帰属

    ○心の成長の条件
    心の成長は自分を愛することからはじまる。
    今の自分を認め、今の自分は目標に向かうプロセスにあると思って努力する。
    まず自分を愛し、愛する自分を育てていく。
    今の自分を愛し、かつ、今の自分に満足しない。
    ''ノノ)\c(・ ・o)ハタハタ ヾ(・ ・o)フキフキ

    2011.12.13
    ○目標は4段階で設定する。
    長期の目標・・・人生行路への方向性。「夢」「理想」。
    中期の目標・・・向こう2~3年の人生設計。
    短期の目標・・・直面する課題に対する成果のこと。
    当面の目標・・・いま自分が成長するために必要な能力の習得。

    ○目標設定の7つの指針
    1.未来から逆算して目標を設定する。
    2.目標は熟達を主眼にする(数値や順位ではなく内面)。
    3.五分五分のレベルを基準とする(できることの一歩先を念頭に置く)。
    4.願望ではなく決意である。
    5.達成された目標は再設定する。
    6.状況の変化に対応する。
    7.常に目標とともに行動する。

  • 腹式呼吸

    内言 
    自分の心の内側に向けたポジティブなメッセージ
    「そうありたい」と思うような自分の状態を明確な言葉に置き換えて、「事実」として潜在意識に送り込む

    イメージング
    頭の中に画像を描くこと

  • 目から鱗です。感情や心を自由にコントロールして自分の最高の「気」と行動を引き出す、ということが誰にでもできるのだ。読んでいる間に自信と勇気がみなぎってきたぞ。

全10件中 1 - 10件を表示

一流の集中力 イチロー、中村俊輔も実践する「本番力」の鍛え方 (SB新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一流の集中力 イチロー、中村俊輔も実践する「本番力」の鍛え方 (SB新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一流の集中力 イチロー、中村俊輔も実践する「本番力」の鍛え方 (SB新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

一流の集中力 イチロー、中村俊輔も実践する「本番力」の鍛え方 (SB新書)はこんな本です

ツイートする