一瞬で人生が変わる! アウトプット速読法

  • 156人登録
  • 3.72評価
    • (9)
    • (18)
    • (17)
    • (1)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 小田全宏
  • SBクリエイティブ (2013年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797365269

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
三浦 しをん
クリス・ギレボー
有効な右矢印 無効な右矢印

一瞬で人生が変わる! アウトプット速読法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 以前速読法に興味を持っていたことがありましたので、FBの友達が話題にしていたこの本を読んでみました。この本が出版されたのは昨年(2013)5月頃ですが、この本に書いてある内容のポイントは、私が以前に学んだ、神田昌典氏によるフォトリーディングに近いものがありました。

    特徴的に思ったのは、第一回目の速読(スキミング)で、本の後ろから読み始め、1ページ2秒と具体的な数字で示している点でした。また興味ある部分をポストイットで際立たせる点も私が今やっている方法ですが、この本の著者である小田氏が推奨している特徴だと感じました。

    ポイントは、本を読むからには自分の身になるような読み方が大事、そのためには読んで得たことをアウトプットすることを意識して読もう、そのためには本を読む目的が必要になるというものです。

    また必要な情報はパレートの法則(2割の部分に8割の重要なものが存在)に従っている、さらに著者が言いたい点が凝縮されている、本のタイトル・帯に書いてある情報、目次、はしがき・あとがき、に注意を払うべしという点です。

    小田氏も年間500冊程度読んでいるようですが、この程度が身になる速読法としては丁度よい量なのでしょうか。私も以前、更に速度を上げるべく、類書にあった「目を速く動かす、一度に数行読む、呼吸を工夫する等」方法を試しましたが、著者ができなかったように私のそうでした。本に最初にそのような体験談が書いてあり、共感しながら読ませていただきました。

    以下は気になったポイントです。

    ・1日に5-10冊読める読書法が会わなかった理由として、1)習得までの難易度が高い、2)継続的トレーニング必要、3)情報をインプットすることにのみ特化、がある(p8)

    ・本を読んだ内容を、しっかり理解して、その内容を「アウトプットできる」ようになって初めて人生が変わる。人に話せるくらい内容をしっかり覚える、そしてその内容を「実際に使えるようにする」ことが大切(p10、12)

    ・この方法は、目を速く動かす必要もページを速くめくる必要も無い。なぜこの本を読むのかの目的を明確に、読みっぱなしにせずに必ずアウトプット(人に話す、ノートにとる、実体験する等)こと(p19)

    ・30分で2冊読むためにやること、1)目次・はじがき・あとがき・著者プロフィール・帯に目を通して、中心点(本の主題)をつかまえる、2)本をパラパラめくり、気に止まった箇所をチェック、3)チェックした部分を読む(p39)

    ・下地となる知識が多いほど、本は速く読める。わからない、をなくすために自分のレベルに合った本を手に取る(p50)

    ・本を読むエネルギーを高めるには、1)本を読む目的・理由を明確に、2)興味のある本、読む必然性のある本を選ぶ(p56)

    ・アウトプットを前提としてインプットすると、インプットできる。人に話すことを前提に本を読むと、内容がしっかり記憶される、人に話すと更に忘れにくくなる(p84)

    ・サマリーリーディングは、読むのではなく「見る」、見開き2秒で中心点に関わる部分をピックアップ(p118)

    2014年5月18日作成

  • 新奇な内容ではないが、まともな書である。他の良書でも良いが、本書は読んで損はない部類に属する。

  • 題名のとおり、アウトプットを意識してインプット(読書)しましょうというという内容。さっそくアウトプットしようということで、このレビューを書いている。

    紹介されている速読法についても、いわゆるフォトリーディングなどと違って実践可能なもの。
    サマリー・リーディング、ピンポイント・リーディングは今までやっていなかったので、取り入れてみたい。

  • 大崎Lib

  • フォトリーディング等の様々な速読法を試していた時に出会った本。
    この本では、アウトプット(人に話す、行動に移す)を前提にした読書法を様々な内容で解説しています。

    具体的なステップとしては、
    1、目標設定(本に聞きたい質問を考える)
    2、中心点をつかまえる(目次把握)
    3、サマリー・リーディング(文字を追わず、ページ全体を見て、重要用語をピックアップ)
    4、ピンポイント・リーディング(ピックアップした周辺を読む)
    5、アウトプット(5分間他の人に話す)

    といった5つのステップで、今までの間違った考えを知り、目から鱗でした。
    サマリー・リーディング内に本にもパレートの法則(8割は無駄で、2割が読むべき所、その2割の中の2割がなるほど!)が当てはまるという内容が印象的でした。

