声優のたまごが、俺の彼女だったようです。~ぱんつの中身は大事です! ~ (GA文庫)

  • 52人登録
  • 2.53評価
    • (1)
    • (0)
    • (8)
    • (3)
    • (3)
  • 5レビュー
著者 : 花花まろん
制作 : 双龍 
  • SBクリエイティブ (2011年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797366402

声優のたまごが、俺の彼女だったようです。~ぱんつの中身は大事です! ~ (GA文庫)の感想・レビュー・書評

  • 【本棚無】同級生が声優の卵だった。そんな彼女にとある事情からお願いされて、彼氏になる主人公。
    イチャイチャイベントをこなしながら、彼女と二人三脚でオーディションに望むお話。

    ヒロインがメガネ外したら美人って、古いネタつかってるなぁ。そしてネガティブ系か……好みではないな。

    キラ*キラとか、☆とか擬音語多め。パンツも異能もなしにして、普通に青春おくった方が楽しかったんじゃないかな?

  • GA文庫大賞期待賞受賞作.
    期待賞ってなんだよ.
    今後の活躍に期待するってアレですかね?
    いや,適当に言ってるけど.

    ちょっとアレだな.
    「☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆…」とか
    「キラ*キラ*キラ*キラ*キラ*…」とか
    意味がわからんな.
    そういうところが無ければもうちょっと普通な気分で読めたんじゃない?

    今後に期待だね().

  • アホっぽいのがおもしろい

  • 駄作。いろんな意味で、崩壊している。

  • 中学生アイドル声優(のたまご)の話。内表紙は眼鏡なしバージョンだし、こちらを表にするべき!! NDDとSGHと主人公の能力がファンタジー。ツインテールなキラ子がかわいい。

全5件中 1 - 5件を表示

声優のたまごが、俺の彼女だったようです。~ぱんつの中身は大事です! ~ (GA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

声優のたまごが、俺の彼女だったようです。~ぱんつの中身は大事です! ~ (GA文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

声優のたまごが、俺の彼女だったようです。~ぱんつの中身は大事です! ~ (GA文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

声優のたまごが、俺の彼女だったようです。~ぱんつの中身は大事です! ~ (GA文庫)の作品紹介

「…やっ、ちょ、だ、だめです」「もう我慢できないの?まい」高慢と欲望が滲む声で百瀬まいを責め立てているのは、雲英埼玲奈だ。「こ、これ以上は…」「これ以上は、なんなの?そんな顔して、はしたない子ね-」「ンひゃんっっ!」-誰か、俺(藤崎拓真)の存在理由を教えてくれないか?美少女二人の絡みは、とても演技とは思えなくて-そう、彼女たちは声で演技をする「声優」なのだ。関係ないはずの俺もなぜか巻き込まれ演技をする羽目に…ってなんで俺が!?「美少女×俺=声のラブレッスン」いよいよスタート。

声優のたまごが、俺の彼女だったようです。~ぱんつの中身は大事です! ~ (GA文庫)はこんな本です

ツイートする