織田信奈の野望 6 (GA文庫)

  • 253人登録
  • 3.60評価
    • (13)
    • (23)
    • (31)
    • (4)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 春日みかげ
制作 : みやま 零 
  • SBクリエイティブ (2011年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797364422

織田信奈の野望 6 (GA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 信奈がしっかりヒロインしてるけれど、嫉妬強すぎて色々面倒なことに。
    最後は光秀も遂に・・・で天下統一とはあんまり関係ない所で修羅場中。
    本能寺ゲージもそうだけど、逆本能寺ゲージも溜まってるような気がする。

    今回は漫才と南蛮蹴鞠で大活躍の良晴。
    面白い漫才考えるって大変だよなぁ。

  • 読んでるときに思ったことは、
    「の、信奈が、ひ、ヒロインしてる!?」
    といったもの。
    普通にデレデレしすぎて、相良はん……。
    7巻のための6巻といったところですかね。
    そのため、面白みは次巻の方が強かったですと、先の話をしてもしかたない。

    内容は戦国サッカー、漫才といったもの。
    そして、浅井(お市)と信澄の運命はいかに。

    少しずつ歴史を信奈(この物語)のために起こし、着々と修正してる。
    そんな錯覚を受けました。
    10年に続く戦闘がわずかの時間で蹴りがつくようになるとは思いもしない。
    アニメでも今川は蹴鞠してましたが、ここにきてフラグが!
    強すぎでしょ! と思うも直ぐ様サヨウナラ!
    まぁ、いたらいたらで話はつまらないですし、苦戦という文字のためにはしかたない!
    超能力じみた攻撃に対しては、超能力じみた攻撃で。
    そういった攻防でしたね。
    何にしても、良晴がラストシュートを決める辺り主人公してるなぁと。
    未来を勝ち取るというものですね。
    その後の挿絵は本当に幸せになってほしいなと言わんばかりです。
    この物語の終局を下すのは、『本能寺の変」。
    それがどう起こってしまうのか、気になる一巻でした。

    そして、いよいよ次の巻にて、
    浅井朝倉編が終わりを告げるということですね。

  • 戦国の世に飛ばされた高校生と天下の覇権を巡って美女と美少女と美幼女が猫耳サッカー対決。高山右近の漫才が気になってしょうがないです。

  • この本は、挿絵:本文=9:1 くらいか。
    大阪で漫才やる暇があったら、もっとほかのことしろよwww

  • なかなかにひどい話でしたねw(誉めている)

    生き抜き巻てことでしょうか。
    意外とサルは万能選手ですね。
    むちゃくちゃな話ではありましたが、
    それなりに面白かったです。

    犬千代影薄くなったな…

  • BOOK☆WALKERセールで買って一気にここまで読んだ。お気楽に楽しく読めるけど、だんだん無茶な感じになってきた。

  • ようわからん漫才と蹴鞠だけの話。
    シリーズで一番おもんないわ。

  • 久々のラノベ的ラブコメ(良い意味で)。
    今回は一揆イベント回避のために笑える展開で進めた。

    もっと挿絵があればよかったのに。

  • 猫の本願寺って。。。。

  • 軽快なやり取りは健在で読んでいて面白い作品なのは間違いないんですけど、流石にネコ耳はどうなの?
    せっかく前回の信玄との戦いで凄く盛り返してきたと思ったのに・・・。

    ラノベとしてはいいけど、脱線しすぎを指摘せずにはいられない。

全19件中 1 - 10件を表示

織田信奈の野望 6 (GA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

織田信奈の野望 6 (GA文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

織田信奈の野望 6 (GA文庫)の作品紹介

強敵・武田信玄との対決を辛くも凌いだ織田信奈と家臣団。戦国時代になぜか来てしまい、織田家に仕官して大活躍中の相良良晴と信奈の関係もぐっと接近するが、空気が読めない明智光秀が良晴との祝言話を蒸し返して信奈は嫉妬の炎に身を焦がす。そんな織田家にまたもや新たな敵の気配が!それは、猫を崇拝する大坂の本猫寺。広範な影響力を持つ彼らとの対決を避けるために良晴は本猫寺に乗りこんで和睦交渉に臨むが、「女難の相」に憑かれた良晴は予想もしていなかった運命に巻きこまれる。天下布武ラブコメディ第六弾。

ツイートする