大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動 (SB新書)

  • 389人登録
  • 3.53評価
    • (16)
    • (33)
    • (49)
    • (7)
    • (1)
  • 54レビュー
著者 : 沢田健太
  • SBクリエイティブ (2011年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797366471

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
村上 春樹
三浦 しをん
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動 (SB新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メディアセンターに購買申請を断られたので自分で買って読んだ本。
    断られたくらいなのでアカデミズムから程遠い内容なのかしら、と覚悟して読んだものの、以前流行した『就活のバカヤロー』より何倍も的を射ていて面白かった。
    あの著者はライターだったが、この本の著者は企業に務めた後の大学キャリアセンター職員。しかし、後者の方が教養があったように思える。

    肝心の内容も面白かったし、意見も共感できるものが多かった。
    理想と現実の両面を知っていないと書けない文章だなと。

    個人的には、最後の保護者に関する章で、「私が保護者だったら子供を会社の飲み会に連れていく」という意見が新鮮で印象的だった。
    確かに、会社人と一定以上短い距離で話せるいい機会だなと。
    まあ、僕個人に関して言えば無理だけど…笑

    というわけで、軽く読める本としてはおすすめ。

  • 2011年刊。大学生の就活について、募集側・大学・学生(含む保護者)等多様な側面から現状解説。ぶっちゃけ話も多く、キャリアセンターの長短、募集側の裏面、学生の問題(個性の履き違え。資格信仰の誤謬)、大学間学歴格差、大学の就職率水増しのカラクリ(高校や塾の大学合格率と五十歩百歩の感)等、極めて良心的に事実開示。ブラック企業の実情、若年人事担当者増加の負の側面、企業説明会や初期の面接は就活の場でなく、企業宣伝の場という点は周知されるべきとの印象。OB訪問や社会人との呑みニケーションに一定の価値を置くのも同感。
    アルバイトやクラブ参加の重要性を感じる一方、大学教育でなされる可能性ある文章作成力、表現力、専門教育で得られる思考力(二項対立の視点や、法学的ならば規範定立と事実への適用、ディベート力)等も捨てがたい。いっそ、卒業前の一年間は留年ないし休学(ただし、授業には出るし、ボランティア・アルバイトに精を出す積極的休学)し、5年目に突入する前くらいに就職活動を精力的に行う、というのでは駄目か。
    大学受験の済んだ高校生か、大学受験前の高校2年生くらいに一度読むと、大学でなすべきこと、なしたほうがいいこと、今なすべきことが見えてくるかもしれない。

  • 大学では、手探りのキャリア教育が行われている。この本の内容は、今までのキャリア教育の現場を簡潔にまとめている。今一度振り返るために全体の概要を知る良いきっかけとなった。

  • 「機械の平等」以上に「現場の混乱」をもたらしたのが、ナビサイト主導の就職・採用活動なのだ。
    説明会では「親切でいい会社だったね」という印象さえ残ればいい。

  • もはや古い就活だけど、最終章のもしも親なら〜は参考になった。斜め読み。
    2015.08.27

  • 前回読んだ本と違ってインターンを重視していなかった点が引っかかったものの、説明会の雰囲気・内容を鵜呑みにしない大切さを知った。
    就活はあほらしいけど、だからこそ手を抜いてはいけないのだと思った。

  • これは賛否両論あるだろうな・・・
    今までみんな分かっていながら誰も書かなかったみたいな.
    最初は「うんうん,わかるわかる」と笑える話として読み進めたが,最終的には,大学教員であり大学生の父親でもある私にとって,すぐにでも具体的に取り組むことができる指南のようなものも多数あり,非常に満足だった.
    どう行動するかが問題ではあるが.

  • 大学キャリアセンターの職員の立場から就職活動を解説。大学キャリアセンターを中心とした大学職員の実態なんかも知れて、なかなか興味深かった。

  • 大学生の就職活動を取り巻く現状について、筆者の経験から述べられている。
    学生、大学、企業のそれぞれが有する問題点を辛辣に述べているのは、読んでいてスッキリする。
    しかし、私にはそれだけとしか思えなかった。

    新書なので、サクッと現状を知りたいという人にオススメしたい。

  • 筆者の主張にはほとんど同感であり、痛快でさえあります。
    企業人、現場主義という言葉のもとに、リクルート社出身のコンサルティング会社が跋扈し、大学を喰い物にしている。題名からすると暴露本のような本に見え、各大学の就職率の報告などを揶揄しているようにも見えますが、中身はしっかりとした、大学としてどうあるべきかのヒントを与えてくれる真面目な本でした。

全54件中 1 - 10件を表示

大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動 (SB新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動 (SB新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動 (SB新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動 (SB新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動 (SB新書)の作品紹介

「キャリアセンターは素人集団?」「就職活動生の保護者にかかるプレッシャーとは何か?」「企業が求める個性って?」「アンチ大企業の学生が増えている?」など、豊富な体験を通じて明かされる現代の就活事情。学生から人事担当者まで幅広い層と触れ合う機会の多いキャリアセンターだからこそ把握している幾多の情報を今ここにぶっちゃける。

大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動 (SB新書)はこんな本です

大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動 (SB新書)のKindle版

ツイートする