    筆者も本の内容がわかれば、1枚の絵で描けると言っているように、書中の挿絵を追うだけでも、わかりやすい本です。

  • 目的とアウトプットを意識することで読むスピードお内容を記憶する力の向上が可能になる

  • サブタイトルが「一瞬で人生が変わる!」となってますが、本を読むだけで行動が伴わなければ人生を変えられるはずがありません。著者の主張もまったくその通りなので、この本で唯一違和感を覚えたのがこのサブタイトルです。

    この本のポイントは、
    •単なる速読の技術をいくら身につけても、内容を覚えていなければ無意味
    •その本から何を吸収したいかを明確にすることで読むべき箇所が明確になり、結果的に速く読める
    •アウトプットを強く意識して本を読むことでインプットされる
    •インプットしたことを他人に話す、文字にして発信する、日々の行動に取り入れるなど実際の行動に結びつけることで人生が変わり始める

    基本的にはこの主張が終始繰り返されていきます。

    読んだ本の内容を忘れた、ということはありえない。そもそも理解も記憶もしていないだけだ、という考え方も基本的に私と同じです。

    すべての本から学びが得られるわけではありませんが、これは!と思う内容に出会った時には必ずメモすると同時に、どうやって自分の行動に取り込み血肉としていくか、そのあたりの工夫が楽しくもあり、難しくもありますね。

  • 何のために本を読んでいるのだろう?
    本を読むのは、人生をよりよくするための手段の一つだ。
    本を読むことが人生の目的ではない。
    本を人生の糧にするには、インプットからアウトプットへつなげることだ。
    本の内容を自分なりにまとめたり、人に話したり。ともかく行動することだ。

    本を早く読み終えたいのは、浮いた時間でもっとたくさんの本を読みたいから。

    平野啓一郎

    アウトプット速読法 5つのステップ
    ① 目標設定
    自分は何を求めているのか。
    「何かが欲しい」は、何も求めていないのと同じ。
    目的が明確であるほどよく進む。

    「自分が生きる上で必要なものは何か」
    「自分の課題を解消する答えは何か」
    「自分の目的を叶える情報はどこにあるのか」

    求めるものがなければ心に響くものもない。

    古教、心を照らす。
    心、古教を照らす。
    小関禅師

    疑問を持つと、偶然が、答えを運んでくることがある。
    ユングはこの現象を、「シンクロニシティ」と呼んだ。
    信心深い人は、神の導きと呼ぶ。
    疑問点に対する検索能力が高まった結果だと言うこともできる。

    重要なのは、疑問を持ち、答えを手に入れたということ。

    ② 中心点をつかまえる。
    中心点とは、メインテーマ、主題、著者の関心事のこと。
    タイトルや帯、目次、著者プロフィール、「はじめに」、「おわりに」から推測する。

    ③サマリー・リーディング
    本の後ろから前へ、ぱらぱらめくって、大切そうな場所をチェック。
    本当の一文を探す。

    ④ピンポイント・リーディング
    サマリー・リーディングでチェックした箇所を前の方から順に読む。

    イメージを連結させると物語になる。
    イメージできなければ、「わかっている」とはいえない。

    ⑤アウトプット
    行動を起こす。
    3次元が一番。

    本が人生を変えるのではない。本から何かを発見して、何らかの行動を起こしたら、人生が変わるんだ。

    『奇跡の脳』ジル・ボルト・テイラー
    立花隆 脳についての研究

  • 本は何の目的もなしにただ読むだけではいずれ忘れてしまう。
    この本は、最終的に人に話すことを前提にして読むアウトプット速読法だ。人に話すことを前提に読むと、内容の要点をつかもうとしながら読む為記憶に定着しやすいと言う。そして、読むことによって得た知識を実際の行動に移すことにより更に記憶が深まるのだそうだ。
    速読法と言うからには読み方のコツもあり、挿絵で分かり易く説明している。
    文調は堅苦しくなく、読み方のプロセスを丁寧に伝えている。
    実践してみたいと思わせるような一冊。

  • ”読書は「アウトプット」が99%” に興味があり、類書としてこの本を見つけた。

全23件中 1 - 10件を表示

一瞬で人生が変わる! アウトプット速読法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一瞬で人生が変わる! アウトプット速読法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一瞬で人生が変わる! アウトプット速読法を本棚に「積読」で登録しているひと

一瞬で人生が変わる! アウトプット速読法の作品紹介

目を速く動かす必要ナシ。右脳を使う必要ナシ。まばたきOK。目からウロコの超簡単速読メソッド。

一瞬で人生が変わる! アウトプット速読法はこんな本です

一瞬で人生が変わる! アウトプット速読法のKindle版

ツイートする