ビックリするほど遺伝子工学がわかる本 遺伝子診断から難病の治療薬、クローン、出生前診断、再生医療の可能性まで (サイエンス・アイ新書)

  • 13人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 生田哲
  • SBクリエイティブ (2015年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797365429

ビックリするほど遺伝子工学がわかる本 遺伝子診断から難病の治療薬、クローン、出生前診断、再生医療の可能性まで (サイエンス・アイ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仕事で必要になり慌てて購入。文系の私でも「何をしているか」「どうやっているか」の基本は何とか理解できたと思います。ここを土台に類書を読めばさらにわかるのではないかと。1冊目としては良かったと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

生田哲の作品一覧

生田哲の作品ランキング・新刊情報

ビックリするほど遺伝子工学がわかる本 遺伝子診断から難病の治療薬、クローン、出生前診断、再生医療の可能性まで (サイエンス・アイ新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビックリするほど遺伝子工学がわかる本 遺伝子診断から難病の治療薬、クローン、出生前診断、再生医療の可能性まで (サイエンス・アイ新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビックリするほど遺伝子工学がわかる本 遺伝子診断から難病の治療薬、クローン、出生前診断、再生医療の可能性まで (サイエンス・アイ新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビックリするほど遺伝子工学がわかる本 遺伝子診断から難病の治療薬、クローン、出生前診断、再生医療の可能性まで (サイエンス・アイ新書)の作品紹介

遺伝子工学を知らなくても、わたしたちはこの技術を利用した遺伝子診断キットやさまざまな治療薬、出生前診断サービスなどを使っています。
さらに今後期待されるiPS細胞を使った治療も、この遺伝子工学を利用した治療なのです。
本書ではこの遺伝子工学について、どういう技術かを基礎のキソから解説するとともに、その可能性について紹介していきます。

ビックリするほど遺伝子工学がわかる本 遺伝子診断から難病の治療薬、クローン、出生前診断、再生医療の可能性まで (サイエンス・アイ新書)はこんな本です

ツイートする